現地採用日記・ブログ 海外 インドネシア・ジャカルタ

インドネシアでの日常、感じた事を記録していきます。

タグ:インドネシア

オリンピック真っ盛りですね。
日本にいれば連日オリンピックの話題で持ちきりなのかと思います。

個人的には、オリンピックを観たい気持ちはもちろん、今の季節といえばやはり甲子園は外せません。
また、先日3,000本安打を放ったイチローも奮闘しているメジャーリーグや、日本のプロ野球など、野球ファンからするとたまらない季節です。

インドネシアではどうかというと、オリンピックの話題がまるで出てきません。。
私の会社のスタッフだけたまたま関心が低いのかと思ったのですが、お客様に聞いてみると皆同じような反応なようです。
街中でもオリンピックを絡めたキャンペーンなど一切見かけません。

インドネシアのスポーツといえば、どちらかというと目立った活躍が残せていない種目が多いからかもしれません。
それでも、前回のロンドンオリンピックでも、今回のリオオリンピックでもメダルを獲得した種目があります。

それは、『重量挙げ』です。

私も意外に思いましたが、インドネシアではバドミントンと共に世界に通じる種目として認知されています。
前回のロンドン大会では男子が銀と銅メダルを獲得しています。
そして、今回のオリンピックでは、女子が銀メダルを獲得しました。

そうです、日本でも三宅宏美選手が銅メダルを獲得して話題になった種目です。
女子48キロ級という種目でしたが、一位のタイの選手はぶっちぎりでしたが、銀メダルを獲得したインドネシアの選手も三宅選手以下の選手よりいい結果を残していました。

ロンドン大会のインドネシアのメダルはこの重量挙げの二人のみだったので、インドネシアとしてはバドミントンと並んで毎大会期待できる種目という事ですね。

以下、じゃかるた新聞の記事ですが、インドネシアからは参加選手自体が少ないのも他の協競技がクローズアップされない要因かと思いました。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/30998.html

これからは、インドネシアの国民的スポーツであるバドミントンの競技が始まるので、国内でももう少し盛り上がりを見せるのではと思います。

インドネシアのスタッフと共に見守っていきたいと思います。(彼らが注目していればですが、、)


 

レバランも迫り、最近ではジャカルタ市内の渋滞が増えてきました。
ラマダンの時期でもあり、渋滞のタイミングはいつもよりも読めません。

渋滞は、ラマダンの時期に加え、ジャカルタ市内の要衝であるスマンギ交差点の工事が影響している事もあります。 
将来の渋滞緩和を目指す工事と目されています。
工事自体は4月から始まっていましたが、車線制限が最近では始まったため、より渋滞を加速させています。

以下、じゃかるた新聞によるスマンギ交差点の記事です。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/29493.html

また、ジャカルタ市内だけではなく、工業団地へ向かう高速道路でもその影響が出ています。
ラマダン期間は、断食の時期なので、イスラム教徒のドライバーは朝から何も飲み食いしていない事もあります。

その影響なのか、毎日のように高速道路にて交通事故が発生しています。
体感的には平時の2倍以上の発生率に感じます。。

事故の原因は定かではありませんが、運転手の居眠りが有力ではないかと勝手に予想しています。
朝から早起きをしてお祈りをして、日中は何も食べずに過ごしているため、集中力や体力が奪われていると思われます。

約30キロ程度の距離に3時間近くかかる事はざらです。

30キロといえば東京を基準にすると、横浜、大宮、柏、幕張などが私のイメージです。
この距離に3時間かかると考えると恐ろしいですね。

もう数日でレバランを向かえ一時帰国なので、頑張りたいと思います。

インドネシアの伝統衣装のバティック柄の衣類がユニクロから発売されるようです。
以下のURLは、じゃかるた新聞からの記事です。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/30191.html

バティックはインドネシアの伝統衣装で、特別な日や正装が必要な日に着用されています。
日頃の衣類として、シャツの代わりにバティックを着ている方も多いです。
日本ではクールビズが夏の定番となってきていますが、常夏のインドネシアではジャケットを羽織らなくて済むバティックの存在は有り難いです。

そんなバティック柄の衣類が日本を始め、多数の地域で販売されるという事なので楽しみです。

どの国の文化でも広く他国に知られることは良いことだと思います。
 
今回のバティックに留まらず、各国の民族衣装とコラボして欲しいと思いました。 

昨日でインドネシアで働き始めて丸2年になりました。
この2年はあっという間の2年でした。
今思うことを書いておこうと思いましたが、パッと思うことがありません。。

仕事では、スタッフとのコミュニケーションも違和感なく働けています。
結果は出てきているので、やっとこれからやりたい事が出来てくるのかなと思っています。 
特に、以下の2つは常に考えて動きたいと思います。


・ノルマの達成
(個人の営業数字はもとより、任されているチームの数字の達成が大切なので、チーム全体を考えて仕事をしていきたいです。日本ではただのプレイヤーでしたので、プレイングマネージャーは楽しいです。)

・仕事の効率化
(毎日の仕事に慣れてしまい気にしなくなってきてしまいましたが、日常の業務の中で改善できるところがまだまだあります。マンパワーに頼っている部分もあるので、システム化して運用していきたいと思います。)


正直、2年ではやっとインドネシアに馴染んで結果が見えてくる時期だと思いますので、インドネシアに限らずどの国・業界・立ち位置でもこれから、というタイミングだと思います。
まだまだやらなければならない事が多く、インドネシアでの生活も長くなりそうです。


プライベートの時間でもやりたい事がたくさんあります。


・最近妥協しているインドネシア語の勉強の再開
(会社か自宅でレッスンを受けるための先生を探す事から始めたいと思います。)

・ゴルフの上達
(練習はしているのですがスコアが、、)

・月に5冊の読書の継続
(最近は帰任される方に譲ってもらうという術を覚えたので積ん読を減らしたいです。読書はなんだかんだで順調に消化出来ています。)

・そろそろインドネシア国内旅行に行ってみる
(2年もいるのですが、バリ島にさえ一度も行った事がありません。。)

・ASEAN諸国制覇
(この2年で、シンガポール、マレーシア、タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナムに行きました。フィリピンには英語留学で住んでいたので残るはブルネイです。なぜか東ティモールに行こうと誘われているので、ブルネイではなく東ティモールに行くほうが早そうです。)

・インドネシアで投資を始める
(インドネシア国内で小額から株でも始めてみようかと考えています。預金だけでも5%以上あるため十分かと思うこともありますが、せっかくなので勉強してみたいと思います。)
 

こうやってやりたい事を書いているとキリがないですね。
最近感じる事は、やりたい事が多すぎるのでSNSを見る時間など、無駄な時間を削る事も必要だと感じるので、取捨選択を考えなければいけないと思います。


この2年を振り返ると、毎日が充実していると感じます。
これからも2年、3年と充実させられるように毎日を必死に・楽しく生きていきたいと思います。
 

来週からラマダン(断食)がスタートします。
それに伴い、会社でもラマダン時期恒例のラマダンに合わせた就業時間となります。

通常は8:00から17:00ですが、7:30から16:30となります。

お祈りをして太陽が出る前に断食を始めるイスラム教徒に合わせた時間設定です。
サマータイムのようなイメージですね。

また、最近は、レバラン(断食明け大祭)が迫っているせいか、窃盗や泥棒に入られた話をよく聞くようになりました。

毎年恒例ですが、レバラン前には犯罪が多く発生します。

・お腹がすいて殺気立つ
・レバランで田舎にお土産を買って帰る

など、ならではの出来事が起こります。

そんな中、工業団地内の工場にも銃を持った窃盗が押し入るなどの事件が発生しています。
詳細を聞いてみると物騒な事件もあるので、この時期は無難に過ごしたいと思います。

↑このページのトップヘ