自分が自分らしく生きるためには、信念をもって生きることがどうしても必要です。
にもかかわらず、小さな事柄でさえ自分らしい筋の通った考えをもつ人は、予想以上に少ないのです。
大抵は周りの人の意見に影響されたり、流行に流されたりするものです。

しかしもしあなたが、神は何を自分に求めておられるのか、何が神の目から見て正しいことなのかを常に考えて判断するなら、本当の“自分らしい”信念をもてるのです。

そして次に、それをやり抜くことが大切です。
どんなにいい考えも、ただ一瞬思っただけでは、消え去るだけで後には何も残りません。
自分らしい考えをもっているなら、それが明確な形になるまで、粘り強く努力し続けることが大切です。
すぐに諦めては、何ひとつ実現することができません。

『・・・あくまでそれを続けなさい。・・・』(聖書:第?テモテへの手紙4章16節)

あなたらしい“信念”をもって、それを追求しましょう。
逆説的ですが、神のみこころに従って生きることこそ、実は、この世にあって主体的に信念をもって生きることなのです。