現地採用日記・ブログ 海外 インドネシア・ジャカルタ

インドネシアでの日常、感じた事を記録していきます。

カテゴリ: 旅行

久しぶりの更新になります。

日本のゴールデンウィークとほぼ同じタイミングで休みを頂き旅行をしていました。
今回はタイのバンコクとチェンライに出掛けていました。

充実していて書きたいことは多々ありますが、何回かに分けて書いていきたいと思います。


タイに着いて早速驚いたことがあります。

それは、レストランの店員のオペレーションです。
初日の夜にバンコクに到着してから、現地合流した方達と食事に出掛けました。

注文を頼もうとするとすぐに店員が気付いてオーダーを取ってくれます。
また、ドリンクやフードが少なくなると次のオーダーを促してくれます。

これだけを見ていると当たり前に思うかもしれませんが、このオペレーションを回している店員の数はジャカルタの半分ほどの人数で行われていました。
日本のように、ホールにもキッチンにも最適な人数が配置されているように思えました。 
 
ホールスタッフがおしゃべりをしているわけでもなく、客の動きを見ていました。
これは、たまたま立ち寄ったこの店だけが優れているわけではなく、他の店でも同じような対応が続きました。 

ここは、インドネシアとは違う点だと思いました。

インドネシアにも、しっかり対応をしている店はあります。
しかし、人件費の違いはあるのかもしれませんが、オペレーションをしている人数は倍は違います。

今後、インドネシアが発展していくには、個人個人のこういった点が徐々に表に出てくるのかと思います。
それこそ、ASEANの経済連携統合がされた日には自由競争になりますので、よりクローズアップされるかと思います。

世界的に均一のサービスが受けられる時代になってきた中で、こういった小さなことが大きな問題のきっかけになりえると思います。

今回の旅では、レストランだけではなく、セブンイレブンなどのコンビニでも同様に感じました。
基本的に二人の店員がオペレーションをこなし、店が回っていました。
そして、混雑時に二人でレジに立ちお客を捌く姿をよく目にしました。

インドネシアでは、基本的に四人から五人の店員が常時働いています。
混雑時やレジが混んでいても一人の店員がレジを打ち、他の店員は気にせずに商品の棚だしをしたり、携帯をいじっていたりします。

同じASEANの国、東南アジアの国ですが、この違いは大きな違いだと感じました。

マニュアルが違うのか、教育方法が違うのか、国民性が違うのか。
考えさせられることが多くありました。

日本人だからこのように感じるのかもしれません。
それでも、私はインドネシアを選び働いているので、この経験をせっかく日系企業で働いている社内のスタッフに還元していければと思います。

先週末にシンガポールへ行ってきました。

今回の目的は、シンガポールマラソンに参加する事です。
シンガポールマラソンに参加をしたのですが、初のマラソン参加という事もあり、妥協して10キロの部にエントリーしました。

20151204_101118
■現地エントリー会場、ここでユニフォームなどを受け取ります。シンガポールなので、受付スタッフはみんな英語で話しかけてきます。

20151204_101654
■細かく見てみると参加者全員の名前が記されています。もちろん、自分の名前は発見しました。

20151204_101716
■謎のイメージキャラクターです。

普段から5キロ程走っていましたが、いつもジムなので、アスファルトはきつかったですね。
シンガポールマラソンは市街地を走るので、市内の景色を楽しみながら走ることが出来ました。
目標タイムにはわずかに届きませんでしたが、来年も参加したいと思います。

シンガポールマラソンは、景色が良く、なんと言ってもインドネシアから近いので、インドネシアに滞在されている方や、マラソン未経験者にオススメです。


今回は今年3度目のシンガポールでした。
マラソンだけが目的ではなく、しっかりシンガポールも満喫しました。
昼には、有名なバーである『LEVEL33』に行ってきました。
名前の通り、33階にあるバーです。

20151205_105652 
■一階エントランス、バー専用のエレベーターがあります。

20151205_110041
■店内で地ビールを醸造しています。世界最高の高さ(地上33階)で醸造しているらしいです。

20151205_110050
■バーカウンター裏です。ここにもタンクがあります。

20151205_110359
■店内の様子。昼前なので、人はまばらです。

20151205_121112
■ランチはビュッフェスタイルです。

20151205_111007 20151205_111011
■店外のラウンジに出ることも出来ます。眺めは最高でした。

20151205_111234
■外のラウンジで一杯。パイントが13SGD程でこの景色が満喫できます。


珍しくブログらしい内容になりましたが、こちらのバーはオススメです。
念のため予約をしてから行く事をオススメします。

シンガポールは物価が高いですが、満足できる事も多いので、また行きたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------------
LeVeL33
8 Marina Boulevard #33-01 Marina Bay Financial Centre Tower1 
営業時間
12pm - 12am 月ー木 
12pm - 2am 金・土・祝祭日前日
日曜・祝祭日休み
Tel: 6834 3133
http://www.level33.com.sg/
--------------------------------------------------------------------------------------




先週の金曜日から昨日まで旅行に出掛けていにました。

旅行先はマレーシアのクアラルンプールとシンガポールです。
一週間前に友達から連絡があり、急遽、現地合流することになりました。

どちらも二度目でしたが、一度目は一人旅だったので、友達と回るとまた違って感じました。
今回は突然の誘いでしたが、インドネシアから近いこともあり気軽に行くことができました。
日本で働いていたらこんなノリで旅行には行けなかったと思います。

一人の友達は仕事のため日曜日には日本に戻り、もう一人はこれからドバイに向かい、その後何カ国か経由して日本に帰るようです。
軽いノリで行ける事がわかったので、これから東南アジアに来る友達がいたらまたフラッと現地合流して楽しみたいです。
一番いいのは友達がジャカルタに来てくれることですが、観光地が少なく、自分から勧める事が出来ないため、実現は難しそうです。。

ちなみに、今回の旅行の概算費用は、

航空券: Air Asia(エアアジア)

ジャカルタ とクアラルンプールの往復: 約10,000円
クアラルンプールとシンガポールの往復: 約8,000円

ホテル:

クアラルンプール: 約4,000円(2泊) 計8,000円
シンガポール: 約8,000円

でした。

金額的にはお手頃な金額かと思います。

インドネシアやその他の東南アジアで働くメリットとして、手軽に近隣諸国に旅行に行けることはいいことだと思います。
インドネシアにいるうちに、近隣の国にどんどん出掛けたいと思います。





先日、レバラン休暇を旅行し、マレーシアへ旅行に行ってきました。
前回の記事でクアラルンプール(KL)の事を書いたので、今回はペナン島について振り返ります。
以下は、前回のKL観光の記事です。
http://blog.livedoor.jp/my_55/archives/1034761269.html

ペナン島は、『東洋の真珠』と呼ばれる観光リゾート地です。
マラッカと共に世界遺産に登録されている街です。


ペナン島へは、飛行機で向かいました。
陸路でバスを使う選択もありましたが、7時間ほどかかるようでしたので、今回は時間短縮のため空路を選択しました。
旅行三日目の早朝にKLを発ち、ペナン島に到着しました。

ペナン空港から市内のジョージタウンまでは、バスかタクシーで向かう事になります。
市内中心地までは、どちらでも一時間程で到着します。
タクシーで100リンギ(約3,000円)、バスで2.7リンギです。

20150718_135730

バスに乗車すると、行き先を伝えた後にこちらのチケットを渡されるので、ここで支払です。

旅行慣れしている方であれば、バスの方が圧倒的に安いため、バスをお勧めします。バスは30分に1本くらいでした。
バスへの乗り方は日本とほとんど同じで、乗り込んでから運転手に行き先を伝えると金額を伝えてくれるので、そこで支払いです。
払いすぎた場合、おつりは返ってこないので、できれば小銭と併せて準備しておいた方がいいです。

バスでは、車内に行き先が表示されていないため、降りる先は周りに聞きながらでなければわかりません。
コムタという66階建てのランドマークがあるため、そこが市内の中心のためそこで降りるのが無難です。
そこからジョージタウン内のホテルであれば、10リンギでタクシーが使えるので、迷った場合はタクシーを使うといいと思います。
※ジョージタウン内は、メーターを使うことはほとんどありません。どこの観光スポットも近いため、メーターでは仕事にならない、という理由があるようです。

宿に着いてから早速市内観光に繰り出しました。
ですが、KLと同様、ラマダンホリデーのためいくつかの観光スポットに入場できませんでした。
この日は市内観光を諦めて、バトゥ・フェリンギビーチに向かいました。

バトゥ・フェリンギまでは、タクシーとバスで行くことが可能です。
料金は空港から市内までと変わらず、所要時間も一時間程です。
タクシーはどこからでも拾えますが、バスの場合、コムタのバスターミナルから向かうことになります。
バスは『101』に乗る必要があり、列などはないため、バスが到着すると我先にと皆で押し合いながらバスに乗り込むことになります。
バスでは座ることは難しいと思います。

シャングリラホテルやホリデーインホテルが見えてきたら降車のタイミングです。

バトゥ・フェリンギの海は正直、あまりきれいではありません。昔はきれいだったようですが、徐々に透明度がなくなっているようです。
ですので、海にはあまり期待しないほうがいいと思います。
ジェットスキーやパラセーリング、バナナボート等の海上のアクティビティは盛んだったので、これらを楽しみたい人向けのビーチです。

20150719_17494220150719_175030
ビーチです。曇っていることを差し引いても透明度は高くありません。


私自身は、ビーチチェアで横になり、波の音を聞きながらビールを飲みつつ読書することが好きなため、特に問題はなく快適に過ごすことができました。

市内への帰り道は、ビーチ沿いは道が一本しかないため、大渋滞を起こします。バスを待っていても満車でバスがスルーすることもあるため、帰りのバスはハードロックホテル前まで行った方がいいです。
ホリデーインホテル前のバス停からは10分程道を市内行きから戻ることになりますが、そこからであればバスに乗れます。


二日目は、昼前から活動を開始し、ペナン島で一番大きなクイーンズベイモールというショッピングモールに行って来ました。

場所は、空港から市内までの中間地点程にあり、空港から市内に向かう際にも通るため、わかりやすいかと思います。
モールまでは、コムタのバスターミナルから30分程、2.0リンギで行くことができます。

観光を楽しみたい方は、特に行く必要はないかと思いますが、マレーシアを知るためには訪れてみるのもいいかと思います。
モール内には、日本に馴染み深いテナントが多く入っていました。

イオンモール、ユニクロ、ココ一番カレー、北海道ラーメン、などが目に入りました。
現地の人の日常の過ごし方を見る事ができます。
しかし、モールに関しては、市内にも大型モールがいくつもあるため、興味がない方にはお勧めしません。

20150719_11105120150719_112530
ジャカルタでは味噌ラーメンがなかなかないため、貴重な一杯になりました。本格的なラーメンです。


午後は、初日と同じくビーチで過ごしてビーチを満喫しました。

三日目は、市内を観光しました。
セント・ジョージ教会や、博物館、リトル・インディア、クー・コンシ等を巡りました。

ジョージタウン市内はそれほど広くはないため、どこに行くにも歩いて10分から20分ほどあればたどり着くことが出来ます。
しかし、炎天下での観光になるため、無料の市内巡回シャトルバスやタクシーもうまく使いこなせれば疲れずに回れます。

博物館では、ペナン島の歴史を学ぶことが出来ます。
街を歩いていると気付きますが、中華系、インド系、マレー系、西洋文化など、多くの文化が重なり合い、街を形成しています。
現在の街並みになっていく過程を博物館では知ることが出来ます。

20150720_112142


20150720_114007
20150720_11491620150720_114530

セント・ジョージ教会、博物館写真


また、クー・コンシ周辺には、お土産屋が多く、お土産を買われる場合は周辺をぶらぶらするのが良いかと思います。

また、シティホール周辺でトリックアート展も開催されていました。
20150720_131401
一人で回っていたため写真は少ないです。

ジョージタウン市内から空港へ向かうには、来た時と同じく、タクシーかバスになります。
こちらも料金は市内に来た時と同じです。
また、バスの場合はコムタのバスターミナルから向かうことになります。
※ターミナル内のバスレーンには、空港行きの案内表示がありませんでした。
バスレーンの5番にバスが停車します。行きと同じく『401』、『401E』が来たら乗車します。バスは30分に1本ほどで時間が読めないため、余裕を持って行動した方がいいです。


ペナン島では、地図がある程度頭に入れば比較的簡単に観光することができます。
今回の旅では、いわゆるメジャーなスポットにしか訪れなかったので、機会があれば、島内の違うビーチスポットにも訪れてみたいと思います。

一つの市内で多彩な文化背景、歴史を知ることができ、更にビーチスポットまであるため、一度は訪れることをお勧めしたいです。

 



レバラン休暇を利用し、マレーシアへ旅行に行きました。
 
行き先はクアラルンプール(KL)とペナン島に行ってきました。
今回はKLの旅行を振り返りたいと思います。

ジャカルタからKLまでは2時間かからない程なので、旅の疲れは感じませんでした。

航空券は、レバラン時期ということもあり、普段よりもかなり高かったです。

・レバラン価格
ジャカルタ(CGK) ~ KL 約13,000円(片道)

・通常価格
ジャカルタ(CGK) ~ KL 約5,000円(片道)

※どちらもエアアジア価格

今回は通常の2倍以上でした。
とはいえ、この金額で航空券を押さえる事ができるため、東南アジア諸国へは行きやすいと改めて感じました。


KLでは、空港の綺麗さに驚きました。
エアアジアを中心に多くのLCCも発着する空港なので、数年前に比べて環境が整っていました。
東南アジアの主要空港は年々きれいになっていますね。

また、空港から電車で市内に向かう際にも驚きました。
電車ホームや案内に日本語の表記があり、日本人の観光客に優しい駅でした。
インドネシアを含む他国ではそこまでは対応していないと思うので、KLには日本人が訪れる事が多いのだろうと感じました。

20150716_09111120150716_09132620150716_095042
カウンター、磁気チケット、案内表記


電車やモノレールではトークンで乗降します。

20150717_09145020150717_09143020150717_090948

トークン販売機、トークンと改札口、モノレール内


初日から、国立博物館やバトゥ洞窟、チャイナタウン、ブキット・ビンタン、などを巡り充実しました。

博物館は、その国の歴史を学ぶことが出来るため、自分の中での定番の観光コースです。
東南アジアの場合、第二次大戦時の日本の資料も展示されているため、日本との歴史のつながりを知ることもできます。

20150716_13260020150716_14014220150716_141834
博物館、ザビエル、中華・アラブ・マレー文化の説明


バトゥ洞窟は、ヒンドゥー教ゆかりの地です。
回っていて思ったことは、イスラム教のレバランのタイミングでなぜここをチョイスしたのか、、と一瞬思いましたが、仕方がないですね。

20150716_15240820150716_15202020150716_154423
バトゥ洞窟入口、???、洞窟内


チャイナタウンでは、日本人に人気のレストランがあるとのことで立ち寄りました。
味は確かにおいしかったです。ただ、油を多く使用しているため苦手な人もいるかと思います。

20150716_17234220150717_10282820150716_190633
汁なしワンタンメン、チキンライス、チャイナタウン

以下、4トラベルさんから詳細レストラン情報がわかります。
http://4travel.jp/overseas/area/asia/malaysia/kuala_lumpur/chinatown_kul/restaurant/


一日の最後にバーが多く立ち並ぶブキット・ビンタンに向かいました。
バーが立ち並ぶ通りは、屋台街から徒歩1分ほどのところにあり、どちらのバーも深夜2時頃までオープンしていました。
ハッピーアワーも充実していたので、お酒やバーの雰囲気が好きな方にはお勧めです。

20150717_19103820150717_19104320150717_191346



二日目は、セントラルマーケットやムルデカスクエア、ペトロナスツインタワー、を巡りました。

セントラルマーケットでは、お土産が充実しているため、お土産を購入する際に立ち寄るといいと思います。
チャイナタウンも近いため、そちらを含めてお土産を探すことが出来ます。

ムルデカスクエアは、独立宣言を行った公園や図書館、アートギャラリーなどの文化にも触れることが出来ます。
私自身は、当日、太陽がきつく公園内や周辺をあまり歩けませんでした。。

クアラルンプールといえば『ペトロナスツインタワー』という事で行って来ました。
せっかくなので、展望台まで上ろうとコンシェルジュに尋ねたところ、『ラマダンホリデーのためこの日は入場できません』との事。。
想定外の出来事により、チャンスを逃してしまいました。

20150717_12592520150717_13135820150717_133231

セントラルマーケット、独立宣言公園、ペトロナスツインタワー

 
残念な思いを抱きつつも、この後は歩き疲れたため、足のマッサージを受けその足でブキット・ビンタンのバーへ繰り出しました。
マッサージは、足マッサージが60分50リンギが相場のようです。
ジャカルタであれば120分コースの価格ですね。


これでKLの旅は終わり、三日目は早朝からペナン島へ移動しました。
ペナン島の日記は、別に書いていきたいと思います。

KLはペトロナスツインタワーに上れないというアクシデントがあったため、次回チャンスがあればリベンジしたいと思います。
また、マラッカへも時間の都合上訪れることができなかったため、次回はマラッカを巡る旅程にしたいです。


 

↑このページのトップヘ