2018年09月19日

ラストは無残な・・・・・


74
















75
















76











実の父親によるバイオレーションレイプ








77
















78
















79
















80
















81
















82
















83
















84
















85
















86
















87












本作品はバイオレーションレイプ表現を伴う
ドミネーション作品となっております。

是非ご覧くださいませ。



















次回の更新もお楽しみに。

















(^^)


















mutuki_takashi at 20:43|PermalinkComments(3)

容赦ない急所破壊に

49
















50











端正なひかるチャンのお顔が残酷にゆがみます。







51
















52
















53
















54
















55
















56
















57
















58
















59











容赦ない責めはなおも続き・・・








60
















61
















62
















63
















64
















65
















66
















67
















68
















69
















70










黒焦げの楓子








71
















72
















73










しかし・・・

本当の地獄はここからだったのです。














つづく























mutuki_takashi at 20:40|PermalinkComments(0)

まさか・・・あの人が!?


27











変身前の楓子の容姿は地味そのもの。

それも妖魔たち相手に戦うための武器・フェロモンを
無駄に垂れ流さないための彼女なりの用心なのです。

そんな楓子の父親はまじめだけが取り柄の厳格な神父。









28
















29
















30
















31
















32
















33











勝利を確信したその時、
彼女の前に現れたのはなんと・・・厳格一筋の父・研吾。








34
















35
















36
















37
















38










・・・大丈夫。
お父さんは私が娘だと気づいていない・・・







39











ところが・・・・・









40












素顔をあかされてしまう楓子。







41











そして始まるハードドミネーション。








42
















43
















44
















45











今回のこだわり表現は” アザ ”







46
















47
















48












さらにフェロモンの出所を封鎖すべく、
敏感な個所への執拗な攻撃は続くのです・・・!
















つづく















 


















mutuki_takashi at 20:31|PermalinkComments(0)