2010年06月

2010年06月15日

”脚本”という役割

>皆様こんばんわ。六機でございます。前回の女優選考のお話しでは予想もしていなかった反響があり、正直わたくし自身も驚いております(^^;)。作品をご覧になられるお客様にとって、わたくしども制作側以上に女優さんの起用という問題が大変重要であることを改めて認識することができる大変貴重なご意見、本当にありがとうございます。具体的な女優さんのお名前も含め、皆様のご意見には真摯に耳を傾けようと思っております。
さてさて。本日のお題は『 脚本 』というお仕事。ご存じの方も多いかと思いますがわたくし六機自身も本来は脚本というお仕事でGIGAさんに参加させていただいたのが最初であります。只今も六本の脚本が同時進行しております。すべてを今の時点でお話しするわけにはいかない部分もありますが、その中でも【プラチナム】作品が二本含まれていることは大変わたくしにとっては名誉なことであります。
ところで・・・脚本ってナニ???という素朴な質問。ハイハイ。わかりますわかります。ですよね。脚本って意外に知られていない役割であります。実はこの『脚本家』というお仕事・・・誰にでも出来るチャンスがあるのデス!え!?・・・どういうこと??・・・ハイはい。何回かに分けましてその辺のお話しをさせていただこうかと思います。これさえ見ればアナタも明日からGIGA作品の脚本家!?
・・・・・乞うご期待♪



mutuki_takashi at 22:30|PermalinkComments(3)

2010年06月09日

とりあえずはこんな感じで行こうかと。

>皆様こんばんわ。六機です。このブログに応援のメッセージをくださった方、また個人的に応援の気持ちを伝えてくださる方、分け隔てなく本当にありがとうございます。正直、こんなに大勢の方に支えていただいているのだと気づかされました。監督業の方は再指導まで今しばらく時間をいただくことになりそうですので、それまでは脚本の方の進行や、意外に皆様からご好評をいただきました撮影の裏側などについて、可能な限りお話しをしていこうと思います。
そんなこんなで、今日は「女優の選考」についてです。私だけでなく、他の監督諸氏のブログでも「●●さんを次回作に起用して!」というご希望はよく目にしますよネ。実はこの皆様のご要望、監督諸氏はよく参考にするんですね。「どうせここに書いたって!」とお嘆きの方、いやいや。そんなに捨てたもんでもないんです。書き込みが多い、ということはそれが女優さんの人気のバロメーターそのものですからね。とはいえ、なかなか一筋縄でいかないのが女優さん選び。監督を最初に悩ます問題・・・それは『演技本位で選ぶのか!?』『ボディの質で選ぶのか!?』『顔で選ぶのか!?』『知名度で選ぶのか!?』という大問題。もちろんこの4つがすべてそろえばパーフェクトなわけですが、実際には何かを選べば何かを失うのが現実。最終的には作品の「嗜好性」を重視して女優さんを選ぶ監督さんが多いようではありますネ。撮影日、内容、NG事項etcetc。皆様の希望の女優さんを起用出来れば良いのですが、10人のお客様がいれば10人の希望女優が出てくるのが真実。皆様も温かな気持ちで女優さん選びを見守っていただければ幸いです(@^^@)。

mutuki_takashi at 18:42|PermalinkComments(8)