大河ドラマおんな城主 直虎

【出演】柴咲コウ,杉本哲太,財前直見,新井美羽,藤本哉汰,小林颯,吹越満,宇梶剛士,苅谷俊介,でんでん,筧利夫,市原隼人,小松和重,梅沢昌代,芹澤興人,蔵本康文,春風亭昇太,前田吟,小林薫
【作】森下佳子
【音楽】菅野よう子
【ブログ村 ドラマ動画】

【動画】 【動画】 【blogranking】 【とれまが】 【動画を探す】 【ダウンロード】


上記バナーよりログインしてから再生してください。
第1回「井伊谷の少女」
のちに井伊直虎(柴咲コウ)と名乗って戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわ(新井美羽)は、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)と母・千賀(財前直見)のもと幸せな日々を過ごしていた。ある日、おとわに亀之丞(藤本哉汰)との縁談話が舞い込む。当主の座を継ぐつもりだったおとわは最初戸惑うが、やがて当主の妻として井伊家を支えていこうと心に決める。そんな折、亀之丞の父・直満(宇梶剛士)に謀反の疑いがかけられる。
【動画】 【動画】 【動画】 【動画】 【動画】
第2回「崖っぷちの姫」
命を狙われる亀之丞(藤本哉汰)を逃がすため、おとわ(新井美羽)はある秘策を思いつく。小野政直(吹越満)は、鶴丸(小林颯)とおとわを夫婦にしようと画策するが…
【動画】 【動画】 【動画】
第3回「おとわ危機一髪」
出家をしようとしたおとわ(新井美羽)の捨て身の策は今川義元(春風亭昇太)の怒りを買う。義元は忠義の証として、おとわを人質に差し出すよう直盛(杉本哲太)に命じる。
【動画】 【動画】 【動画】
第4回「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」
本領安堵の条件としておとわ(新井美羽)は正式に出家することになり、「次郎法師」という名を与えられる。「次郎」とは井伊家の家督を継ぐ男子の名であった。
【動画】 【動画】 【動画】
第5回「亀之丞帰る」
成長した次郎法師(柴咲コウ)は僧としての修行を積みながら、行方知れずの亀之丞(三浦春馬)の帰りを待つ日々を過ごしていた。
【動画】 【動画】 【動画】
第6回「亀之丞帰る」
井伊谷への帰還を果たした亀之丞は、元服して井伊直親(三浦春馬)と名を改める。直親は次郎法師(柴咲コウ)を還俗させて、自分の妻に迎えたいと願い出るが…。
【動画】 【動画】 【動画】
第7回「検地がやってきた」
井伊家存続のため直親(三浦春馬)とのつらい別れを選んだ次郎法師(柴咲コウ)。政次(高橋一生)は今川館に出向き、直親の帰参と家督相続を認めてもらおうとするが…。
【動画】 【動画】 【動画】
第8回「赤ちゃんはまだか」
しの(貫地谷しほり)はいまだ懐妊の兆しがないことを気に病んでいた。その様子を見かねた次郎法師(柴咲コウ)は、政次(高橋一生)にある相談を持ちかける。
【動画】 【動画】 【動画】
第9回「桶狭間に死す」
今川義元(春風亭昇太)に従い、尾張の織田攻めへと向かった直盛(杉本哲太)。父の無事を祈る次郎法師(柴咲コウ)の元に思わぬ悲報がとびこむ。桶狭間で今川軍が大敗し、直盛も討ち取られたというのだ。負傷兵たちの手当てに次郎法師が奮闘する中、供をしていた奥山孫一郎(平山祐介)から直盛の最期の様子が語られる。一方、松平元康(阿部サダヲ)は空になった古巣の岡崎城に入城し、ついに今川家からの独立を果たす。
【動画】 【動画】 【動画】
第10回「走れ竜宮小僧」
奥山朝利(でんでん)をもみ合いのすえ刺殺してしまった政次(高橋一生)が次郎法師(柴咲コウ)のもとを訪れる。次郎法師は手負いの政次を寺でかくまうことにするが…
【動画】 【動画】 【動画】
第11回「さらば愛(いと)しき人よ」
直親(三浦春馬)は桶狭間以降、衰退の一途をたどる今川家と手を切り、松平元康(阿部サダヲ)と手を組むことを決意する。ついに元康との密会を果たす直親だったが…
【動画】 【動画】 【動画】
第12回「おんな城主直虎」
今川からの呼び出しに応じ、駿府へ向かった直親(三浦春馬)たち一行は、次郎法師(柴咲コウ)の必死の祈りもむなしく、道中の掛川城下で今川勢に取り囲まれる。
【動画】 【動画】 【動画】
第13回「城主はつらいよ」
井伊家の領主として名乗りを上げた井伊直虎(柴咲コウ)。幼い虎松(寺田心)が元服するまでの間、後見として国を治めることを宣言するが、家臣たちは反発する。
【動画】 【動画】 【動画】
第14回「徳政令の行方」
直虎(柴咲コウ)が徳政令の約束を破ったことに腹を立てた甚兵衛(山本學)ら百姓たちは、蜂前神社の禰宜(ダンカン)を通して、今川に徳政令の発布を直訴する。
【動画】 【動画】 【動画】
第15回「おんな城主対おんな大名」
直虎(柴咲コウ)が今川の下知に背いて徳政令をはねのけたことに怒った寿桂尼(浅丘ルリ子)は、政次(高橋一生)を呼びつけ、直虎に駿府へ申し開きにくるよう命じる。
【動画】 【動画】 【動画】
第16回「綿毛の案」
直虎(柴咲コウ)は瀬戸方久(ムロツヨシ)のすすめで木綿の栽培にとりかかる。その担い手を探していたある日、水浴びをする若い男(柳楽優弥)と運命的な出会いを果たす。
【動画】 【動画】 【動画】
第17回「消された種子島」
中野直之(矢本悠馬)は「種子島」を取り寄せ、直虎(柴咲コウ)の前で実演してみせる。その威力に驚いた直虎はこの「種子島」を鍛冶の村・井平で生産しようと考える。
【動画】 【動画】 【動画】
第18回「あるいは裏切りという名の鶴」
直虎(柴咲コウ)が秘(ひそ)かに作らせていた「種子島」を奪った政次(高橋一生)は、今川への謀反の疑いを直虎にかけ、虎松(寺田心)の後見を降りるようせまる。
【動画】 【動画】 【動画】
第19回「罪と罰」
近隣の領主である近藤康用(橋本じゅん)が直虎(柴咲コウ)のもとを訪れ、領内の山の木々を井伊の者に盗まれたと訴え出る。直虎は疑いを晴らすため現場に向かうが…
【動画】 【動画】 【動画】
第20回「第三の女」
亡き直親(三浦春馬)の娘と名乗って井伊谷にやってきた少女・高瀬(高橋ひかる)。元許婚の隠し子発覚にショックを隠し切れない直虎(柴咲コウ)だが…。
【動画】 【動画】 【動画】
第21回「ぬしの名は」
井伊領内で生産した綿布の商い先として、浜名湖岸の町・気賀(きが)を選んだ直虎(柴咲コウ)。銭入れを盗んだ犯人を追いかけるが、逆に捕らわれの身となってしまう。
【動画】 【動画】 【動画】
第22回「虎と龍」
直虎(柴咲コウ)は材木の商いを始めるため、龍雲丸(柳楽優弥)率いる一団を井伊谷に受け入れるが、領民との間でトラブルが絶えなくなってしまう。
【動画】 【動画】 【動画】
第23回「盗賊は二度仏を盗む」
龍雲丸(柳楽優弥)たちとのうたげの翌朝、直虎(柴咲コウ)のもとに政次(高橋一生)と近藤康用(橋本じゅん)がやって来る。近藤の菩提寺から本尊が盗まれたというのだ。
【動画】 【動画】 【動画】
第24回「さよならだけが人生か?」
今川氏真(尾上松也)は新野家の三女・桜(真凛)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよと直虎(柴咲コウ)に命じる。
【動画】 【動画】 【動画】
第25回「材木を抱いて飛べ」
井伊の材木をまとめて買い取りたいという商人が見つかり、張り切る直虎(柴咲コウ)。一方、龍雲丸(柳楽優弥)たち一味は気賀に戻り「龍雲党」を旗揚げする。
【動画】 【動画】 【動画】
第26回「誰がために城はある」
龍雲丸(柳楽優弥)が井伊の材木を取り返したことで、直虎(柴咲コウ)の謀反の疑いは晴れるが、氏真(尾上松也)はその材木で気賀に城を築き、支配力を強めようとする。
【動画】 【動画】 【動画】
第27回「気賀を我が手に」
中村屋(本田博太郎)と気賀の町衆たちは井伊谷を訪れ、気賀の城には大沢氏ではなく、直虎(柴咲コウ)に入って治めて欲しいと願い出る。
【動画】 【動画】 【動画】
第28回「死の帳面」
気賀の城を預かることを認められた直虎(柴咲コウ)は、方久(ムロツヨシ)に城代を任せる。その頃、寿桂尼(浅丘ルリ子)は武田信玄(松平健)のもとを訪れていた。
【動画】 【動画】 【動画】
第29回「女たちの挽歌」
直虎(柴咲コウ)は徳川家康(阿部サダヲ)に書状を送り、上杉と同盟を組んで武田の今川攻めの動きを封じ込む策を進言する。
【動画】 【動画】 【動画】
第30回「潰されざる者」
武田との戦が避けられない情勢となり、今川氏真(尾上松也)は国衆たちに戦の準備を命じる。直虎(柴咲コウ)も徳川との内通をひた隠しにしながら戦支度を始めるが…。
【動画】 【動画】 【動画】
第31回「虎松の首」
直虎(柴咲コウ)は今川氏真(尾上松也)の命に従い、徳政令を受け入れることを決める。これは井伊家が取り潰しになることを意味していた。
【動画】 【動画】 【動画】
第32回「復活の火」
今川家の信頼を得ることに成功した政次(高橋一生)と裏で手を結ぶ直虎(柴咲コウ)。二人は家康(阿部サダヲ)の遠江侵攻に協力する代わりに井伊家復活を願い出る。
【動画】 【動画】 【動画】
第33回「嫌われ政次の一生」
徳川と内通していた直虎(柴咲コウ)と政次(高橋一生)は、約束通り徳川勢の井伊谷への進軍を受け入れようとするが、その軍勢に向かって突然矢が放たれる。
【動画】 【動画】 【動画】
第34回「隠し港の龍雲丸」
政次(高橋一生)を失い放心状態の直虎(柴咲コウ)。一方、徳川家康(阿部サダヲ)の軍勢は遠江を攻め進み、今川氏真(尾上松也)のこもる掛川城へと迫りつつあった。
【動画】 【動画】 【動画】
第35回「蘇(よみが)えりし者たち」
酒井忠次(みのすけ)は約束を破り、気賀の民を惨殺してしまう。報せを受けた直虎(柴咲コウ)は気賀に駆けつけるが、そこにはひん死の状態の龍雲丸(柳楽優弥)の姿が…
【動画】 【動画】 【動画】
第36回「井伊家最後の日」
直虎(柴咲コウ)は井伊家の再興に向けて動き出すべきか悩んでいた。松下常慶(和田正人)は直虎のもとを訪れ、虎松(寺田心)を松下家の養子として迎えたいと願い出る。
【動画】 【動画】 【動画】
第37回「武田が来たりて火を放つ」
還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎(柴咲コウ)は、龍雲丸(柳楽優弥)とともに新しい生活を送っていた。そんな折、堺に移った中村屋から龍雲丸に便りが届く。
【動画】 【動画】 【動画】
第38回「井伊を共に去りぬ」
直虎(柴咲コウ)は兵力となる百姓たちを皆逃がし無力化することで、近藤(橋本じゅん)に武田への帰順を迫る。しかし近藤は城に火を放ってこれに抵抗する。
【動画】 【動画】 【動画】 【hulu】 【TSUTAYATV】 【FOD】 【Blogranking】
【動画】 【動画】 【ビデオパス】 【映画ランキング】 【UNEXT】 【dTV】 【トレマガ】 【ダウンロード】 【ブログランキング】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ toremaga_88_31_1_blu にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ blogram投票ボタン