あなたの心が豊かであるか、貧しい状態かということは、あなたの生活に大きな影響を与えます。
この目に見えない心が、人生の具体的な事柄にまで影響をおよぼすのです。
これに気づいていない人はとても多いのです。
あなたが良い人間かどうかということではなく、あなたの今の心が向いている方向についてのことです。
“今”というこの瞬間に、状況は同じなのに、あなたは二つの心をもつことができます。
一つは、自分は祝福されていると感じ、将来に向かって期待する心。
もう一つは、何となく無気力で、現状に対しての不満と、将来に対する悪い予感を抱く心。

聖書には、次のような表現があります。
『私は、すべての物を受けて、満ちあふれています。』(新約聖書:ピリピ人への手紙4章18節)

これはパウロの書き記した言葉ですが、彼の人生は、私たちの目から見れば困難の連続だったのです。
それにもかかわらず、彼の心は豊かさを感じ、豊かさを引き付ける心になっていたのです。
そして、確かに彼は、神の豊かな恵みを体現した人生を歩み、彼の名は聖書に残され二千年経った今でも世界中の人が知っているのです。
私たちも現状に不満ばかりを感じ将来を憂う心ではなく、神の恵みに満ち足り前向きで幸せな心をもって歩みましょう。