トップページ » 2008年05月
2008年05月

帰宅

京都から新大阪経由で、広島へ帰りつきました。


いろんなことを体験し、
いろんなことを考えさせられた京都での3日間でした。


また今朝、
田中千香士先生より直々にお話があり、
近いうちにお会いして、
もう一度、ゆっくり話ができればとのことと相なりました。
(何を隠そう、私の今後のことです。)


自宅へ帰った安心感がいっぱいの早くない午後、
近所の高陽東高校へ、
彼の学校硬式野球部と息子の学校硬式野球部の練習試合を、
少しばかりの間でしたが観戦に出かけました。


高陽東高校では昨年、
全校生徒に対し、
講演と演奏をさせて頂き、
それ以来、
野球部監督とも親しく話をさせて頂いております。
しかも試合を見てびっくりしたのですが、
近所の子がなんと、
背番号「2」を背負った中心選手になっていたのです。


なんだか、彼の高校がもっと身近になりました。
が、応援したのはもちろん息子の祗園北高校です。


実は監督同志が、
広島商業硬式野球部の先輩・後輩という関係でもあり、
同じ県立高校同士であり、
創立もたまたま同じ年であり、
これまでは練習試合は組まれてなかったようですが、
これからもっと、
お互いに切磋琢磨できる関係となればと願っています。
(高陽東高校はすでに甲子園出場を果たしており、
 また、今年の春季県大会準優勝という強豪校です。)


しかし、高校野球は「いいっす!!!!!」


ですがもし、
もう一度私が高校時代に帰れるとしたら、
野球をやるかどうかは・・・・・?
音楽の道に進むかどうかは・・・・・?

沖田孝司my_heart4444  at 23:51コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

京都本番

さてさて今回は、
「ちかしアンサンブル」のコンサートに出演するため、
京都にやって来てました。


今日がその本番の日。
「アルティ」という京都御所の裏側に面した、
別の呼び方だと「京都府民会館」という、
なんとも云えな立地場所、雰囲気を持つ会場でのコンサートです。


そして今回は、
指揮者である「田中千香士」(たなかちかし)先生を慕う、
弦楽器奏者群のコンサートなのです。


曲目は、
前半がモーツァルトの「ディヴェルティメント」3曲、
後半がチャイコフスキーの「フィレンツェの思い出」弦楽合奏版。


ゲネ・プロ(最終会場練習)より、
座らねば演奏できないチェロを除き、
全員、立っての演奏となりました。


ほとんど満員の観客を前に、
千香士先生の下、
全てを出し切ろう、
ベストを尽くそう、
みんなで一緒に音楽をしようと、
心ひとつの演奏ができように思います。


終了後の打ち上げは笑顔・笑顔・笑顔・・・。


またまた、素敵な思い出ができました。


とともに、
私の伴侶であるヴィオラと、
もうひと踏ん張りも、ふた踏ん張りもしよう・したいという気持ちが、
体の中からこみ上げてきました。


「千香士先生、ありがとう!」
「皆さん、本当にありがとう!!!!!」


沖田孝司my_heart4444  at 23:48コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

京都2日目

今回の京都での宿泊先は、
「マイ・ハート」の仲間であるチェリスト雨田氏邸です。
京都市の桂坂という緑多き地にあります。


今日の練習後、
私はそそくさと大阪へと向かいました。


というのは、
私の友人が来日し、
今宵は時間があるというので、
「夕飯」でもという話になったのです。


その友人というのは、
フランクフルト放送交響楽団のメンバーで、
ドイツの音大時代と就職先のオーケストラも一緒だった、
スヴェンというクラリネット奏者
とても気のいい、仲の良い親友です。
彼の奥方も私の「ご学友」で、
ドイツにいた時、
彼らの結婚式に招待されたのですが、
私のスケジュールが合わず、
泣きの涙で参加できなかった思い出があります。
(フランクフルト放送交響楽団(ドイツ)は、
 昨日、中国での北京・上海公演を終え来日し、
 明日が、大阪で今回の来日1回目のコンサート)


結局、
フランクフルト放送交響楽団が来るたびに会っている同僚と、
やはり、
ドイツの音大時代の友人で、
大阪センチュリー交響楽団ファゴット奏者の宮本氏の合計6人で、
シックな居酒屋「坐・和民」(ざ・わたみ)で、
楽しい一時を過ごしたのでした。


もちろん(残念ながら?)、会話はドイツ語!


言葉が通じているのかどうか自信はありませんが、
間違いなく、
ひっちゃかめっちゃかかと想像しますが、
楽しい笑い声の絶えない一時(3時間)でした。


最後に私が注文し、
みんなで頬張ったのは「特製餃子」と「特製皿うどん」。


彼らのとり、
あの味と食感は初めてだったようで、
熱燗も含め、大満足の夕食会でした。


そうそう、
ドイツでも「回転寿司」は普及しているそうで、
「スシ・サークル」(直訳すると「スシの輪」)と呼ばれ、
人気もあるようです。


前回、
日本で再会してからはや3年の月日が経過しているとのこと。


時間の流れの早いことに今更ながら驚きつつ、
次回の再会を楽しみにと、
抱き合い、
肩を叩きあい、
ほっぺにチュッとして別れました。

沖田孝司my_heart4444  at 23:31コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

京都

京都に来ました。


私がお世話になった田中千香士(たなかちかし)先生という、
ヴァイオリニストで、
元NHK交響楽団コンサートマスターで、
元東京芸術大学教授がいらっしゃいます。


私は東京音楽大学時代、
彼の奥様に師事しており、
冴えない私ながら、いろいろと気に留めていただいておりました。


その私が大学卒業前、
「同じお金を使うのなら、外国に行って勉強すれば。」
というアドヴァイスを頂き、
「役には立たないかもしれないが」と言いながら、
推薦状を書いてくださった方でもあります。


その先生の弟子やゆかりの人が集まって、
この度、コンサートを開催する運びとなりました。


今日より、
私もその中の一人として、
先生の指揮のもと、
「ちかしアンサンブル」と銘打った弦楽オーケストラに馳せ参じております。
5月28日(水)練習
  29日(木)練習
  30日(金)ゲネプロ(最終会場練習)+本番という日程で、
「アルティ」という京都府民会館がコンサート会場です。


そのため、京都にやって来たのです。


久しぶりの京都、
久しぶりの大人数での演奏です。


さてさて、本番が楽しみです。

沖田孝司my_heart4444  at 23:21コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

お別れパーティー

4泊の滞在とのことですが、
広島市の姉妹都市ハノーファー市長使節団が、
明日早朝、
成田経由でドイツに帰国されます。


その前に、
ゆかりのある人が集まり、
青少年交流40周年、
姉妹都市提携25周年を祝うとともに、
その「お別れパーティー」が半兵衛庭園で開催されました。


実質、
3日間の実働だったそうですが、
3週間位に感じていますとハノーファー市長。


両市の交流は、
表面的な、
事務的な交流ではなく、
心の通い合った、
本当に素晴らしいものと確信したとハノーファー市長。
(彼の広島訪問は、
 最近の市長就任以来初めてであり、
 もちろん日本も初、
 その上アジアも初めてだそうで、
 訪問前に抱いていた期待を裏切ることなく、
 いや、それ以上に大きな成果があり、
 今後に豊かな希望を見い出したとのこと。)


しかし、40年です。
初期に交流した子どもたちは、とっくにいっぱしの大人です。


「継続は力なり!」


お別れに、
私たちマイ・ハート弦楽四重奏団のCDをプレゼントしました。


いつか、ハノーファーの地にて演奏することを夢見て!!!!!
(実は以前、話はあったのですが・・・。)

沖田孝司my_heart4444  at 23:20コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

フルムーンパス

5月24日より使い始めた「フルムーンパス」。(5日間用)


なかなかのものです。


時間にゆとりがあれば、
1年に1回くらい、
憧れの「旅行」をしてみたいと思わせてくれるツールです。
(もちろん、
 残念ながら(?)、
 夫婦2人で使用するという大前提があり、
 ひとり気ままにとはいきませんが・・・。)


今日は、
家内の実家の大分に、ヴィオラの練習に行きました。
用事もあったのですが、
私は、
28・29日が練習で、
30日が本番という京都市にてのコンサートに出演するので、
ヴィオラを担いで、
家内の実家にて、その練習して帰ってきました。


「フルムーンパス」は、
新幹線「のぞみ」には乗れませんが、
座席指定ができ、グリーン車が使えます。


「ひかりレールスター」にはグリーン車両はないのですが、
4人個室を2人で占領できます。


車両の中では、
「寝てばかり」状態ともいえるのですが、
本当にゆったりとした気分を満喫できます。


「フルムーンパス」が買えるということは、
「年を取った」ことに他なりませんが、
嬉し楽しの世界に導いてくれるようです。


使用最終日の28日は京都に行きますが、


「さて、明日は?」

沖田孝司my_heart4444  at 23:36コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ハノーバーの日

雨の掛川(静岡県)から新幹線に乗り、
雨の過ぎ去った広島へ帰り着き、
広島市・ハノーバー市姉妹都市提携25周年+
青少年と子ども交流40周年記念イベント
「ハノーバーの日」(Hannover-Tag)に出演しました。



ドイツはハノーバー市より、
市長以下、
芸術・文化関係者、
国際交流関係者等が来日され、
大勢の広島市民とともにこの日を祝ったのでした。


ぎゅうぎゅういっぱいの会場の外では、
これまた満員電車のような人垣ができ、
ウエルカムドリンクとして、上田宗箇流によるお点前、
とってもおいしい福留ハムの焼きソーセージ、
本場ドイツからの菓子職人の手によるバウムクーヘン・飴細工が、
披露され、振舞われました。


会場内では、
記念式典のあと、
5組の音楽家によるコンサートが花を添えました。
(私たち夫婦もその中の1組。
 ドイツからはソプラノ歌手とピアニストのデュオが来日。)


ここに到るまでには、
並々ならぬ苦労があったかと思います。


敬意とともにお祝いの言葉を!


「おめでとうございます!!!!!!!」

沖田孝司my_heart4444  at 23:57コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

つま恋

あの憧れの、
あの伝説の、
「吉田拓郎+かぐや姫」のコンサートが開催された、
静岡県掛川市にある「つま恋」にやってきました。


第2回「全国スポーツクラブ会議 in 掛川」の情報交換会にて、
「ミニライブ」に出演するためです。



全国津々浦々のスポーツクラブが参集した全国大会は、
お互いに研鑽を重ね、
アドヴァイスを交換をし、
各団体がしっかりと運営できる土壌を作り、
スポーツを通して、
地域を活性化しようという方々の集いの場でした。


ひょうんな縁から私も関係者となり、
参加させて頂いたわけですが、
この夏には、
熊本にあるスポーツクラブの主宰により、
熊本県は南阿蘇にてコンサートを開催する予定になっています。


さて「つま恋」です。


実は私、33年前、2度ばかりここ「つま恋」を訪れています。


1度目は、
当時、全国に8ヶ所あったヤマハ音楽センターより、
各1曲・各1組、合計8曲・8組が代表として集まり、
これまた伝説的な川上源一社長を中心に、
緊張感漂うセミナーが開催され、
広島センター代表として私の作曲した作品が、
その場で披露されたのでした。
(横浜センター代表は渡辺真知子氏。
 会場後方には、
 この日の出番はありませんでしたが、
 全身黒装束の中島みゆき氏が、
 じっと静かに聞き入っていらっしゃいました。)


そして、
その一ヶ月後が2度目。
当地のエキビジョンホールにて、
各県、各地方大会を勝ち抜いてきた作品・アーティストが集い、
第10回「ヤマハ・ポピュラーソングコンテスト」全国大会が、
かくも盛大に開催され、
私の作品「彼の目」も、
中島みゆき氏の「時代」も、
渡辺真知子氏の作品もグランプリを目指したのでした。
(結果:グランプリは中島みゆき氏の「時代」。
 後で知ったのですが、
 中国大会では、私の前の出番が村下孝蔵氏だったそうです。)


当時、
私が宿泊したホテルも、
コンテスト会場だったエキビジョンホールも、
レセプションがあったコンベンションホールも健在でした。


残念ながら、
雨でもあり、
時間に余裕がなかったので、
ゆっくり散歩もできませんでしたが、
近いうち、再び、お邪魔できればと・・・。



そう、あれは、33年前の秋でした!!!!!

沖田孝司my_heart4444  at 23:38コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

千客万来

今日はたくさんの人に会いました。
今日はさまざまな集まりに参加しました。



まずは午前中は「針」の治療院に参上。


そして午後は府中市立栗生小学校に登場。
約170名の児童教職員
そして、保護者地域の方々を前にトーク&コンサート。
とっても素直な小学生でした。


広島への帰路の途中、
小谷サービスエリアにて、
気の置けない友人夫妻と、
彼らがお世話しているインドネシアからの留学生
それから日本訪問中の彼女のご両親にばったり!
1分、いや30秒、到着が早くても、はたまた遅くても、
会うことはかなわなかったでしょう!
「こんなこともあるもんだ」とビックリ仰天アッチッチ!


そして、
夕刻から、
息子の高校硬式野球部広島市民球場にて練習。
そんなに長い時間は球場にいれませんでしたが、その見学に。
息子には、憧れの「市民球場」での練習だったようです。


宵からは、
「広島三次会」という、
広島在住三次出身者の会(私も会員)総会に出席し、
家内とともに久しぶりの演奏。
三次市からはゲストとして、
市長副市長市議会議長県議の4人が参加。
「故郷」に思いを馳せ、
楽しく賑やかに食べ、飲み、語りました。


その後、少しばかりの時間、
「広島三次会」に出席の為、
初っ端から参加できませんできなかった、
2年ぶり開催の気の置けない仲間の会「みずんた会」に顔出し。
皆の元気そうな姿を拝見でき満足。


この輪の中に、
占い師でもある友人がおり、
なんでも私は、これから3年間絶好調とのこと。
「種まき」と「収穫」が一挙にやってくるのだそうです。



「いよいよ来ました!!!」
「いよいよです!!!!!!!」


上記の3つの会ではいずれも、
「伝えよう笑顔と心」を皆さんと手話も交え歌いました。


それからそれからその間、
久々の友人
多忙を極める友人からの嬉し懐かしの声が、
携帯電話から流れてきました。


まさに「千客万来」。


そんな1日でした。


沖田孝司my_heart4444  at 23:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

(社)広島消費者協会

(財)広島消費者協会の、
平成20年第2回通常総会記念講演会
という、
名前を聞けば物々しい、
それでいて、
私たちの生活に密接な協会の記念講演会講師として、
登壇させて頂きました。


100名を超える女性陣に、
賛助会員という名の企業の関係者が集った講演会で、
私なりの視点から、
「消費」も含め、
「もっともっといろんなものを、
 伝え、伝え合っていきましょう!」
という内容の話と演奏を試みました。


ちょうど、
今朝の中国新聞朝刊第1面には、
国が権限委譲も含め、
「各市町村に消費者センターを作る」
あるいは、
「すでに存在するもには助成する」
というような内容の記事が掲載されていました。


昨年来の冷凍食品汚染等々、
問題が、
迅速に、正確に、しっかりと伝達されておらず、
もっと、
消費者である国民と、
その上に立ち、
安全、管理、対応等々、
敏腕な徒手が必要な行政との関係を、
もっと有意義に、
もっと密にという狙いであり、
今後、形も内容も進歩することと思いますが、
現段階では間違いなく必要不可欠なものです。


しかし、
その記事が新聞の1面を飾り、
そして、
消費者協会の通常総会が開催され・・・。


「あまりにタイミングが良すぎませんか!」


ということで、
近日中に、
宝くじか、totoか、
とにかく何かにチャレンジしてみようと思っています。


「当たるも八卦、当たらぬも八卦。
 しかし、
 買わねばなんにも始まりません!!!!!!!」


沖田孝司my_heart4444  at 23:56コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!