名刺代わりに~指数CFDの手数料はスプレッドのみ

確率約50%のはずなのに・・・指数CFDでの手数料であるスプレッドなどを紹介!(株式投資と変わりません~ご安心を。)

指数CFDに限らず上か下か? 確率約50%のはず・・・

名刺代わりに~、何と言っても‘指数CFD’を勧める!
それはさておき、意外に考えることがないのが「確率約50%のはず…」ということ。
まったく情報の無い赤ちゃんがやったって同じなのです。

指数CFDに限らず、本来は上か下か当てるだけで確率の部分でいえば簡単です。(赤ちゃんでも儲かる可能性は大きいはず。)
ところが大人達が50%以上の確率で儲けられていないのはなぜか。
赤ちゃんと比較するとわかりやすい、名刺代わりに。
決定的な違いは、まったく情報が無いということ!

赤ちゃんの場合は、サイコロで「奇数が出るか、偶数が出るか?」と近い感覚だ…これを簡単に名刺代わりに紹介しておくと~
「確率約50%」というのは、もちろん単なる確率論で、言ってみればCFDに投資した人々の平均値(儲かる確率)みたいなもの。

サイコロの話で言えばだ、ずっと‘奇数か偶数’のどちらか一方に絞って、ずっと同じ予想する必要がございますよ。(投資などで言うと、‘上か下’)
そうすれば、(確率論として)当たる確率が約50%になる理屈。
ここでは「サイコロを何回も振る~」ということが条件。
何回もやるほど確率は50%に近づく理屈です。

サイコロの話を出したのは、サイコロを振る時に特別なテクニックや事前情報はまったく無いから。

つまり、大人だろうが赤ちゃんだろうが、何か事前予想をしたり出来ませんし、妙な情報もありません。「ただサイコロを振るだけ」

こういう状態で何回もやっていれば、確率50%近くになります。
大人達と赤ちゃんの違いおわかり???名刺代わりに紹介しておくと~。

お気づきかと思いますが、大人達のやる指数CFDでは…
「ダウが7ヶ月ぶり高値」「鉱工業生産が予想を上回った」「失業率が前期より改善」「買われすぎ」「そろそろ下げそう」などなど・・・
ニュース記事やあなたの感覚などが入り込みます。
これらによって、儲かる確率が50%未満に下がってしまう大人達が多いのが現実なのです、指数CFDに限らずーーー


「でも、これらって、情報のスピードや精度が低いからでは?」
私も初級者の頃はそう思ってました。
大昔はパソコンも無く、重要なアメリカの指標ニュースなども、数時間後や翌日の新聞で知るしかなかった。。
その後、三十秒とか一分後にキャッチ出来るまでに。
この頃になると私も、「これで環境は整った。今までより確実に儲かるぞ!」
という感覚があったのを覚えています。


しかしながら、確率は特に上がりません。。よく考えれば当たり前!
「鉱工業生産が予想を上回った」と言っても上がるとは限らない。

‘その時、割高か割安か?’

これが捉えられなければ、指数CFDに限らずどんなに情報を持っていても意味は薄い。
‘割高状態’ならば、良いニュースが出ても反応無かったり、もしくは下がったり…
‘割安状態’ならば、悪いニュースが出ても反応無かったり、もしくは上がったり…

「では、名刺代わりに~指数CFDの手数料はスプレッドのみ! の見解は???」
二点あります!

☆指数CFDの過去のデータ(平均値など)をじっくり見る
☆大損するパターンを知る

よくわからない…指数CFDでの手数料であるスプレッド!

名刺代わりに~指数CFDの手数料!
それは、スプレッドです。
ここでは簡単に私の名刺として、よくわからないあなたを対象にご説明するゆえ大雑把となるが・・・

スプレッドとは買値と売値の差。
たとえば名刺代わりに紹介しておくと、指数CFDのダウで~~~
売り:10395.2
買い:10397.8

(※これは時間帯や出来高により変動する。)

あなたが売りの場合は、10395.2にて新規に売るわけです。
仮に、そこですぐに決済(買い戻す)とすれば買取価格は10397.8。 おわかり?買値と売値の差。

競馬だとか宝くじと同じような感じで、取引した瞬間にもう手数料はすでに取られているわけだ。
競馬場にはあなたお一人!
12レース全部で全目を買ったら、毎レース当たる。
よって本来ならばプラスマイナスゼロのはず…
しかしながら、マイナスだこれは。。。(笑)


スプレッドは馬鹿高いものでは無いが、これが名刺としての指数CFDにおける手数料です。
(さらに買いの場合は1日越えで利息を取られるので注意しましょう。)

スプレッド以外に手数料的なものは存在せず。
ハッキリいくら?と決まってないのがよくわからないことでしょうけど…
-------------------------------------------------------------------------------

指数CFDへの投資に至るまでの名刺代わりのプロフィール♪とでも言おうか、私の大馬鹿人生をば紹介。
さらに指数CFDってどのように投資するのか?
(こちらはその期間やタイミングで変わるようです。これは株式投資などと変わりません。)

指数CFD~ならびに名刺交換? 
たとえばNYダウなどの「指数CFD」を取引する。 名刺として紹介すれば手数料はいりませんから・・・そしてまた名刺デザインならおしゃれなのにハッキリとご説明して~あなた独自の考えが必要です!
(確率約50%のはずなのに。)

お恥ずかしいのだが名刺として紹介すると~私の最大損失は四十万ほど…

お恥ずかしいのに名刺として!?紹介するのもなんだが、、指数CFDでの私の最大損失は四十万ほど。
数時間でよ。。。文句あります? (笑)
正直、各国経済などまで読めるようになり、上級者と思っていた私がこの有様。ダサい、これはおしゃれじゃない…

名刺として紹介すると、あの…理由は簡単で、、、
ついつい一発勝負に出てしまうから。こだわった名刺デザインならばおしゃれなのに色なども…
もちろん、その一発が当たれば~綺麗に大金持ちになれるが、ハズレるのよこれが!(笑)

結果論にはなるが、その危ない一発勝負さえしていなければ、ずっとプラスだ。
貯まった利益を、ある一瞬に吐き出してしまっている形。。
(このように、冷静に自己分析出来るにも関わらず~何度も繰り返す私は最大損失は四十万><)


あなたはロスカットができない!
とつっこまれそうだが、それには異論があるぞ。

あなた達のスタンスによるが、短期間でそれなりの利益としたいのならば、厳しいロスカットは厳禁。それでは連敗に拍車をかける可能性。
競馬で言えば~3レース目でボロ負け状態で、そのまま帰宅する形です。
勝つまでやらないと、勝てませんーーー(笑)


☆お恥ずかしいのだが、、名刺代わりに分散する方法?☆
おしゃれに指数CFDを楽しむには?? 一度に大金を入れないこと。
名刺デザインでのスタンスとしておしゃれなあなたは五十万円あって、値上がり予想にて全部投資してしまう。。
指数CDFのダウは現在10200。 (10300まで上がると予想~~)
そこで予想どおり上がればラッキーだが、下がったらどうでしょう?
(私の名刺デザインのイメージだが☆「下がったら…」の時の対処こそが重大)


20%下がれば、十万円の大損状態。もちろん、そのまま上がりを待つのもありでしょうが、精神的に耐えられるか??
仮にだ、五分の一にしてみよう!
当初の10200で十万円を投資します。
10150に下がり、そこで二度目・・・

このようなことを買い下がり~~
と呼び、「やっては駄目」なおしゃれじゃないやり方として有名だ。
しかしながら、最終的に大損しなければ良し。(あるいは儲かれば良し)

なによりも買い下がったら取得価格が安くなっている。
10200で一度に五十万円買うより~10150/10120/10060… などと取得価格を安くしていけば、ドンドン下がったとしても最終損失は減る。
しかも予想通り上がったら儲けが増える。

買い下がりの欠点は一つ。大幅下落のみです。 ここは注意して下さい。

さて、、綺麗にやりたい名刺代わりに~ 勝つまでやらないといけません。
しっかりとした、おしゃれな名刺デザインのようにーーー
こちらは「名刺デザイン」にこだわったお店です。(最終的に名刺ハウスは良いものを作成します~)

同時に…以上のことが出来ないあなた~大きな利益としたいのならば!名刺代わりに~指数CFDの手数料など。ということで。

なぜ私が指数CFDのダウを中心に投資しているか…

ほとんどが「指数CFDのダウ」に投資している私! あとはSP500だとかユーロ50など・・・
指数ばっかり^ ^
CFDには~日本や世界の個別株そしてETFもあるのだが。。
どちて?

なぜなら方向性が読み良いのと、指数CFDの手数料がスプレッドのみで安いからです。簡単に言えば~リスクが低い。
個別株などは流動性が低く、臨機応変に動き回れない。それだけでも危ない。
その上、その会社のある人間が悪いことでもすればそれで駄目だ。おしゃれとは決して言えない名刺デザイン。
そんなものあなたには予想不可でしょう。。

ところが、指数CFDですと細かいことではビクともしない!
特にダウなどは世界最大級なわけで(正確にはSP500のほう)、私でもわかる大きめのニュースでしか動かない。
つまり、予想不可というほどの細かいことを考えなくて良いわけだ。
(指数なら~倒産もないし^ ^)

それと流動性。
これは取引量のことで、相場が賑わってるかどうか? ね。
流動性が低いとそもそも売りたい時に売れないし、買いたい時に買えなかったりするから恐怖。
当然ですが、あなたが売りたくても買う側がいないと~売れない状況が続いてしまう。。
逆に指数CFDのダウだと取引量が大きい。つまり流動性が高い。
ダウならやりたい時にやれるわけです。

あと指数CFDの手数料はスプレッドのみ・・・