トップページ » 2004年11月
2004年11月

インフルエンザ

インフルエンザは、この時期から流行りだす、
ウィルスによる病気です。
近年の医学は、対処は勿論のこと、
予防という観点から、さまざまな研究がなされ、
私たちの生活に役立っています。
というわけで、今日、
インフルエンザワクチンの予防接種を受けました。
転ぶかどうかはわかりませんが、
「転ばぬ先の杖」でしょうか。
(決して転びたくはありません!)

私が高校球児だった頃は、
マラソンやテニス等の試合途中での水分・栄養補給、
水泳選手以外のスポーツ選手の水泳奨励、
運動後のクールダウンのあり方等々、
今の常識とは程遠いことが叫ばれていました。

考えてみればそれを、「進化」「進歩」と呼ぶのでしょうが、
後になって振り返ってみれば、
今とは違ったたくさんの常識、通念があることでしょう。
そして、それに連なる、
無限の未知の領域は、私には計り知れません。
ただ、この世には「不滅」のものも存在します。

明日のコンサートの練習を、先ほど終えました。
今いる自分を実感しつつ、
今しか、そこでしか味わえない、
喜びや楽しみに期待を膨らませつつ、寝床に入ります。
明日は、どんなコンサートになるのか楽しみです。

明日の私が、
「退化」ではなく「進化」できるよう希(ねが)います。

沖田孝司my_heart4444  at 23:50コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

第2弾CD

マイ・ハート弦楽四重奏団の第2弾CD発売に向け、
いよいよ、最後の直線コースに入るべく、
準備を進めています。

曲目は、
モーツァルト:弦楽四重奏曲「狩」と
シューベルト:弦楽四重奏曲「ロザムンデ」という、
ともに、「音楽の都」と呼ばれるウィーンに暮らした、
早逝の大音楽家の作品です。

同じ譜面を演奏しても、
さまざまな形、色、雰囲気、ダイナミック等があり、
ひとつとして同じものはありません。

私たちはいつも、
世界文化遺産と呼べる音楽を、
私たちなりの「言葉」で語りたい、
私たちの「音」で綴りたいと思っています。
しかも「よったり」(四人の意:広島弁)で。

三人寄れば文殊の知恵」と云いますが、
さて、四人ではなんとなるのでしょうか。


沖田孝司my_heart4444  at 23:52コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

福山市内海町

今日は、福山市立内海中学校にての、
「第34回内海教育を考える会」における、
トーク&コンサートでした。


2003年2月3日より福山市に合併した内海町は、
田島・横島からなる自然豊かなアイランドです。
穏やかな海、釣りに勤しむ人。
山育ちの私には、ある種の別世界です。
残念ながら、
合併前の内海町には行ったことがありませんでした。

数年前まで86市町村あった広島県は、
現在、53市町村です。
まだ、私が演奏でいったことのない市町村は、
残り7町村です。

広島には、海もあり、山もあり、
そして、カープがあり、サンフレッチェがある。
そのうえ、我がマイ・ハート弦楽四重奏団もと、
云ってもらえるようになりたいもんです!

沖田孝司my_heart4444  at 23:53コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

よくも、まあまあ。 

人はいったい、一生のうち、
何人と出会うことができるのでしょうか。
そして、その中から、何人と「縁」が結べるのでしょうか。

今日は、不思議といっぱいの人に再会しました。

まずは、近所の保育園の「秋祭り」にての、
教職員・保護者・友の会の方々。(私も友の会のひとり)
そして、障害児支援サークル「ひなたぼっこ」のみんな。
(毎年この時期に、ボランティアコンサートを開催。
 なんと今年で5回目ですって!)
夕刻に演奏に行った、とある懇親会での皆さん。
それと、その前に偶然にも立ち寄ったアルパークでの、
この日のクリマスコンサートに出演していた、
広島三育学院のハンドベル、聖歌隊のみんなと先生方。
仕上げは、長男が在籍していた県立高校硬式野球部の、
同学年の保護者達による忘年会でのみんな。
おまけは、その場から帰ろうとしたとき、
偶然にも近くに座っていた、
私の出身高校の同級生の女性3人組。

よくも、まあまあ。

近いうちに、宝くじでこのような場面に出くわすかも?  
(きっと、ナイナイナイの大合唱でしょう。)

沖田孝司my_heart4444  at 23:54コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

まだ途半ばです。

今日は、中野公民館での乳幼児学級(乳幼児と母親)と、
広島学院翠江会東部支部地区会(保護者会)に出演。

無邪気な乳幼児が、
いつのまにやら青春の門をくぐり、
人の親となり、子の心配をしつつ、
「自分の夢はどこいった。」と問いかける。

そんなそれぞれの時代を目の当たりにした1日でした。
沖田孝司46歳。
まだ途半ばです。

沖田孝司my_heart4444  at 23:56コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

広島三次会

神戸から無事帰ってきました。
来週開催される、
神戸女学院大学音楽学部定期演奏会の練習でした。

12月の神戸では、「ルミナリエ」という光の祭典があります。
広島では、すでに平和大通り等のライトアップもされ、
基町クレドふれあい広場には、
クリスマスツリーも登場しました。
12月23日(祝)には、その広場において、
広島の冬の風物詩=「ひろしまクリスマスキャロル大合唱」
があり、みんなで声を、夜空に響かせます。
皆様には、近々に、ご案内できると思いますし、
12月23日をチェックしておいてください。



すぐそこに忘年会シーズンが来ていますが、今晩は、
「広島三次会」(広島に住む三次出身者の集い)例会があり、
久方ぶりに、故郷に思いを馳せ、三次を満喫しました。
三次市は、4月1日、周辺7町村と合併し、
現時点では、広島県内で最も広い面積を有しています。

遠くにあっても、近くにあっても、故郷は良いものです。


沖田孝司my_heart4444  at 23:57コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

お休み・・・?今日は嫁です。


今日は、旦那さまが神戸に行ったので、
嫁は、家の大掃除に大忙し!
もう今年も終りよね・・・って気がしますね。

沖田孝司my_heart4444  at 23:58コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

マイ・ハート・ビタミン・コンサート

呉市焼山にある、
介護老人福祉施設(特養老人ホーム)「コスモス園」にて、
音楽にのせてビタミンを届ける
「マイ・ハート・ビタミン・コンサート」を開催しました。
年間、約十数回の私(ヴィオラ)と家内(ピアノ)による、
出前ボランティアコンサートのひとつです。
ここのところ毎年、
11月23日(勤労感謝の日)に伺っています。
「楽しみにしていました。」から始まり、
「また、来年お会いしましょう。」で締めくくりです。
ヴィオラで聴く懐かしのメロディーも、
なかなか良いものですよ!!

沖田孝司my_heart4444  at 23:59コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

今日は「いい夫婦」の日

今日、11月22日は、誰が言ったか知らないけれど、
「いい夫婦」の日だそうです。
ドイツでは、11とか22とかいうゾロ目を、
「シュナップス・ツァーレン」といい、
縁起のいい数字だそうです。
(「シュナップス」はウォッカのような強い酒。
 「ツァーレン」は数のこと。)

今、鑑みるに、

  思えば、遠くへ来たもんだ。(でもないかな?)
  奥様、いつもありがとう!!!

沖田孝司my_heart4444  at 23:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

穏やかな日曜日でした。

午前中は、私の住む広島市安佐北区高陽地区における、
第18回高陽地区青少年健全育成意見発表大会に、
5名の講評者のひとりとして参加し、
小学生9校16名、中学生4校8名の意見発表を聞きました。
(主催:高陽地区青少年健全育成連絡協議会)
みな、しっかりした目と耳と五感を持ち、
はっきりとした意見を、正々堂々と発表してくれました。
頼もしい限りです。

午後は、広島から海を渡り、目と鼻の先の、
江田島市は最北端に位置する、切串中学校にお邪魔し、
生徒、教職員、保護者、地域の方々に、
「私の貯金箱」というテーマで、トーク&コンサートをしました。
海辺のほのぼのとした学校であり、雰囲気でした。

沖田孝司my_heart4444  at 23:01コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!