現地採用日記・ブログ 海外 インドネシア・ジャカルタ

インドネシアでの日常、感じた事を記録していきます。

2013年に前職を退職しフィリピン留学へ
2014年にインドネシアで就職活動・就職
2015・2016年現在ジャカルタ勤務中

現地採用からの目線でインドネシアから情報を発信していきます。※インドネシア生活の中で気になるニュースを取り上げます。

来週からラマダン(断食)がスタートします。
それに伴い、会社でもラマダン時期恒例のラマダンに合わせた就業時間となります。

通常は8:00から17:00ですが、7:30から16:30となります。

お祈りをして太陽が出る前に断食を始めるイスラム教徒に合わせた時間設定です。
サマータイムのようなイメージですね。

また、最近は、レバラン(断食明け大祭)が迫っているせいか、窃盗や泥棒に入られた話をよく聞くようになりました。

毎年恒例ですが、レバラン前には犯罪が多く発生します。

・お腹がすいて殺気立つ
・レバランで田舎にお土産を買って帰る

など、ならではの出来事が起こります。

そんな中、工業団地内の工場にも銃を持った窃盗が押し入るなどの事件が発生しています。
詳細を聞いてみると物騒な事件もあるので、この時期は無難に過ごしたいと思います。

今年もラマダン(断食)の季節が近づいてきました。

インドネシアではお馴染みのラマダンですが、改めて振り返ると日本にはないイベントなので新鮮に感じます。

今年のラマダンは6月6日からの予定です。
※インドネシアには、宗教省なるものがあり、正式には宗教省が通知します。

在日本大使館からも注意喚起の通知が来ていました。

ラマダン期間は、太陽が出ている時間に飲食をしてはいけないので、イスラム教徒はお腹を空かしていたり、のどが渇いたりしています。
空腹で死にそうな顔のスタッフもいるので、この時期は他国の人にもルールに従い意味耐える時期なのかと思います。

ラマダンに関しては、実際に時期に入ってからのレポートをしてみたいと思います。
今年もどんなトラブルが起こるのか、ある意味楽しみに過ごしたいと思います。
 

先週から、3 in 1が正式に廃止になりました。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/29913.html

3 in 1に関しては、過去の記事でも書きましたが、凶悪なジャカルタの交通渋滞の緩和策として運用されていました。
しかし、その効果が薄いとのことで試験的に運用を停止したところ、渋滞の状況が変わらなかったようです。

その結果を受けて、ルールが変更になったようです。

インドネシアでは、本当に意味があるのか分からない規制が成立する事がよくあります。
今後の渋滞緩和策としてどんな規制が出来るのか気になります。 

↑このページのトップヘ