いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

東京から北海道へ…失くした手紙は海を越え奇跡を起こす。そして二人は出会った。人生は厳しいけど、恋をしてる時は忘れられる。リアルラブストーリーの始まりです。

フジテレビ (月) 21:00 ~
杉原音: 有村架純  曽田練: 高良健吾  日向木穂子: 高畑充希  井吹朝陽: 西島隆弘  市村小夏: 森川葵  中條晴太: 坂口健太郎  神部正平: 浦井健治  井吹和馬: 福士誠治  加持登: 森岡龍  船川玲美: 永野芽郁  丸山朋子: 桜井ユキ  源大輔: 我善導  西野美織: 林田岬優  白井篤史: 安田顕  林田知恵: 大谷直子  曽田健二: 田中泯  林田雅彦: 柄本明
【脚本】 坂元裕二 
【プロデュース】 村瀬健 
【演出】 並木道子 
【音楽】 得田真裕 
【主題歌】 手嶌葵「明日への手紙」(ビクターエンタテインメント)
【ブログ村 ドラマ動画】

【動画視聴】 【動画視聴】 【blogranking】 【とれまが】 【動画を探す】 【ダウンロード】


上記バナーよりログインしてから再生してください。
第1話
幼いころに女手ひとつで育ててくれた母を亡くした杉原音(有村架純)は、育ての親である林田雅彦(柄本明)・知恵(大谷直子)夫妻のもと、北海道のさびれた町で暮らしていた。雅彦は音を家政婦扱いし、寝たきりになった知恵は音の介護がなければ暮らせない状態だった。音は、「あきらめること」を教え込まれてきたため、そんな状況をただただ受け入れて生きていた。  曽田練(高良健吾)は東京の運送会社で引っ越しの仕事に就いていた。福島で、農業に従事する祖父・健二(田中泯)に育てられた練は、人を疑うことを知らない。健二がだまし取られた畑を買い戻すために上京した練は、運送会社の先輩たちからひどくこき使われ、毎日へとへとになるまで働いていた。給料は安く、貯金などできないまま、古ぼけたアパートで苦しい生活を送っている。そんな練には日向木穂子(高畑充希)という恋人がいた。
【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】

第2話 東京編スタート・直面する都会の現実、募る想い。もう一度会いたい…
音(有村架純)が東京に来てから1年が過ぎた。雪が谷大塚駅から徒歩20分の古いアパートを借りた音は、介護施設『春寿の杜』で働き始める。出勤前と帰宅途中、音は駅前に立って練(高良健吾)を探していたが、あの日以来、一度も会えずにいた。  練は、出勤前にひとり暮らしの静恵(八千草薫)の家に立ち寄るのが日課だった。静恵の家は練や晴太(坂口健太郎)らのたまり場になっており、練は庭の手入れなどを手伝っていた。そこで練は、デザイナーになる夢をかなえるために上京してきた幼なじみの小夏(森川葵)を晴太に紹介する。  引っ越し作業中、練たちは、荷物の中にあったビンテージのスピーカーを壊してしまう。先輩の佐引(高橋一生)がいい加減な扱いをしたせいだった。だが、柿谷運送社長の嘉美(松田美由紀)は、スピーカーを設置した練にその弁償を命じる。
【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】

第3話 「思いがけないキス…今までで一番幸せな日」
【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】

第4話 「あなたを好きになりました」
練(高良健吾)は、退院することになった木穂子(高畑充希)に会うために病院を訪れる。木穂子は、迎えに来る母親と一緒に、しばらくの間帰省することになっていた。木穂子は、不倫相手とはもう会わないと練に約束する。練は、そんな木穂子を温かく受け入れる。  音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)が心配するほど働き詰めだった。ある日、仕事帰りの音はバスの中で練と会った。しかし、彼の態度は何故かそっけなかった。
【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】

第5話 「第一部完結!運命の日」
音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)に誘われて屋上へ行く。朝陽が用意した望遠鏡で一緒に星を見るふたり。そこで朝陽は、僕のことを好きになれば両想いをあげられる、と彼女に気持ちを伝える。  小夏(森川葵)が練(高良健吾)に思いを寄せていることを知る晴太(坂口健太郎)は、その恋をかなえてあげる、と言い出す。晴太は、練が地元に帰りたくなるようにすればいい、と小夏に助言した。
【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】

第6話 第二章「衝撃の再会…変わってしまった好きな人…!」
27歳になった音(有村架純)は、介護福祉士の資格を取り、いまも『春寿の杜』で働いている。元同僚の朋子(桜井ユキ)、今月で契約が切れる美織(林田岬優)と食事に出かけた帰り、静恵(八千草薫)の家に立ち寄った音は、そこで木穂子(高畑充希)と再会する。木穂子は、3年前に会社を辞めていまはデザイン系の事務所で働いているのだという。木穂子は、音が練(高良健吾)ではなく、朝陽(西島隆弘)と付き合っていることを知って驚く。
【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】

第7話 「明かされる真実…彼に何が起きたのか?」
音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)からプロポーズされる。しかし音は、朝陽が差し出した指輪を受け取ることができない。朝陽は、そんな音に、返事はいますぐでなくてもいい、と告げる。音は、帰ろうとしていた朝陽に、練(高良健吾)と会ったことを切り出す。朝陽は、練には助けてもらったことがあるから力になってあげたい、という音の思いを受け入れるが…。
【動画】 【動画】 【動画】

第8話 【今夜、三角関係が始まる】
音(有村架純)のアパートに木穂子(高畑充希)がやってくる。木穂子は、いま恋人からプロポーズされるのを待っているのだという。以前、一度プロポーズされたが忙しくてスルーしてしまったらしい。木穂子は、プロポーズされたら何も考えないでOKしなければいけない、と音にアドバイスする。  練(高良健吾)は、小夏(森川葵)を連れて静恵(八千草薫)の家に身を寄せ、再び柿谷運送で働き始める。
【動画】 【動画】 【動画】

第9話 【決意のとき、別れの夜】
「杉原さん、好きです」。音(有村架純)のアパートを訪れた練(高良健吾)は、彼女への思いを伝えた。が、練の気持ちに応えて音が話そうとしたとき、そこに朝陽(西島隆弘)が現れる。練は外で朝陽と話がしたい、と提案するのだった。  別の日、仕事を終えた練が家に戻ると、小夏(森川葵)が会津の母親と電話で話をしていた。電話を代わった練は、亡き祖父が残した種を使って育てた大根が収穫の時期を迎えたから手伝いにこないか、と誘われる。するとそこに、木穂子(高畑充希)がやってきた。木穂子が練に語り始めた言葉とは。
【動画】 【動画】 【動画】

第10話 最終話【永遠の約束】
音(有村架純)と練(高良健吾)は互いのことを好きであるという気持ちをあらためて確認した一方で朝陽(西島隆弘)はあらためて音に2人で幸せになろうと訴える。木穂子(高畑充希)はそんな音と練の2人が自分の気持ちに正直に生きてくれるよう2人それぞれに会って懇願していた。  そんな中、音は自分の心を決め、練に会って話をすることを決意、2人は会う約束をする。
【動画】 【動画】 【動画】 【hulu】 【TSUTAYA TV】 【Blogranking】
【UNEXT】 【dTV】 【映画ランキング】
【動画】 【動画】 【動画検索】 【トレマガ】 【ダウンロード】 【動画】 【ブログランキング】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ toremaga_88_31_1_blu にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ blogram投票ボタン