豊かな人生を送りたいと、誰もが願っています。しかし、一体何のために豊かになりたいのか、あまり考えようとはしないのが実情のようです。

ただ物がたくさんあることが、必ずしも豊かさではありません。

大金に埋もれたような生活をしていながら、何だか淋しくてしようがない毎日を過ごしている人が大勢いるのです。

自分のふところに何かを取り込もうとすればするほど、どんどん欲が深くなって、いつのまにか底なし沼のようになってしまい、何をもってしても自然な満足感を得られなくなってしまうのです。

求めることにこだわりすぎず、与えることのできる豊かさを身につけましょう。

キリストは、私達を愛し、私達との交わりを求められました。しかし、キリストは私達に対する愛を、十字架上で罪の購いのためにご自分の生命を与える行為の中に現わしてくださったのです。

神様は、私達がキリストにあって豊かになることを求めておられますが、それは私達がキリストにならって与えるようになるためです。

『あなたがたは、あらゆる点で豊かになって惜しみなく与えるようになり、それが私たちを通して、神への感謝を生み出すのです。』(新約聖書:第競灰螢鵐反佑悗亮蟷罍江錬隠雲瓠

与えるために豊かになりましょう。

神様や人、そして社会に対して、自分を与えていく姿勢を身につけましょう。

既に与えられている豊かさに目を留めて、今与え始めるとき、あなたは確実に豊かな人生歩み始めるのです。