2012年01月

2012年01月30日

『 ヒロイン洗脳 』・・・・・撮影無事終了~!

_MG_0019

皆様こんにちわ。
六機崇でありマス(^^)。

先日、
『 ヒロイン洗脳 ~ レディーパトリオット&テンペスト ~ 』
の撮影が無事に終了しましたことを皆様にご報告いたします(^^)。

で、
本作品の主人公・槙乃満月(まきのみつき)役を演じていただいた松島ありささんであります。
今回は女教師の役。しっとりと落ちついた感じが役に合っておりますネ。

本日よりしばしの間、この作品の撮影の状況を中心に更新をしていこうと思います。

皆様お楽しみに~(@^^@)/////





mutuki_takashi at 14:25|PermalinkComments(2)

2012年01月25日

黒ギャルの末路・・・閑話休題

626367

そして今度はBPが餌食になる番へ。
開脚緊縛され、三上に極太ディルドーでなじられまくるWPは連続アクメでぐったり。
ホットパンツを脱がされるとその中はハイレグなのでした。

687071

アクメをし続け、さらに犯されるBP。
引き裂かれたホッパンを突きぬくようにトリックスターの極太ペニスがBPのアソコを
グシュグシュにしていきます。

737478

犯されるアクメ顔をWPにさらし、ついに涎まで流してしまうBP。

8082

「 マスクを外し合うのだ 」
三上の命令にもはや思考能力すら無くした二人がマスクを外してゆきます。
「 さあ・・・あのカメラに向かって宣言するがいい。誰が悪で、誰が正義なのかをなあ・・・? 」
三上に言われ、カメラ目線で国民へのメッセージを口ずさむ二人。

838487


最後にカメラの前で口づけを交わす二人ははたしてナニを話したのか・・・
それは本編でご確認くださいネ(^^)。

さてさて。
これで黒ギャルの紹介は終了となります。
ネット先行販売は少し後になりそうであります。

【 ひろひろいん 】さん
ヒロインの名前はですね。実はネットで探したりしています。
でもやはり好みというものがあって偏りますね。
脚本をしていて面白いのは監督によってけっこうヒロインの名前の
好みが分かれるところですね。
非常に分かりやすい”ベタ”な名前を好み方もいれば、逆にヒロインっぽい凝った名前でないと
ダメという方もいたりして面白いものデス。

【 kyo 】さん・【 J 】さん
前回デザインを発表した『 新ヒロイン拷問 』に関するお問い合わせですが、確かに以前あった
もののリニューアルとはいえ、シリーズコンセプトはまだ皆様ご存じないかもしれませんね。
プロデューサーのジョニー氏より指示があったのは

”SMチックな要素を入れること”

です。
皆様ご承知のように、ヒロインを責めることとSMとは、似たような印象を受けますが実はまったく
相容れないものです。
SMは突き詰めるところ”娯楽”なのですナ~。
たとえば縄で縛るとか、ロウソクを垂らすとかはプレイであってヒロインを完膚なきまで堕とす手段と
してはいささか弱いと言わざるをえません。

そこで六機は考えまして。
今回、ジョニー氏より承ったこの作品、ツボを二つ設定しました。

①何故あえてSMという娯楽的な責めを施すのかの明確な理由
②”拷問”という表現を裏切らないような【 命の危険を脅かす責め 】の導入

この二つにこだわって造ってみようと思います(^^)。
ちなみに最近ご無沙汰だった鼻責め、今回はありマスよ(^-^)。

というわけでして、
『 ヒロイン洗脳 ~ レディーパトリオット&テンペスト ~ 』
の撮影がいよいよまじかに迫ってきました~!
お楽しみに~(@^^@)/////












mutuki_takashi at 13:52|PermalinkComments(3)

2012年01月22日

最新情報・・・次回はコレ!

零1

来月撮影予定の新作

『 新ヒロイン拷問 ~ 零ZERO ~ 』

より、チーフデザイナーの手塚件氏より届いた出来立てほやほやのデザインがコレです(^^)。
いいでしょ~!
あたしはひっじょうに気にいっておりマス(^^)。
筋骨隆々のマッスルに見える造詣も狙いでありまして、今回はそういったキャラにしようかと思います。
そして主演の希咲あやさんがこちら。

さあ~・・・面白くなりそうだ!!!

(@^^@)/////


mutuki_takashi at 16:30|PermalinkComments(5)

2012年01月21日

黒ギャルたちの運命やいかに・・・!?

424345

「 倶楽部”クロマメ”から来ました~♪ マオで~す♪♪♪ 」
黒王会へ派遣ギャルに化けて潜入することに成功した二人。
長官の指示通り、まずはボスである三上に取り入ることに。

474849

あの手この手を使って三上を喜ばすギャルたち。
ついには三上を手コキ昇天され、まずまずの成果を出したホットパンサーズの面々
なのでありました。

5153

・・・そしてその夜。
秘密潜入捜査官【 ホットパンサーズ 】に変身し、狙いである向精神薬を探し始める二人。
ところが・・・!
天井から降って来た罠にはまってしまう二人!
そう。スパイを通じて二人の行動は三上に筒抜けなのでした。

545658

囚われたブラックパンサーの喉元には自身の武器であるサーベルが。
ホワイトパンサーはBPを人質にとられ、従う以外にありません。
二人の前に現れたのは稀代のイカセ師・トリックスター。
そのたぐいまれなる指先がWPの陰部を責め始めます。

6061

何度も何度もイキまくるWP。
「 こッ・・・これ以上はやめてッ!!!・・・それ以上やったら・・・それ以上やったらホワイトが壊れちゃうッ! 」
BPの叫びもむなしく、アクメ顔を晒してイキまくってしまうWPなのでありました。
そして今度はBPが餌食になる番に・・・・・!


こんにちわ。六機です。
ファラオさんから書き込みがございました落語の件ですが、
実は前々から落語というものを勉強したいなあ~とは思っているのですが、なかなかヒマがなくて
やれていません(苦笑)。
お話をつくるお仕事をする以上、やはり人情話の原点である落語は欠かせないかなと。ハイ(^^)。

さてさて、
次回はいよいよ黒ギャルの最終回になる予定!

皆様お楽しみに~!
(@^^@)/////









mutuki_takashi at 14:53|PermalinkComments(0)

2012年01月17日

ホットパンサーズ・・・結成!

20252628

長官から二人に支給されたのはズバリ・・・

羞恥心克服ホッパン。

女性捜査官は最終的には恥じらいによって屈服する場合が多い。そのために羞恥心を克服するための
最新兵器なのだ!!!
・・・とか何とか。
フェティッシュな極小ホットパンツを着てスクワットをさせられ、目いっぱいアソコにホッパンを喰い込ませ
つつ頑張る二人なのでありました。

303233

息つくヒマもなく今度は巨大ディルドーアクメ顔DEEPフェラ。
互いに負けたくない二人はしのぎを削りつつ自分の方が優れていることをアピールするのでした。

3536

最終項目は電マ対決。
自分の方が優れているのだと、改造電マの刺激に耐えつつ、必死にアピールを続ける二人。

4037


そして訓練の最終日。
めでたく黒ギャル捜査官に任命された藤堂マオ。
コードネームは『 ブラックパンサー 』。

3938


そして朝霧ルミ。
同じくコードネームは『 ホワイトパンサー 』。

41

「 ホットパンサーズ・・・出動! 」
「 ラジャー♪ 」

こうして黒ギャル捜査官として黒王会へと侵入を試みる我らがホットパンサーズなのでありました。
(^^)

え~とですね。
先日のユーザー様の書き込みの中に、大切かなと思われる事項がありましたので、あたしなりの
コメントをしたいと思います。

【 ぼん 】さんの書き込みの中にあった、『  黒ギャルヒロイン強制イカセ洗脳  』に関する考察の中で、
いくつかの点に触れておられた点につきまして、
今回の作品は妄想計画からの採用であり、物語の流れや登場人物の性格、敵の位置づけ等は、
原作者である黒ギャルスキーさんとそこに書き込みをされている複数のユーザー様のやりとりを参考に
構成をしております。
ご指摘の通り、ヒロインと黒ギャルという一見して相反する存在をひとくくりにするという難しさに関しては、
あたし六機は

『 ホットパンツを穿くような黒ギャルがもしもヒロインをしたらどうなるのか? 』

という点に作品の魅力を位置づけ、様々なホットパンツを登場されることや、ギャル一流の性格などを
面白可笑しく描ければと言う点に最大の重きを描きました。

そういう点では、
確かにタイトルに『 洗脳 』という文言がありますが、実際には洗脳は最終最後にほんの少し描かれるだけで
本質的な洗脳については触れていません。それは、そこまで触れることによって他のギャル的要素を描く
時間がなくなってしまうことの物理的な制約からでありますが、あたし自身はタイトルの文言よりも、原作者様
とその応援者の皆様の妄想を映像化することの方が大切と考え、作成をしたつもりであります(^^)。

以前、あたし六機が知り合いの医師とやりとりをしたエピソードの中の洗脳に関しては、いよいよ撮影が
迫りつつある
『 ヒロイン洗脳 ~ レディーパトリオット&テンペスト ~ 』
の中で詳細に描こうと思っておりますので、その点はご了承くださいませ(^^)。

あたし自身は妄想計画はそういう存在であってよいと思うのです(^^)。
少なくとも、これから妄想計画が割り当てられれば、原作者の方の願望に可能な限り忠実に描くことを
優先したいと思う六機でありました。

少し長くなりましたね(^^;)。

続きをお楽しみに~
(@^^@)/////








mutuki_takashi at 00:52|PermalinkComments(1)