トップページ » 2009年02月
2009年02月

町内会体育部長

今宵は、
私の住む町内会の監査があり、
町内会体育部長として、
体育部会計の方とともに、
町内会会計監査の方に体育部会計監査を受けました。


先週末、
執行部を除く、
平成21年度の町内会各部役員が決定し、
いよいよ、
平成20年度町内会体育部長の任を解かれる日が迫って参りました。


思い起こせば、
町内会各17班の各代表が参集し、
体育部部長・副部長・会計の3役を決めたのがちょうど1年前。
我が班では、
ウチの隣に住む隣の方が体育部役員に決定していたのですが、
急遽の引っ越しとなり、
私にお鉢が回ってきました。
しかも、
各代表が体育部三役を決めるその日に私は、
コンサートの為、欠席ということに相成り、
17班17口による「アミダくじ」の結果、
私に体育部長という大役が当たってしまったのでした。
「ああ、なんと!
 同じ当たるなら、宝くじの方が・・・。」


なんだかんだ言いながら、あれから1年が過ぎました。
私なりに役目は果たしたと自負しております。
あとは、残務整理をして、引き継ぐのみ!


町内会の皆様、
行き届かぬ点、
不手際等々、
多々あったかと思いますが、
今はただただ、
「お世話になりました。ありがとうございました。」

沖田孝司my_heart4444  at 23:49コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

広島県立可部高校と一宮吉備津神社

広島県立可部高校は、
明治45年に創立され、96年の歴史を刻んでいます。



本年度より、
可部の町を見下ろす高台に新校舎が完成し、
「心機一転」、
伝統を受け継ぎつつ、新しい歴史を踏み出しました。


今日は、
その体育館にて、
同校同窓会からのグランドピアノ贈呈式、
そして引き続き、
グランドピアノを使った、
「私の貯金箱」という、
私と家内によるトーク&コンサートが開催されました。


若者を前に、
私の体験談や、
「野球」から「音楽」へ転換し今に到る話や、
その間、聞きなれた音楽を挟みながら、
同校吹奏学部7人も参加する、
フィナーレの「伝えよう笑顔と心」の演奏・大合唱へと進行しました。


残念ながら部員も少なく、
人前で演奏するチャンスの少ない吹奏学部のメンバーと共演でき、
私たちにとっても、
メンバーにとっても、
また、
手話をしつつ、
歌ってくれた・くださった生徒たち・教職員にとっても、
素晴らしい思い出の「ピアノお披露目」となりました。


「また、近いうち会おうね!!!!!!!」


DSC09584









そして車を東へ向け、
福山市新市町の一宮吉備津神社(いちのみやきびつじんじゃ)へ!
通称「一宮さん」(いっきゅうさん)と呼ばれ、
公称1200年前(1400年前と説もあり)に建立され
地元、
そして、近隣、
また、遠方からの参拝者もあるそうです。


今宵は、
この「一宮さん」(いっきゅうさん)で、
この網引(あびき)地区女性会主催のコンサート
会場の熱気と、
コンサート前に頂いた夕食に、
嬉しくて、美味しくての「おはぎ」のパワーも加わり、
あっという間の2時間でした。


聞くところによると、
この神社近辺では「宝くじ」「サッカーくじ」等々、
大当たりが何故だか(?!)出ているそうで、
またいつの日にか、
身を清め、
心も清め、
吉備津の神様に祈り、
「宝くじ」を買いに参上したいと痛切に思っています。



では、今日のまとめです。


今日は、
可部高校で約900名、
吉備津神社で約150名の方々と、
「伝えよう笑顔と心」を合唱しました。




「来てます!来てます!」

沖田孝司my_heart4444  at 23:41コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ホテルチューリッヒ「サロンコンサート」

今宵は、
ホテルチューリッヒ(広島市東区)における「サロンコンサート」
家内とともに出番でした。


もう何年になるのでしょうか、
月に一度、
ほぼ第4木曜日の夜にコンサートが開催されています。
私も含め、私の仲間が順次、出演しておますが、
食事の後に一度、
デザートの後にもう一度という構成になっております。


司会は友人の君崎滋氏。
これも楽しみにひとつなのですが、
「サロンコンサート」の度に控室にて彼と、「話」に花を咲かせています。
(彼の声は、
 イズミのCMや、
 広島エフエム放送、
 スカパーにおけるサンフレの試合のインタビュー等々で、
 「お耳」にかかることができます。)


今日も今日とて、締めくくりは「伝えよう笑顔と心」。


終了後、
コンサートに参加してくださった東広島市内の公立中学校の先生が、
「もっと早くこの歌に知りあっていれば、
今年の卒業式に歌えたのに!」
とのコメントとともに、
近い将来の為、
CDと楽譜を持ち帰ってくださいました。


じわ〜〜〜っと、
そ〜〜〜〜っと、

「紅白歌合戦」に向け、進んでおります。

沖田孝司my_heart4444  at 23:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

誕生日

午後より、
廿日市市にある児童デイサービス「くれよん」にて、
毎年恒例のコンサート。


ちょうど今朝の新聞に掲載されていたのですが、
特別支援学校への入学・通学希望が増え、
対策が急がれるとのこと。


通所できる「くれよん」も同様のようです。


「くれよん」のマスコット、
「クレちゃん」「ヨンちゃん」というお友達のお出迎えで、
いよいよコンサートの開始。
途中より、
同じ建物内にある高齢者施設の方々も観客に加わってくださり、
本当に年齢層の幅広いコンサートとなりました。


来年のコンサート開催の約束をして広島市内へ。


月に一度の勉強会というか親睦会というか、
おいしいフルコース料理を肴に、
気の置けない仲間との「ひととき」を過ごしに、
私ひとりでANAクラウンプラザホテルに参上。


今日は、
たまたまの私の「バースデイ」なのですが、
総支配人(仲間の一人)から「バースデイ・ケーキ」のプレゼント。
ロウソクは51本というわけにいかないので、四捨五入して5本
素晴らしく息の合った「ハッピー・バースデイ」の合唱の後、
もちろん、「一息」でパシッと吹き消し、
嬉し恥ずかしの「バースデイ」を祝っていただきました。


料理にこれまた、素晴らしいデザートがついており、
優しい仲間からの「家へ持って帰れ!」とのこれまた優しいお言葉。


遅ればせながら、
家内と次男の三人で「ケーキ」を味わったのでした。


20090225213933-(2)












沖田孝司51歳!!!


また「春」を迎えます!!!!!

沖田孝司my_heart4444  at 23:56コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ドイツ

私は残念ながら行くことはできませんでしたが、
今宵は、
ALSOKホールにて、
ケルン放送交響楽団のコンサートがありました。


ケルンは、
ドイツ連邦共和国ノルトライン・ウエストファーレン州の都市で、
ライン川を挟み、
ケルン大聖堂が名所旧跡のひとつです。
「ケルン」は、
かつてのローマ帝国一大都市で、
イタリア語で「コロ−ニア」と呼び、植民地の意味だそうです。


ナポレオンが進軍してきた際、香水を持ち帰ったそうで、
ケルンの香水「4711」というブランド名で広く知られています。
(香水を作っている場所が「4711番地」だったとか?!)


ドイツには各州に放送局があり、
その放送局は放送交響楽団を持っています。
(日本でいうNHK交響楽団かな?!)


日本名とドイツでの正式名称とのズレはありますが、
私が暮らしていた、
ノルトライン・ウエストファーレン州の放送交響楽団が、
ケルン放送交響楽団(WDR交響楽団)。


南ドイツのバイエルン州がバイエルン放送交響楽団(BR交響楽団)。
ヘッセン州はフランクフルト放送交響楽団(HR交響楽団)。
バーデン・ヴュルテンブルグ州が、
シュトゥットガルト放送交響楽団(SWR放送交響楽団)。
ハンブルグ州がハンブルグ放送交響楽団(NDR交響楽団ハンブルグ)。


そして、
今年やってくる、
広島出身の指揮者大植英次氏に率いられた、
ニーダーザクセン州の、
ハノーファー放送交響楽団(NDRフィル・ハノーファー)等があります。


* ドイツ語表記の「R」は「Rundfunk」(放送)の頭文字です。
* ハンブルグとハノーファーは、
  NDR「Norddeutschen Rundfunk」(北ドイツ放送)の略です。


以上、全て合っているかどうかわかりませんが、一応、豆知識でした。



そのケルン放送交響楽団には、
友人・知人、同門の弦楽器奏者等がいますが、
その中のひとりで三十年来の友人とともに、
コンンサート終了後、
卓を囲み、
久しぶりに楽しい時間過ごしたのでした。

沖田孝司my_heart4444  at 23:25コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

「伝えよう笑顔と心」

「伝えよう笑顔と心」に少々、力を入れております。
もちろん、
他のCDの挿入曲2曲にも!
(後の2曲は、
 「あなたに逢えてよかった」
 「We love the EARTH from HIROSHIMA」)



今週の金曜日、
広島市安佐北区にある広島県立可部高校にて、
新校舎完成に伴い、
PTAから寄贈された「ピアノ開き」コンサートに家内と出演します。


ただ生徒たちも聞いているだけではなく、
なんとか「参加」型にしようという学校側の思いもあり、
コンサートの締めくくりに、
「伝えよう笑顔と心」を演奏し、歌おうということになり、
今日は可部高校に出向き、しっかりばっちり練習したのでした。


残念ながら8人というブラスバンド部員ですが、
家内のピアノとともに音を合わせました。


なかなかどうして、金曜日が楽しみです。


夜は、
気の置けない仲間の集まり「基町倶楽部」があり、
美味しく食べ・飲み、
楽しく語りあい、そして、元気を交換。


数ヶ月ぶりに会う友人・知人には、
先月開催した、
マイ・ハート弦楽四重奏団の西宮・東京でのコンサートの報告をし、
なんだかんだ言いながら、
「伝えよう笑顔と心」か、
「あなたに逢えてよかった」か、
「We love the EARTH from HIROSHIMA」で、
「紅白を目指します!」と大見得を切り、
荒唐無稽(思ってないのは私だけ?)な話をしておりました。


そして、22時過ぎ、
以下のメールが府中市に住む友人から私の携帯へ!


先日は府中学園でのトークと演奏お疲れさまでした。
昨日は府中市立久佐小学校の閉校式でした。

そこでPTAとしてのアトラクションで合唱をされたそうですが、
その曲が「ビリープ」と「伝えよう笑顔と心」だったそうです。

先月の25日に開催され大盛況だった、
「府中市PTA研究大会」でのアトラクションと全く同じ2曲で、
この偶然に驚いているのと同時に、
新年から四回も府中市とご縁があるなんて素晴らしいです。

あとは、弦楽四重奏に来て頂く目標が出来ましたね〜♪

楽しみにしております〓




「こりゃ、すげ〜〜〜!盆と正月が一緒に来とる!」


あとは、
まだ日程は未定ですが、
府中市にて、
今年中に開催予定の「1ノート・1コイン」コンサートにて、
府中市文化センター大ホール1400席を、
たっぷりの人と思いで埋めることだけです!!!!!!!


沖田孝司my_heart4444  at 23:12コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

300キロの旅

今日は、遥かなるかな「300キロの旅」。
では、早速、紐解きます。


まずは、
自宅から約10キロ離れた、
広島市中区にある広島市まちづくり交流プラザにて、
「アートルネッサンス2009」クロージングコンサート
(アンコール曲は、
 また来年お会いしましょうという森山直太朗氏の「さくら」

DSC09462











そして、東へ約70キロの三原市。
市中心部にあるリージョンプラザにて、
三原市主催「子育て応援フェスタ」での、
もちろん親子同伴OKの「ファミリ−コンサート」
(締めくくりは、会場の皆さんで「伝えよう笑顔と心」の大合唱。)


そして、もっと東へ向け70キロばかり走った岡山市庭瀬にある、
ライブもやるカフェ「ぱすぽぅと」へ。


私のプロデュースCD「あなたに逢えてよかった」にて、
素敵な歌声で参加して頂いた、
「にしかわてるこ」=「telko」さんのライブを見に、聞きに!

DSC09504









私たちクラシックのコンサートと違い、
距離も音ももっと近い、
臨場感あふれるライブを堪能しました。


途中、
「あなたに逢えてよかった」が出てきた時には、
本当に「感無量」であり、
歌を聞きつつ、
じわーっと頬を伝わるものが・・・・・。


「てるこ」さんや、
昨年来お世話になっている夏目一朗氏、
それから他のメンバーの方としっかと握手し、語り、
結局、
アーティストとの距離がもっとなくなっていました。


サックスの春名さんが、
「(あなたに逢えてよかったは)いい歌ですね!」と嬉しいコメント。
(お世辞でも何でも嬉しいものは嬉しい!!!!!)


3ヶ所それぞれに、
充実した、
味のあるポイントを巡り、
約150キロの家路についたのでした。





沖田孝司my_heart4444  at 23:36コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

まごころ保育園

今日は、
広島市安佐南区長束にある「まごころ保育園」での、
「親子でふれあいコンサート」。



土曜日というのに、
土曜日だけに、
多くの親子が参集してくださっていました。


場所は併設されている幼稚園の武道場。
柔道の畳の上での鑑賞でした。


約50分間のコンサートでしたが、
最後は保育士さんも最前列に整列してくださり、
「伝えよう笑顔と心」の大合唱で幕を閉じました。


その後、親御さんたちは我が子の「参観」。


私たちはといえば、
園長先生ご夫妻と以前からお世話になっている先生とで、
「ケーキ」に「コーヒー」に、そして、しばし歓談。


話してみると、
「なんとまあ」、
いろんな「縁」が絡み合っておりました。


到着した時は、
まだ晴れ間もなく肌寒かったのですが、
帰り際には、
どこでどうしてどうなったか「ぽかぽか陽気」でした。


どうやら「黄砂」もしっかりと飛んでいるようです。
車の「見事な」模様が物語っていました。


沖田孝司my_heart4444  at 23:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

誕生日

私の誕生日まで秒読み(ちょっと大げさですね!)段階。


ですが、その前に今日は長男の誕生日。
実は、彼はドイツ生まれなのです。


生まれた日のことが、
本当に昨日のことのような気もしますし、
はたまた、
遠い昔のようでもあります。


私も立会った出産で、
私たちが住んでいた、
デトモルト市レントゲン通り1番地にある、
「クライス・クランケンハウス」で生まれました。
(「クライス」は日本で言うところの「郡」(?!)、
 「クランケンハウス」は「病院」。)


いろんなことを考え、
さまざまなことを体験した大きな出来事でした。


その彼も「22歳」。


私の場合の「22歳」は、
東京音楽大学を卒業し、
その夏、ドイツへと旅立ちました。


当時はまだ、
ヨーロッパへの直行便という飛行機はありませんでした。
(必ず、途中、経由地に降りたっていました。)


インターネットもなく、電話か手紙が通信手段。


また当時は、
「EU」(ヨーロッパ連合)という組織もなく、
もちろん、
「ユーロ」という通貨もありませんでしたし、
資本主義と共産主義の「冷戦時代」でしたし、
西ドイツと東ドイツが存在し、
現在と比べると「隔世」の感があります。



とにかく「息子よ、誕生日おめでとう!」

沖田孝司my_heart4444  at 22:10コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

府中学園 府中中学校

広島県の東部に位置する府中市。
昨年、
市内中心部の小・中学校を統合し、小・中一貫校が建設されました。


その名は「府中学園」。
府中市立府中小学校・府中中学校。


その1年目の真新しい校舎、
そのいろんな工夫のなされている府中中学校が、
私たちをあたたかく迎えてくれました。


3年生はすでに受験体制の為、別行動となっておりましたが、
1・2年生と教職員・保護者が今日のお相手でした。

実は、
いろんな不思議な「縁」が重なって、
今日の教育講演会開催の運びとなったのです。


無事、役目を終え、
家に帰り着いてみると2通のメールが届いていました。


ひとつは、PTA会長さんから、
もう一通は、生徒さんからでした。


嬉しい嬉しいメールです。


「今日はありがとうございました^^」

こんにちは^^
私は府中学園(府中中学校)の生徒です。
今日はありがとうございました!
お二人の息の合った演奏は心に心地よく響いてきました!
あの後友達同士で I love you. と声に出して言い合いました^^
家族にも言ってみたいと思います。

近くでコンサートなどあれば母親と聞きに行きたいです^^*

また府中にも遊びに来てください^^

今日は本当にありがとうございました><!!


沖田孝司my_heart4444  at 23:06コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!