IMG_3524


10月28日(日)10時より霧島市立医師会医療センターにて勉強会を開催しました。
霧島市立医師会医療センター 感染管理認定看護師の淵脇さんに講師をしていただきました。

今回のテーマは『感染症について!』


最初に大切な感染対策の基本とは?
 ・患者を守る!
 ・自分を守る!


感染症とは?言葉で記すと…
 ウィルスや細菌などの病原体が体内に侵入して定着し、増殖して生体内に
 なんらかの反応引き起こした場合(発熱や下痢、咳などの症状)を言う。


感染防止対策
 不可決なのは、手指衛生と防護用具の着用

 手指衛生の種類
  目に見えて汚れている → 流水と石けんで手を洗う
  目に見えて汚れていない → アルコール擦式手指消毒剤
  アルコールの方が5倍以上も除菌効果が高い
  ただし、アルコールの効かない細菌やウィルスもある

 手洗いをしそこないやすい部位
  手首、親指、指先(つめ隙間)
  ここでは専用のローションを手に塗りその後、各自手洗いをしどこの部位が
  落ちないのか確認をすることができました。

IMG_3498

  手洗いトレーニングボックス「グリッターバグ」を使用し確認中!
  手洗いは、介護(ヘルパー、初任者研修)の場で学ぶが、
  「手指消毒手順」までは学ば無かったですね。

 間違ったマスクの付け方
  → 当たり前のことではあるが、振り返ることができたのではないだろうか。

 消毒薬の効果
  次亜塩素酸ナトリウム
  アルコール
  塩酸アルキルジアミノグリシン


注意すべき感染症について
 インフルエンザ
  潜伏期間:1~3日
  感染期間:症状出現1日前~発症後3日程度までがもっとも感染力が
         強いとされる
  感染経路:主に飛末感染
  風邪との違い
  これからの時期予防接種を!
   → 予防接種をしていない場合と比べ症状が”重症化しない”
      済むことが多い
  体調管理
   症状出現時は、速やかに受診する
  咳エチケット
   自分が咳をするときはマスクをつける
   患者が咳をするときはマスクをお願いする


 ノロウィルス
  症状:吐き気、嘔吐、下痢、腹痛
  ※小児は嘔吐、大人は下痢の頻度が高い
   症状は、1~3日で自然軽快する
  潜伏期間:12~48時間
  感染期間:症状消失後48時間後まで
  嘔吐・下痢による脱水の補正、嘔吐による誤嚥・窒息に注意をする
  消毒液の作り方
  吐物処理時の注意事項


 結核
  肺だけではなく、全身に影響がある
  N95マスクの装着方法



感染管理認定看護師である淵脇さん、やさしい言葉でとても分かりやすい内容でしてた。

IMG_3513

この場を借りて”感謝”申し上げます。
ありがとうございました!