Wesley's Theory" 
Every Nigger is a Star"をサンプリング
サウンドが明らかに前作の曲とは別物だということを感じさせ今後の展開に早速期待。

For Free? (Interlude)"  
ソウルフルな語りと調理場みたいに忙しそうなケンドリックで早々と2分間弱が過ぎる

King Kunta
トラックはウエッサイ満載
ぶっといベース音が聴きどころ
あと "リリックにSmooth Criminalが引用されているのはマイケルファンにとって嬉しいサプライズ

"Institutionalized" (featuring Bilal, Anna Wise & Snoop Dogg)
前作でも起用し、本作でもあらゆる所に顔を出す、Anna Wise と初コラボのSnoop Dogg)をフューチャリング 
ゆったりしたサウンドでこの辺りは前作にも見られてた所
前作の良さを引継ぎながら挑戦もしていて前作を凌ぐ傑作の予感

"These Walls" (featuring Bilal, Anna Wise & Thundercat)
ここでもAnna Wiseを起用していて、
ここまでの流れの中では一番聴きやすく今後シングルヒットも望めますね 

u
冒頭の叫びが強烈な印象
ラップも明らかにここまでと打って変わり激昂!と思いきや、途中で酔っ払いみたいな気だるいラップに様変わり
サウンドの転調もごく自然で凄みを覚えました

Alright
前作でも登場したファレルが製作に参加。
ジャズ全開のトラックがクールです。
アルバムを通して聴くと特別な曲ではないけれど、かといって決して捨て曲にはならない
一定のクオリティーをキープしていて何度か聴くたびに良さを感じられるスルメ曲的な印象

For Sale? 
ピコピコとかわいい電子音が耳心地良く、音の配置のセンスもグッドで聴いていて綺麗な世界観を想像させます。
それにしても各トラックの完成度が段違いに素晴らしいなぁ

Momma
ちゃかちゃかとしたリズムとリザーブがかったボーカルが気持ちよく、スムースなサウンドでこちらも聴きやすいです♫

"Hood Politics"  
怪しい雰囲気を醸し出すpad音と高音がかったラップが絶妙で、小刻みなリズムがとても良いですね。

"How Much a Dollar Cost" (featuring James Fauntleroy & Ronald Isley)
この曲も含め今作には前作以上により濃いブラックミュージックを取り入れていますね
ジャズをベースにソウルからブルースそれもファンクまで幅広く
リリックを理解できなくてもトラックを聴いているだけで、ブラックルーツを意識したある種のアルバムのコンセプトが理解できますね

"Complexion (A Zulu Love)" (featuring Rapsody)
グルーヴ感のあるヴォーカルやスクラッチ音などクラシカルな一曲です
ただ少し物足りない感じもしなくもないかな?もう一つ工夫があればなお良かった

"The Blacker the Berry" (featuring Assassin)
2hdシングル
内容からヒット性は薄いものの、ここまで聴き進めてきた中では明らかに激しい曲の部類ですね
黒人差別に言及し、強力なフックもあり、この曲こそアルバムの肝と言えるのではないでしょうか?
 フューチャリングされてるAssassinというアーティストはkanye yezasでの曲(I'm in it)でも起用されていましたね

"You Ain't Gotta Lie (Momma Said)"  
ここまでトレンドや聴きやすさに走らず一貫としてアルバムとしての方向性がブレないのは評価どころ
この辺りが同世代のラッパーDrakeやBig Seanなんかと比べてワンランク上なんだと思います。
個人的にはDrakeも大好きですが…

i
この曲のイントロが聴こえた瞬間今だかつてない高揚感に襲われました!
昨年9月にリリースの1stシングルバージョンとは若干違いがあり、私的にはアルバムバージョンのが、派手で好みですね!
大ネタ That Lady "をサンプリングしていて、使用許可をもらう為に本人に直接お願いしにいったようですね。
この曲がなかったら正直アルバムに退屈な印象が少なからず残ったかもしれないので、自分にとってはこの曲がアルバムのベストトラックです!


"Mortal Man"  
爆発的なiで締まり良くアルバムをまとめ上げると思いきや、最後の最後に12分の長編曲を持ってくる辺りケンドリックの本気を感じます。
バックトラックが消え曲中盤からはいるケンドリックと2pacの擬似インタビューは、ウッエサイの世代交代のバトンタッチのように受け取りました!

コンプトンを舞台にしたストーリーテラー的な前作どうよう本作も英語が聞き取れたらより深い所で楽しめるのになぁと思いいつレビュー終了です!


ただいまチャートでヒット中のGDFRに次ぐNew EPからの新曲Once In a Lifetimeは、一昨年日本でも人気だったホイッスル系統の聴きやすく明るい曲です♫
これからヒットしそうなので注目しておきます。

重々しくSkylar Greyらしい絶望的な雰囲気ですが、とてもメロディラインが美しく思わず何度もリピートして聴いてしまいました。
この曲が収録されているサントラアルバムも今全米で大ヒットしているので、
いつか時間がある時にゆっくり聴いてみたいと思います!
映画には全く興味ないけど笑]

↑このページのトップヘ