今の日本に怒り心頭

51.9尾道生呉育中3生3千人模試全9科目1位太田房江・主要5科目1位私で高2秋旺文社模試28位70.4早稲田政治1年経由・東大法75卒2011.9定年退職【阿修羅掲示板】愛読者で直下地震・放射能黒い雨?で緑内障悪化・間質性肺炎発症、埼玉売家中で大学時代思い出の地:軽井沢疎開。こんな21世紀の日本に怒り心頭!池田勇人と角栄が好きで塾に行かず県立から東大文1。日本は公平平等社会と錯覚?角栄逮捕以降戦後民主主義右旋回と所得相続税等低減化で戦前地主貴族が復活!橋龍消費増税以来、世界最古世襲縁故身贔屓資本主義の日本で相続者が親の財産を脱税・納税せず、介護保険料?だけで美田を相続?欧米並み総合課税納税者番号が羊頭狗肉でマイナンバー?チェルノブイリ:福一=ソ連崩壊:平成日本?危惧。

蓮舫:議員大臣時代に二重国籍悪意公選法・国籍法違反vs宮崎緑:東工大講師官名詐称=蓮舫は議員歳費大臣報酬返還+!vs宮崎憲法第1条天皇生前退位有識者会議不適格!共にマスコットは大変だ!

有識者会議は総理が恥を掻かない為の勉強会か?
憲法には皇室典範が、典範は皇室会議を明定。
何故、別途に有識者が必要か?
日本国民最高の有識者が衆参議長(与党)副議長(野党第1党)・総理・・・・・
恣意的な有識者?
組織のイエスマン大集合?


はぁ?内閣法制局「“生前退位”は憲法改正が必要」→ 昭和46年政府見解:皇室典範の改正で可能

 完全に違憲である集団的自衛権の行使容認を閣議決定した政府、そしてそれを合憲とした内閣法制局が、天皇陛下の生前退位については、"憲法との整合性をいかに保つか、難題にぶつかっている"と言うのですからちゃんちゃらおかしい。しかも、生前退位は、昭和46年政府見解でも皇室典範の改正のみで可能とされ、憲法との整合性は問題ないようです。
 にもかかわらず、天皇陛下の意思で退位することは憲法第1条にある「天皇の地位は国民の総意に基づく」という部分に抵触すると言っているのですが、日本国民の総意に基づかなければならないの"地位のみ"で、今回はその地位を変える話は全くしていないので、憲法第1条は関係ないようです。本当にヤクザかマフィアの言いがかりのレベルです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
楊井人文:日本報道検証機構代表・弁護士


天皇の退位制度を採用するには憲法改正を要せず、皇室典範を改正すれば可能であるというのが政府見解である(高辻正巳内閣法制局長官昭和46年3月10日衆院内閣委員会、瓜生順良宮内庁次長昭和47年4月26日参院予算委員会第一分科会)。園部逸夫元最高裁長官の『皇室法概論』456頁もそう指摘している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「生前退位」有識者会議、17日に初会合 

2016/10/1 12:30
日本経済新聞 電子版

 政府は、天皇陛下の「生前退位」を検討する有識者会議の初会合を17日に開く方針を固めた。政府関係者が1日、明らかにした。安倍晋三首相も出席し、今後の議論の進め方などを協議する。政府は生前退位に関し、早ければ来年1月召集予定の通常国会での法整備を視野に入れており、有識者会議で本格的な議論を加速させる。

 会議のメンバーは経団連の今井敬名誉会長や東大の御厨貴名誉教授、慶応義塾の清家篤塾長ら6人。初会合では今井氏が座長に互選される見通しだ。2回目以降、皇室制度の専門家など外部有識者からも意見を聴き、首相への提言をまとめる。

 会議の名称は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」。首相は9月30日の衆院予算委員会で「退位の問題も含めて予断を持つことなく議論してもらう」と語った。 

追記:2016.10.1【権力者のマスコット?SF?】
天皇「生前退位」有識者会議メンバーの宮崎緑に経歴詐称疑惑! そもそもなぜ皇室問題のド素人が選ばれたのか(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/637.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 29 日 22:45:46: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

追記:2016.9.27
≪「朝敵」の声≫首相官邸が天皇陛下の「お気持ち表明」に不満で宮内庁長官を更迭!「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/451.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 25 日 22:40:40: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

【「朝敵」の声】首相官邸が天皇陛下の「お気持ち表明」に不満で宮内庁長官を更迭!「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」「誰かが落とし前をつけないと駄目だ」
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/22364
2016/09/25 健康になるためのブログ




http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092500057&g=pol

宮内庁長官の風岡典之氏が26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格、後任の次長には西村泰彦内閣危機管理監が就任する。天皇陛下のお気持ち表明に至る過程で、宮内庁の対応に不満を持った首相官邸が、人事でてこ入れを図ったようだ。
 宮内庁幹部の異動は春が通例で、風岡氏も当初は来年3月末まで務めるとみられていた。政府関係者は、退任が早まった理由について「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」と語った。
官邸は宮内庁に対し、「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」(関係者)と辛口評価だ。

以下ネットの反応。

【本稿】

天皇の生前退位でも有識者会議?国会議員こそ本来有識者でしょ!報酬は安倍さんが自費?官邸機密費で払うのか?皇室の事は憲法・皇室典範で皇室会議に決まっているのに何企らむのか?

憲法明記の『国会の議決した皇室典範の定めるところにより』、皇室会議を開き協議・議決で良いのに、何故、小泉~安倍政権が多くの有識者会議?
法律上の有識者会議の規定が有るのか?無報酬か?有償ならどの費目で出るのか?税金を使える根拠は何か?大臣報酬から日当出すのか?
最近は首相が他の皇室会議議員と話すレベルが違い過ぎて議論にならず、事前に有識者に模範解答を書いて貰いたいなら、バカ息子の家庭教師の報酬同様に首相らが大臣報酬から分担拠出すべきだ!憲法上の規定では皇室典範・皇室会議が決めれば国会で議決すれば生前譲位できるでしょ!どんな魂胆があるのか?長州伊藤博文が作った明治天皇だから、長州が決める?

世界中に国民の血税バラマキ、国民の望む事を一つもやれず、アベノミクス加速?
誰も裸の王様に何も言えない右顧左眄!
諫言者は斬首刑?
お取り潰し?
国会議員こそ有識者の見本になる人ではなかったか!
だから、経歴学歴詐称が厳しく見られる筈だが!

 

2016.10.1朝走行中TV:京大が地震直前の上空の電子数の異常上昇を計測?帰って検索!遂に京大が民間追認?vs東大地震研が政治利権的な今から未知の活断層研究?=後は10日前からの銀色の雲だ!

地震発生1時間前とは地震雲で言う真っ黒に沸き立つ空を覆う雲の事か?


www.jiji.com > 時事ドットコムニュース > 東日本大震災

18時間前 - 東日本大震災. > M7以上も上空電子異常=震災直前の予測可能性期待-京大. 小; 中; 大 ... 全地球測位システム(GPS)観測局のデータで、これまでM8以上の地震で 電離圏電子数が増加する異常が検知されていた。 研究チームは、従来 ...

M7以上も上空電子異常=震災直前の予測可能性期待-京大


 京都大の梅野健教授(数理工学)らの研究チームは30日、東日本大震災の前後にあったマグニチュード(M)7.0以上の地震が発生する前に、上空で電子の数が変化する異常があったとする分析結果を発表した。
 研究チームの分析手法は、従来用いられてきた地震発生後のデータは不要だといい、「M7以上の大地震発生1時間前【新幹線は助かるが地震雲は10日前から出ていて電子数も出る筈!】から20分前の予測可能性に道を開くもの」と期待している。研究成果は米学術誌ジャーナル・オブ・ジオフィジカル・リサーチに掲載された。
 梅野教授によると、上空300キロ付近には「電離圏」と呼ばれる電子が広がる層があり、地震や火山活動、太陽のフレア(表面の爆発現象)によって影響を受けることが知られている。全地球測位システム(GPS)観測局のデータで、これまでM8以上の地震で電離圏電子数が増加する異常が検知されていた。
 研究チームは、従来のGPS観測局1カ所だけでなく、周辺の観測局30カ所のデータも使うなどし、分析の精度を高めた。それにより、2011年3月11日の東日本大震災(M9.0)だけでなく、同年3月9日の三陸沖や同4月7日の宮城沖で起きたM7クラスの地震でも発生直前に電子数増加の異常があったことが分かったという。
 梅野教授は「地震以外の要因による電子数の増減を明確に区別する方法の確立などが課題」と指摘した上で、「地震の予測能力について第三者による検証が進むことを期待する」としている。(2016/09/30-19:50)【最低10日前から調べて!決定版これが地震雲だ!鍵谷忠三郎著を見て!銀色の雲で要注意地区探す!】

【東日本大震災記事一覧へ】 【アクセスランキング】 

18時間前 - 震災前に上空「電離圏」で異常 京大分析、地震予測に光 ... チームによると、M8・0以上 の地震で電離圏の電子数が増えていることは知られていた。チームの手法 ... 電子の数 の測定には既存の衛星利用測位システム(GPS)を使用。従来は ... 
ここから本文

震災前に上空「電離圏」で異常 京大分析、地震予測に光

写真

 東日本大震災やその前後にあったマグニチュード(M)7・0以上の地震が発生する二十分~一時間ほど前に、上空三百キロ付近の「電離圏」で電子の数が増える異常があったことが京都大の梅野健教授(通信工学)のチームの分析で判明し、米専門誌に三十日発表した。

 チームによると、M8・0以上の地震で電離圏の電子数が増えていることは知られていた。チームの手法は従来法と違い地震後のデータとの比較が不要で、分析速度を上げられれば地震を予測できる可能性がある。

 電離圏は電子が広がる層で、火山活動や太陽表面の爆発現象「太陽フレア」によっても影響を受ける。

 電子の数の測定には既存の衛星利用測位システム(GPS)を使用。従来は一つのGPS観測局のデータを使っていたが、チームは、数十の観測局の当時のデータについて相関関係を調べた。すると、M7・0以上の地震の起こる二十分~一時間ほど前に電子の数が増えていたことが分かった。これまで分析には地震前後の数値を比べる必要があったが、チームの手法は平常時との差で異常を判別できる。

 梅野教授は「現在はパソコンでの分析に時間がかかるが、将来は地震の警報システムに生かせるのでは」と話している。【将来でなく明日だ!】

<地震前兆>関東地方で地震雲が出現したと話題に!竜巻型や斑点状の雲が多数!茨城では海岸に大量のイワシ
http://www.asyura2.com/14/jisin20/msg/892.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 10 月 18 日 13:02:15: igsppGRN/E9PQ

【地震前兆】関東地方で地震雲が出現したと話題に!竜巻型や斑点状の雲が多数!茨城では海岸に大量のイワシ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8407.html
2015.10.18 12:00 真実を探すブログ









☆サメに追われ?海岸に大量のイワシ
URL http://www.yomiuri.co.jp/national/20151017-OYT1T50000.html
引用
茨城県鹿嶋市武井釜の海岸で14日、多数のイワシが打ち上げられているのを釣り人らが見つけた。付近では数匹のサメも目撃されており、サメに追われたイワシが死んで漂着したとみられる。【放射能は?】
:引用終了


地震雲と思われる雲は関東地方での報告数が圧倒的で、茨城沖の異常と合わせて地震の前兆を示唆している可能性があります。14日は竜巻型の雲が多く、15日以降は空一面を覆い尽くすほどのまだら模様型が報告の大半を占めていました。


地震の前兆現象というのは連続で発生するほど危険性が高いと言われているので、しばらくは念の為に注意をしたほうが良いかもしれません。


地震の前兆現象は科学的に説明できる


地震と地震雲の関係

 

追記:2016.10.1

豊洲事件化に時効の壁 百条委急ぎ石原、内田らを喚問せよ


 豊洲新市場の地下に盛り土がされていなかった問題について、小池百合子都知事は30日、内部調査の結果を公表する。歴代の中央卸売市場長が揃って地下空間の存在を「知らなかった」とぬかしていた“無責任体質”の原因がどこまで明らかになるのかだが、しょせん身内同士の調査に徹底的な厳しさは期待できない。

 都議会は10月6日の経済・港湾委員会で集中審議の実施を決めているものの、都庁の官僚組織は、A4ペーパー1枚っきりで説明を逃れようとする伏魔殿である。共産党都議団が既に要求しているように、地方自治法に基づき、議会が強制的に調査を進められる「百条委員会」での追及が不可欠だ。都政に詳しいジャーナリストの鈴木哲夫氏もこう言う。

「豊洲問題の背景には、都庁内の縦割り組織や都議会との関係といった政治的な側面もあるため、集中審議に役人を呼んでも、なかなか本当のことを言わない可能性が高い。何千億円という税金がからむ案件です。百条委員会なら、強制力と罰則規定がある。そこで追求すれば効果がある」【必要だから作られた=米国流!】
地方自治法100条に基づいて議会に設置される特別調査委員会である百条委員会は、通常の委員会より格段に強い権限がある。委員会は関係者を証人として喚問し、記録の提出を求めることもできる。そこで証人が虚偽の証言をした場合は偽証罪に問われ、5年以下の禁錮刑だ。正当な理由なく出頭や証言を拒否することもできず、拒否すれば6カ月以下の禁錮刑や10万円以下の罰金が科せられる。巨悪を呼ばれれば、血祭りになる。

 これなら狡猾な都庁官僚でも嘘をつけない。もちろん官僚だけでなく、当時の最高責任者である石原慎太郎元知事以下、設計会社やゼネコン関係者などを総ざらいで証人として呼ぶべきである。石原はこっそり小池と会って事情説明することで、百条委招致を逃れようとしているが、そんなフザけたことは許されない。

落札率99%の官製談合疑惑を放置するな
すでに豊洲市場の主要3施設の建築工事をめぐっては「官製談合」疑惑が浮上している。2013年11月に行われた1回目の入札が不調となり、翌14年2月の再入札で、都は予定価格を計628億円から1.7倍の1035億円につり上げた。その結果、大手ゼネコンの鹿島、大成、清水がそれぞれ中心となるJVが、3施設を受注したのだが、いずれも99%を超える高落札率だったのである。

 当時、資材価格や人件費が高騰していたとはいえ、それらの上昇率と比較しても、1.7倍という再入札時の価格は高すぎる。再入札前に、都が「予定価格を引き上げるから」とゼネコン側にヒアリングしたことも報じられている。都はこれを“入札調整”という言葉でごまかしているが、こうした疑惑も百条委で徹底追及が必要だ。その際は、自らが監査役を務める会社が豊洲の管理施設棟の電気工事を受注したと報じられた都議会のドン・内田茂都議も呼ばなきゃおかしい。
百条委が設置され、都議会の本気の疑惑追及が始まれば、公正取引委員会や検察も動く。本格捜査に乗り出せば、巨悪は追い詰められていく。【そうしないと検察は動かない??】

 元検事で弁護士の落合洋司氏がこう言う。

「入札で99%を超える落札率は普通は出ません。あらかじめ何らかの調整行為や話し合いがあったり、特定のところに落札させる一定の作為があったと強く推測される蓋然性があります。この種の行為については、公正取引委員会が強い関心を示すと思います。その上で、入札談合があれば、独禁法違反で告発、検察が動くことになる。官製談合防止法違反での立件もあるでしょう。また、発注する側が情報を漏らしていれば、競争入札妨害に該当します。さらにそこで一定のお金が動いていれば贈収賄です。建設関係の委員会に所属するなど、工事に関する情報が得られる立場にいる議員が情報を漏らしてお金をもらっていても贈収賄になる可能性があります」

 ただ、官製談合は公訴時効が3年だから、百条委設置は急がなきゃダメだ。収賄の時効は5年だが、工事の予定や入札情報を漏らすなどは施設建設より前だろうから、こちらも時間がない。とにかく一日も早く腐敗構造にメスを入れる必要がある。

豊洲事件化に時効の壁 百条委急ぎ石原、内田らを喚問せよ


魑魅魍魎の都政、膿を出す絶好のチャンス

 都議会には石原知事時代に百条委を設置し、実際に厳しい疑惑追及を行った歴史がある。05年のことだ。

 都の補助金が支払われている社会福祉事業団について、都の包括外部監査が運営の見直しを指摘。これをめぐる当時の浜渦副知事の答弁が都議会で問題視され、自公主導で百条委が設置されたのだ。委員会では副知事の他、局長や都議も証言に立ち、3カ月にわたる審議の末、浜渦氏の偽証を認定、結局、浜渦氏は辞職に追い込まれた。

 この時は、もともと社会福祉事業団の不正の存否を調べるために設置された百条委が、石原の懐刀の更迭という政治目的に使われた感は多分にあったが、いずれにしても百条委の強大な権限を示す事例となった。

 豊洲問題では東京ガスが所有していた土地の購入に関し、この浜渦氏の存在があらためてクローズアップされてもいる。そうした土地取得の経緯についても、百条委ができれば明らかになるだろう。都政問題に詳しい元毎日新聞記者のルポライター、永尾俊彦氏が言う。
「これまで都政は国政の陰に隠れてなかなか光があたりませんでした。自治体の情報公開度ランキングでは東京都はいつも最下位辺り。都民が都政に無関心なのをいいことに都庁官僚のやりたい放題が行われてきたのです。特に石原元知事は週に2、3日しか出勤しなかったため、都庁官僚と都議会自公が一緒になって、やりたい放題は加速しました」【給与退職金半額返還させよう!】

 百条委は都政の膿を出す絶好のチャンスなのである。

■自公は真相究明から逃げるのか

 ところが、共産党の設置提案に議会の多数を握る自公は後ろ向きだ。設置されれば、ドンが喚問されかねない自民党が抵抗し、火の粉をかぶるのを避けたい公明党も足並みを揃える。

 かつてないほど都政に世論の関心が高まり、豊洲をめぐる疑惑がこれだけ噴出しているのに、都議会はそれを放置するのか。
99%超の落札率という露骨な談合によって、都民が高い血税を払わされている可能性があるのに、調べなくていいのか。

 都議会の各会派は、豊洲地下の汚染水の視察でパフォーマンスを繰り広げているが、むしろやるべきは疑惑の徹底調査だ。百条委を設置するかどうかの対応で、各党の正体がわかるというものだ。都議選を来夏に控え、自公は都民の望む真相究明をいつまで拒絶できるだろうか。

 そして、百条委への態度で小池の本気度もハッキリする。都政の“パンドラの箱”の中身全てがあらわになるわけで、小池も逃げられない。本当に「都民ファースト」なのかどうか、それともただのポピュリストなのかが明確になる。

「都議会が百条委員会を設置すれば、小池さんの都政改革本部にも影響を与えると思います。議会と執行機関のどちらが深く調べているのか、都民は関心をもって見るでしょうから、両者が疑惑追及で競い合うことになる。小池さんは今も自民党員です。今後、都議会に政治的な配慮をかける可能性があるかもしれません。しかし、百条委ができれば、豊洲問題の全体像を解明するため、小池さんも本気で真相解明に取り組まざるを得なくなるでしょう」(鈴木哲夫氏=前出)

 百条委が始まれば都議会はシッチャカメッチャカになるだろう。それで巨悪が炙り出されるのならば、都民は大歓迎だ。 【国民もだ!】


【本稿】
今は小池都知事が国民が望む総理候補第1位になれるかどうかの瀬戸際だ!東京都大改革で日本大改革が出来るか?国民は期待して見ている!慎太郎ら無責任高給取りを百条委員会に召喚してして!


豊洲問題で変わり身 小池都知事に慎太郎氏“命乞い”の魂胆(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/698.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 01 日 08:25:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

     


豊洲問題で変わり身 小池都知事に慎太郎氏“命乞い”の魂胆
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190859
2016年10月1日 日刊ゲンダイ


  
   危機感を覚える石原親子(右写真)/(C)日刊ゲンダイ


 まさに“命乞い”である。7月の都知事選の時、あれほど小池百合子氏のことを「大年増の厚化粧」などと口汚く罵っていた石原慎太郎氏が、人が変わったように小池都知事に“恭順の意”を示している。

「豊洲問題について説明したい」と、自分から足を運びたいと申し出ている。これまで誰に対しても「聞きたいことがあれば、聞きに来い」という態度だったのに、まるで別人のようだ。どうやら、女帝となった小池都知事に逆らったらヤバイ、と身の危険を感じているらしい。

 豊洲問題発覚直後は「だまされた」と被害者ヅラしていた慎太郎氏。ところが、先週になって、「多大な混乱や懸念を生じさせ、申し訳なく思っております」と謝罪文を発表。

 今週には小池都知事に対し「調査に協力したい」と自ら申し入れている。

 態度が百八十度変わったのは、予想以上に問題が大きくなり、危機感を覚えているからだという。態度はデカいが、もともと気の小さい男。このままでは、集中砲火を浴びかねないと、ビビっているようだ。

 なにしろ、豊洲への移転、建築工事の異常な高落札率、盛り土がされていなかった……など、これらはすべて慎太郎氏が都知事時代に決まったことだ。

 そのうえ、官製談合疑惑や贈収賄疑惑もささやかれていて、捜査関係者も「どんなやり方でやればいいのか」と大きな関心を寄せているという。さすがに、捜査の手が慎太郎氏に及ぶことはないだろうが、このままでは都議会に引っ張り出されることは必至だ。

■百条委は絶対に避けたい

「石原氏が最も恐れていることは、百条委員会などが設置され、その場に呼び出されて厳しい追及を受けることです。都議会で“さらし者”になってしまう。その前に、小池氏と2人きりで会って“密室”で話をつけたいのでしょう」(都庁関係者)

 慎太郎氏からの報告を、そのまま小池都知事が発表して無罪放免。慎太郎氏はそうした展開を狙っているのだろう。しかし、そんなことが許されていいのか。政治学者の五十嵐仁氏はこう言う。

「あのゴーマンな男が下手に出なければならないほど、石原氏は追い込まれているということでしょう。張本人がようやく表に出てきた形です。ただ、小池氏に協力しただけで、はい、オシマイ、としては絶対にいけない。全容を全て明らかにするとともに、きちんと責任を取ってもらう必要があります」

 石原氏がビビっている理由はもうひとつ。“小池新党”の行方だろう。10月30日に開講する政治塾が発展し、新党結成という流れになれば、東京の“勢力図”は一変する。衆院議員である2人の息子、石原伸晃氏、宏高氏の選挙区に、小池塾から“刺客”が送り込まれれば、落選危機だ。

 これまで強気一辺倒で頭を下げられなかった男が、「大年増の厚化粧」とこき下ろしていた相手に最後の最後で“命乞い”。晩節を汚すとは、まさにこのことである。 

このページのトップヘ