皆さん、こんにちは!
いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。
この度、ボーカルスクールMVS公式ブログ『歌声研究所』を開設させていただくことになりました!

新たなブログは情報のボリュームが、かなり上がっております。
理想の歌声を目指すシンガーの皆様にとって有益な情報のみを記事にしていきますので、是非ご一読ください!
これからも、よろしくお願いいたします。

☆新ボーカルスクールMVS公式ブログはこちら↓



こんにちは!
ミックスボイス養成スクール講師のU-ma(ユーマ)です(^^)

今日のテーマは「音程を取る重要性」についてです!

今までにお伝えしている地声と裏声を先ずは混ぜないで純粋に発声することの大切さは既にご理解頂けたと思います(^^)

その1つ先の工程が、この「音程をキチンと取る」ことです。

音程をキチンと取ることは大きく分けて2つの利点があります。
1つ目は勿論、「音感が身につく」ことです(^^)しっかりと音をイメージしてイメージ通りの音程を取っていくことで音感が付いていきます!

それと同じくらい大切なことが2つ目の利点。
2つ目は、「地声、裏声にしっかりと負荷をかけていく」ことです。
今までお伝えした純粋な地声あるいは裏声でキッチリとアタックから音程を取ると声帯はイメージされた音に合わせた調整を瞬時に行います。この瞬間的な筋肉収縮を常に内声筋に行わせることが大切です。
音程をキチンと取らなければ瞬間的な筋肉収縮が弱く負荷が分散します(筋トレにおけるフォームが悪い状態に似ています)

なので、音程をキチンと取ることは音感を付ける以外にも利点があるということです(^^)

今回も詳しい解説動画を貼り付けておきますので是非ご覧ください(^^)!




mixvoiceschoolウェブサイト↓

↑このページのトップヘ