現地採用日記・ブログ 海外 インドネシア・ジャカルタ

インドネシアでの日常、感じた事を記録していきます。

カテゴリ: インドネシア生活

オリンピック真っ盛りですね。
日本にいれば連日オリンピックの話題で持ちきりなのかと思います。

個人的には、オリンピックを観たい気持ちはもちろん、今の季節といえばやはり甲子園は外せません。
また、先日3,000本安打を放ったイチローも奮闘しているメジャーリーグや、日本のプロ野球など、野球ファンからするとたまらない季節です。

インドネシアではどうかというと、オリンピックの話題がまるで出てきません。。
私の会社のスタッフだけたまたま関心が低いのかと思ったのですが、お客様に聞いてみると皆同じような反応なようです。
街中でもオリンピックを絡めたキャンペーンなど一切見かけません。

インドネシアのスポーツといえば、どちらかというと目立った活躍が残せていない種目が多いからかもしれません。
それでも、前回のロンドンオリンピックでも、今回のリオオリンピックでもメダルを獲得した種目があります。

それは、『重量挙げ』です。

私も意外に思いましたが、インドネシアではバドミントンと共に世界に通じる種目として認知されています。
前回のロンドン大会では男子が銀と銅メダルを獲得しています。
そして、今回のオリンピックでは、女子が銀メダルを獲得しました。

そうです、日本でも三宅宏美選手が銅メダルを獲得して話題になった種目です。
女子48キロ級という種目でしたが、一位のタイの選手はぶっちぎりでしたが、銀メダルを獲得したインドネシアの選手も三宅選手以下の選手よりいい結果を残していました。

ロンドン大会のインドネシアのメダルはこの重量挙げの二人のみだったので、インドネシアとしてはバドミントンと並んで毎大会期待できる種目という事ですね。

以下、じゃかるた新聞の記事ですが、インドネシアからは参加選手自体が少ないのも他の協競技がクローズアップされない要因かと思いました。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/30998.html

これからは、インドネシアの国民的スポーツであるバドミントンの競技が始まるので、国内でももう少し盛り上がりを見せるのではと思います。

インドネシアのスタッフと共に見守っていきたいと思います。(彼らが注目していればですが、、)


 

明日からは、奇数・偶数ナンバー規制という渋滞緩和策が試験的に始まります。
こちらの規制は、今年廃止された3in1制度に変わる規制となります。

詳しい詳細は、以下のじゃかるた新聞のサイトから確認できます。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/30827.html

こちらは、試用期間(一ヶ月)の成果をみて正式に導入されるようです。
ジャカルタ中心地にて実施されます。

将来的なERP(電子課金システム)制度までの繋ぎの施策として実施されるようです。
ERPに関しても上記URLのじゃかるた新聞記事に記載があります。

こちらに関しては、どこまで効果が上がるのかは実施してみなければ分かりません。
しかし、効果が薄いという話は耳にします。

・お金持ちはそもそも車を2台以上所有していて奇数・偶数に合わせて使い分けることが出来る。
・ナンバープレートが安価で売りに出ている。(付け替えもドライバー一つで変えられるレベルです)
・そもそもこちらの制度が知られていない。

という状況です。
最初の一ヶ月の試用期間であまりにも多くの人が気にせず通勤をすることにより、導入見送りの可能性もあります。

ただ、渋滞緩和政策のために色々実施してみる事には賛成なので、試験的でもいいのでどんどん試してみてほしいと思います。

ちなみに明日は奇数日なので、下一桁が奇数のナンバーの方は気をつけましょう。
試用期間は注意だけで済みますが、注意のための渋滞が懸念されます。
明日はジャカルタ市内での渋滞はいつも以上になることが間違いないかと思います。


今回は、久々の更新となってしまいました。
レバラン休暇、プライベートでの出来事、仕事など、バタバタしていた一ヶ月でした。

今後はもう少し更新出来るようにアンテナを張っていきたいと思います。 

レバランも迫り、最近ではジャカルタ市内の渋滞が増えてきました。
ラマダンの時期でもあり、渋滞のタイミングはいつもよりも読めません。

渋滞は、ラマダンの時期に加え、ジャカルタ市内の要衝であるスマンギ交差点の工事が影響している事もあります。 
将来の渋滞緩和を目指す工事と目されています。
工事自体は4月から始まっていましたが、車線制限が最近では始まったため、より渋滞を加速させています。

以下、じゃかるた新聞によるスマンギ交差点の記事です。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/29493.html

また、ジャカルタ市内だけではなく、工業団地へ向かう高速道路でもその影響が出ています。
ラマダン期間は、断食の時期なので、イスラム教徒のドライバーは朝から何も飲み食いしていない事もあります。

その影響なのか、毎日のように高速道路にて交通事故が発生しています。
体感的には平時の2倍以上の発生率に感じます。。

事故の原因は定かではありませんが、運転手の居眠りが有力ではないかと勝手に予想しています。
朝から早起きをしてお祈りをして、日中は何も食べずに過ごしているため、集中力や体力が奪われていると思われます。

約30キロ程度の距離に3時間近くかかる事はざらです。

30キロといえば東京を基準にすると、横浜、大宮、柏、幕張などが私のイメージです。
この距離に3時間かかると考えると恐ろしいですね。

もう数日でレバランを向かえ一時帰国なので、頑張りたいと思います。

ラマダン真っ盛りのインドネシアです。
今年も各日本食レストランでは、アルコール類をそのまま提供するのではなく紙コップに注ぎ直して持ってきたり、
店内が見えないようカーテンで覆ったりなど工夫をしています。

最近は、ビザの更新や初めてのバリや仕事の四半期の締め月とのことでバタバタしております。

さてそんな中、今年のレバランは3年ぶりにフィリピンに行く計画でした。
そしてフィリピンで留学当時の先生や友達に会おうとしていました。
しかし急遽、日本に帰らなければならず、最近航空券を押さえました。

時期が時期だけにとんでもなく高いです。。
ジャカルタ(CGK)から東京(NRT, HND)の直行便をHISなどで予約すると、

■通常 約7,000,000 Rp(約55,000円)
■ハイシーズン 約17,000,000 Rp(約135,000円)※一週間前調べ

でした。
さすがに高いですね。

今回はどうしても戻らなければならず、乗り換え有りのエアアジア(KL経由)で、

■乗り換え有 約13,000,000 Rp (約103,000円)

を選びました。
乗り換え時間を入れた東京へのフライトは13時間30分かかります。。
東南アジアへのフライトには耐えられますが、東京となると厳しい戦いが予想されます。
とはいえ、希望に近いフライトチケットは往復ともラスト一枚でしたので、ギリギリ間に合い助かりました。

私は昨夜に予約をしましたが、今の直行便を調べて見ると、

■直行便 ジャカルタ~東京 約48,000,000 Rp(約378,000円)

となっておりました。(スカイスキャナー調べ)
一週間前に比べて3倍近くなっています。

日本でも同様ですが、ハイシーズンは大人しくしているのが鉄則ですね。
高いチケットなので、その分楽しもうという気持ちが増しました。

インドネシアの伝統衣装のバティック柄の衣類がユニクロから発売されるようです。
以下のURLは、じゃかるた新聞からの記事です。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/30191.html

バティックはインドネシアの伝統衣装で、特別な日や正装が必要な日に着用されています。
日頃の衣類として、シャツの代わりにバティックを着ている方も多いです。
日本ではクールビズが夏の定番となってきていますが、常夏のインドネシアではジャケットを羽織らなくて済むバティックの存在は有り難いです。

そんなバティック柄の衣類が日本を始め、多数の地域で販売されるという事なので楽しみです。

どの国の文化でも広く他国に知られることは良いことだと思います。
 
今回のバティックに留まらず、各国の民族衣装とコラボして欲しいと思いました。 

↑このページのトップヘ