人生では、しばしば忍耐が試される時があります。

多くの人と出会い、色々な事柄に挑戦し、積極的に行動しようとすればするほど波風が立つものなのです。

ただ、クリスチャンに必要とされるのは、単なる我慢ではありません。

『あなたがたが神のみこころを行なって、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。』(ヘブル人への手紙10章36節)

信仰における忍耐には、それを意味付ける目的が不可欠です。

求めていることがわかっている、与えられるべきものがわかっている、そして、それを得るための忍耐なのです。

まず、あなたが信仰によって目ざしているものを明確にしましょう。

その目標に向かって信仰の全精力を傾けるのです。

たとえそのことが忍耐を伴うことであっても、簡単にくじけてしまってはなりません。

それは必ず実現するからです。