現地採用日記・ブログ 海外 インドネシア・ジャカルタ

インドネシアでの日常、感じた事を記録していきます。

タグ:渋滞

明日からは、奇数・偶数ナンバー規制という渋滞緩和策が試験的に始まります。
こちらの規制は、今年廃止された3in1制度に変わる規制となります。

詳しい詳細は、以下のじゃかるた新聞のサイトから確認できます。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/30827.html

こちらは、試用期間(一ヶ月)の成果をみて正式に導入されるようです。
ジャカルタ中心地にて実施されます。

将来的なERP(電子課金システム)制度までの繋ぎの施策として実施されるようです。
ERPに関しても上記URLのじゃかるた新聞記事に記載があります。

こちらに関しては、どこまで効果が上がるのかは実施してみなければ分かりません。
しかし、効果が薄いという話は耳にします。

・お金持ちはそもそも車を2台以上所有していて奇数・偶数に合わせて使い分けることが出来る。
・ナンバープレートが安価で売りに出ている。(付け替えもドライバー一つで変えられるレベルです)
・そもそもこちらの制度が知られていない。

という状況です。
最初の一ヶ月の試用期間であまりにも多くの人が気にせず通勤をすることにより、導入見送りの可能性もあります。

ただ、渋滞緩和政策のために色々実施してみる事には賛成なので、試験的でもいいのでどんどん試してみてほしいと思います。

ちなみに明日は奇数日なので、下一桁が奇数のナンバーの方は気をつけましょう。
試用期間は注意だけで済みますが、注意のための渋滞が懸念されます。
明日はジャカルタ市内での渋滞はいつも以上になることが間違いないかと思います。


今回は、久々の更新となってしまいました。
レバラン休暇、プライベートでの出来事、仕事など、バタバタしていた一ヶ月でした。

今後はもう少し更新出来るようにアンテナを張っていきたいと思います。 

レバランも迫り、最近ではジャカルタ市内の渋滞が増えてきました。
ラマダンの時期でもあり、渋滞のタイミングはいつもよりも読めません。

渋滞は、ラマダンの時期に加え、ジャカルタ市内の要衝であるスマンギ交差点の工事が影響している事もあります。 
将来の渋滞緩和を目指す工事と目されています。
工事自体は4月から始まっていましたが、車線制限が最近では始まったため、より渋滞を加速させています。

以下、じゃかるた新聞によるスマンギ交差点の記事です。

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/29493.html

また、ジャカルタ市内だけではなく、工業団地へ向かう高速道路でもその影響が出ています。
ラマダン期間は、断食の時期なので、イスラム教徒のドライバーは朝から何も飲み食いしていない事もあります。

その影響なのか、毎日のように高速道路にて交通事故が発生しています。
体感的には平時の2倍以上の発生率に感じます。。

事故の原因は定かではありませんが、運転手の居眠りが有力ではないかと勝手に予想しています。
朝から早起きをしてお祈りをして、日中は何も食べずに過ごしているため、集中力や体力が奪われていると思われます。

約30キロ程度の距離に3時間近くかかる事はざらです。

30キロといえば東京を基準にすると、横浜、大宮、柏、幕張などが私のイメージです。
この距離に3時間かかると考えると恐ろしいですね。

もう数日でレバランを向かえ一時帰国なので、頑張りたいと思います。

11月からは、インドネシアは雨季に突入します。
11月から4月までは雨季となります。

雨季を告げるように、昨夜と今朝は雨が久しぶりに強く降りました。

予想通りではありますが、雨の影響で朝から渋滞が酷かったです。
通常時でも渋滞はひどいですが、雨が降り出すと全く予想がつかない事態になります。

いつもはバイクで通勤する人が雨の影響でバスや電車などの公共交通機関を利用したり、雨を避けるためにタクシーを利用する人も増えるため、雨のジャカルタは大変な渋滞となります。

日本の雨季では、台風やゲリラ豪雨がイメージされますが、こちらは、スコールが降ります。
比較的に、早朝か夕方のみのケースが多いため、一番コアな活動時間にはあまり影響しない事が多いです。
しかし、雨量が多いと、洪水を引き起こし、雨が降っていなくても通行止めが発生し、渋滞を引き起こす要因となります。

雨季は好きではありませんが、渋滞と闘っていきたいと思います。 




今日は、アポイントが多く一日中外回りでした。
 
インドネシアでは、渋滞が当たり前なので必然的に車の中で過ごす時間が多くなります。
私は営業のため、基本的に車内ではメールの返信、資料の作成等の仕事をしながら渋滞の時間をつぶしています。

ジャカルタで仕事をする上で大切な能力の一つに、『車酔いしない』という事も大切になると思いました。

ただ座っているだけでは酔わない人も、本を読んだりスマホやタブレットを見ていると酔ってしまうこともあるかと思います。私のように仕事をするケースも、当然酔ってしまう可能性があります。

渋滞で2時間から3時間、車の中で過ごす事は日常茶飯事なので、それぞれの時間をつぶす方法を持っていないと時間がもったいないです。

知り合いの中には、車の中で仕事をするとすぐに酔ってしまい体調を崩してしまう方もいます。

目には見えない条件ですが、車酔いしない、という条件はジャカルタ生活に必要な要素かと思います。

日本では気にしたことがありませんでしたが、地味に大切なことだと感じました。
 

ここ二日前程から、交通渋滞に拍車がかかっています。

渋滞が日常茶飯事のジャカルタですが、今の時期はますますひどい状態です。
距離にすると5キロ程の目的地まで1時間30分かかる事もあります。

今日は、工業団地からジャカルタまでに3時間30分かかりました。(工業団地からジャカルタ市内までは約40キロです。)
単純に時速12キロ程で進んでいたことになります。。

今はレバラン前なので、ジャカルタ近郊に住んでいる居住者がジャカルタまで買い物に押しかけているようです。
何かイベントがある度に家族・親戚で集まるため、渋滞に拍車を掛けています。

昨年のクリスマスから年末年始の大型連休前日は、 ジャカルタと工業団地の移動に約5時間かかりました。
知り合いの中には7時間かかったと言っている方もいました。40キロの距離で7時間など、日本では考えられません。

人口が増加していて、交通インフラの開発が止まっているので、日々、渋滞が悪化しています。
世界三大渋滞都市に、ジャカルタ、バンコク、メキシコシティーが上げられていますが、メキシコシティーには行ったことがないためわかりませんが、バンコクにはBTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)が整備されてきているため、ジャカルタに比べ、渋滞は多くありませんでした。(それでも十分多いのですが、、)


レバラン休暇前日は、移動がない予定を組みたいと思います。 

↑このページのトップヘ