2008年09月09日

いよいよ明日が命日
お花がたくさん届いたりして
お葬式もおもいだす
白いユリ、菊の花、紫のリンドウ、トルコキキョウ、
静かな雰囲気

お花が大好きだったから
気持ちいいね

明日をどうすごせばいいのか
早く過ぎてほしいとも思うし
過ぎてしまいたくない気もするし

たくさん一人ではじめてのことを経験したきがする
1年も一人で

いないんだからしょうがないよね
そうしていかなくてはね





(20:42)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 珠美   2008年09月09日 21:37
こんばんは

一年・・ 本当の一区切りですね。

我家は、和尚様に来て頂き
息子達に学校を遅刻してもらい
急遽駆けつけてくれた義父・義兄と5人で静かに
手を合わせました。

夫が逝ってから一年三ヶ月。
絶望・悲しみ・自責の念・悔しさ・申し訳なさ
全ての負の感情を経験したように思います。
そして 今は・・・
小さな怒りです。

私達を置いて一人で逝ってしまうなんて酷いじゃない!!!
幸せにしてくれるって言ったじゃない!
いつも一緒じゃなきゃ意味ないじゃない!

時間が癒してくれて、苦しさも薄れて楽になる・・
そうなりたいのに夫が過去の人になっていくようで
それも複雑。
でもね
確実に夫のことを考える時間は減っています。

私も思いますよ。
もう少し一緒に息子達と過ごして欲しかったって。
高校に合格した。
スポーツでいい成績を残した。
定期テストでいい成績だった。

一緒に喜べる人がいないってなんて寂しいのでしょう・・

明日の命日
ここを乗り越えたら また一年頑張れますよ・・
きっと・・

2. Posted by mmm   2008年09月10日 07:38
珠美さん
おはようございます

私達を置いて一人で逝ってしまうなんて酷いじゃない!!!

もう少し一緒に息子達と過ごして欲しかった

一緒に喜べる人がいないってなんて寂しいのでしょう

私も・・・・しみじみそうおもいます。
これからもこの想いをずーとですかね。

寂しいです



また一年、スタートです。
そう言って戴け、背中を押され、うれしいです。

ありがとうございます。


朝二人、お線香をあげて出かけました。

こんな暮らしがまだ他人事のようにも思えます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔