こんにちは!
ミックスボイス養成スクール講師のU-ma(ユーマ)です(^^)

今日のテーマは「音程を取る重要性」についてです!

今までにお伝えしている地声と裏声を先ずは混ぜないで純粋に発声することの大切さは既にご理解頂けたと思います(^^)

その1つ先の工程が、この「音程をキチンと取る」ことです。

音程をキチンと取ることは大きく分けて2つの利点があります。
1つ目は勿論、「音感が身につく」ことです(^^)しっかりと音をイメージしてイメージ通りの音程を取っていくことで音感が付いていきます!

それと同じくらい大切なことが2つ目の利点。
2つ目は、「地声、裏声にしっかりと負荷をかけていく」ことです。
今までお伝えした純粋な地声あるいは裏声でキッチリとアタックから音程を取ると声帯はイメージされた音に合わせた調整を瞬時に行います。この瞬間的な筋肉収縮を常に内声筋に行わせることが大切です。
音程をキチンと取らなければ瞬間的な筋肉収縮が弱く負荷が分散します(筋トレにおけるフォームが悪い状態に似ています)

なので、音程をキチンと取ることは音感を付ける以外にも利点があるということです(^^)

今回も詳しい解説動画を貼り付けておきますので是非ご覧ください(^^)!




mixvoiceschoolウェブサイト↓

こんにちは!
いつもblog、動画をご覧くださりありがとうございます!

今回のテーマは「声を出す練習と出さない練習の違い」についてです(^^)

リップロールやタントリル、ハミングなどと、実声を使ってのトレーニングの狙いの違いについて簡単に書かせていただきます。

先ず声を出さない(実声成分がかなり少ない)トレーニングの狙いは大抵の場合、ウォームアップや声を張り上げることを抑止しながらの技術練習です。
リップロールにしてもタントリルにしても声を張り上げることは出来ませんので、その特徴を利用して声区を繋げたり、音の高低を滑らかに発声するようなテクニカルな訓練を行えます。

ウォームアップも声を張り上げられないことを利用して、スポーツで言うところのジョギングのように大きな声を出す前に準備運動として使えます。

逆に実声を使ってのトレーニングの中で大きな狙いは声帯を動かす筋肉への負荷トレーニングです。
動画でもお伝えしていますが筋肉へ適正に負荷をかけるには、その筋力の持つ60%以上の負荷が目安となります。
ですのでリップロールやタントリルでは弱すぎるんですね(^^)

ですが過去の動画でもお伝えしていますが輪状甲状筋であれヒレツ筋であれ、綺麗なファルセットやチェストの発声というものが負荷をかけるには必須になるので声区を混ぜたような声では絶対にダメです。(負荷が分散します)

では、今回も詳しい説明の動画を貼らせていただきます。
ぜひ最後までご覧ください(^^)!



ボーカルスクールMVS

↑このページのトップヘ