トップページ » 2009年06月
2009年06月

「雨」です。

「雨」です。
やっとという方もいらっしゃることでしょう。
「度」が過ぎるという方もいらっしゃるでしょう。



何事においてもそうですが、
「一方」が立てば、
「他方」が立たず、
「表」に陽が当たれば、
「裏」は影となっています。


「バランス」の問題といえばそうですが、
如何に双方を立てるか、
それは元来、無理なことかもしれませんが、
両方が少なくとも納得できるものであれば「万々歳」です。


今の、
世界情勢然り、経済状況然りです。


そんな中、選挙が必ずあります。
(任期満了か解散かはわかりませんが・・・。)


私たちにできることといえば、
私たちの持っている権利を行使すること。
即(すなわ)ち、選挙に行くことです。


ところで、「雨」です。


私たち「マイ・ハート弦楽四重奏団」のチェロ奏者は、
雨田一孝(あまだかずたか)といいます。


ご先祖様が、
「雨」と仲良しだったのでしょうか?!?!?!



私も、
「雨は憂鬱」とか、
「雨はうざい」とか思わず、
いいに付け、
悪いに付け、
もっと、
「雨」とお近づきになれたらと思っています。


沖田孝司my_heart4444  at 23:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

1月に一度の食事会(勉強会)

待ちに待った(?)、
月に一度の勉強会(食事会)でした。
場所は広島市中区にある「ANAクラウンプラザホテル」。


会話が弾む中、
シェフが腕によりをかけた、
シェフが創作したお試しフルコース料理が出てくるのです。

29今宵のメニュー













1、ブルスケッタ

29ピザトーストかな?!







2、真鯛とアボガドのタルタルお菓子見立て

29真ん中の真鯛とアボガドを、
ブロッコリー、
トマト、
コーン、
豆、
カリフラワーが取り囲むの図



3、南瓜の冷製スープ

29かぼちゃの甘みと
しっとりクリームが絶妙







4、鮎と初夏の新鮮野菜、タプナードンソース

29鮎がまた別物・別格でした!
靴べらのようなのがズッキーニ







可愛いサイズのバゲットとそば粉入りパン

29私のそばには、
私様のパンのバスケットが!
(言わずと知れた
 「パン食い」なのです。)





5、シャーベット

29お口直しです。








6、牛フィレ肉ステーキシャルマーニ風

29惚れ惚れするステーキ!







7、シェフおすすめデザート

29アイスを囲むフルーツの皆様方







これで〆て5000円!
全く持って申し訳ないプライスとクォリティーです。
(ANAクラウンプラザホテル総支配人が、
 会のメンバーであることも大きなメリット。)


体重は間違いなく1キロは増えているはず!


今もって、
「腹がきつい!」
「腹がせつい!」



奥様、
皆様、
「ごめんなさい!」



シェフ、
及び、
スタッフの皆様、
そして、
勉強会の皆様、
「ありがとう!」


沖田孝司my_heart4444  at 23:40コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

お疲れさま!

昨日の今日ということで、
「さすがに」というより、
やっぱり年相応に疲れています。
(年相応以上かもしれませんが・・・。)


ということで、
可部(安佐北区)にある「ぜん整骨院」にて加療。


腕・首・肩・背中はもちろんのこと、
以前と比べると、
かなり「腰」にきているそうです。


素人考えでも、
「演奏」という負担が重いのに加え、
上半身の重さが以前にもましていることが、
間違いなく影響しているはず。


「整骨院」の先生に、
ジョッギングやスクワットを薦められ、
そして、
「背筋」の重要性を聞きました。


ぼちぼち、
オッチラヘッチラ、
雨の日も、
風の日も、
槍が降っても、
鉄砲玉が飛んでこようが、
続けねばと、
今、
この時、
しかと言い聞かせております。
(言い聞かせても、
 言うことをを聞くかどうかは別問題?!)

沖田孝司my_heart4444  at 23:17コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

青少年のためのマイ・ハート・コンサート、広島対中日戦と保護者OB会

今日は、たくさんの充実したプログラムの日でした。


まずは、
午前10時から、
広島市西区民文化センターにての、
青少年のためのマイ・ハート・コンサート「伝えよう笑顔と心」

27マイ・ハート弦楽四重奏団です。






タイトルが「伝えよう笑顔と心」とあるように、
広島市立南観音小学校合唱クラブ33名と、
マイ・ハート弦楽四重奏団による、
「伝えよう笑顔と心」の共演で幕開け。

27「伝えよう笑顔と心」







27無事終了!







首尾は上々!




その勢いのまま、
マツダスタジアムに、
カープを応援に行きましたが・・・。

278回裏、
広島カープの攻撃
バッターは、
我が後輩=梵英心内野手




陽に焼けました。
心も焼けました。(残念で歯がゆくて!)


夜は久しぶりに、
広島の繁華街にて、
長男の高校時代の野球部保護者OB会。
「ワイワイ」
「ガヤガヤ」と気の置けない仲間との話が尽きない集まり。


そしてついに、
息子たちの中から、
結婚第一号が出ることが判明しました。
もちろん、
その際には息子たちも集まるようです。
(みんな、
 「明日はわが身」と息子たちの成長を感じつつ感無量!)


実は今日、
「夏の甲子園」広島県大会の組み合わせ抽選があり、
次男の高校,我が母校三次高校の対戦相手も決まりました。


高校生たち、
そして、
保護者や関係者たちにとり、
はっきりとした目標が決まり、
各人、準備不足を感じつつも、
いよいよ、
最終コーナーを回り、ホームストレートに入ります。


この保護者OB会メンバーと、
「球場にて会いしましょう!」を合言葉に、
次の再会を誓いながら家路についたのでした。



長い、でも、楽しい一日でした。

沖田孝司my_heart4444  at 23:41コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

まな板の上の「私」

明日、
広島市西区民文化センターにて、
青少年のための「マイ・ハート・コンサート」があります。



私はもちろん演奏します。
とともに、進行役も務めます。


それからもっと言うと、
企画・運営、
そして、
責任者というタイトルもついて回ります。


演奏、進行については危惧はありませんが、
入場者があるだろうか、
入場者がたくさんあるだろうか、
収支はどうだろうかと、
頭の痛いことが多々あります。


しかし、
それなりにですが、
できることはやったような気がします。


あとは、ただただ祈るだけ!!!!!


まさに私は「まな板の上の鯉」なのです。


今宵の「鯉」=「カープ」は、
逃げ切り必勝パターンを期して、
2対1の1点差で、
クローザーの永川投手を、
9回表の「中日」最後の攻撃に送り出しました。


がしかし、
逆転2ランホーマーを食らってしまい、
「勝ちパターン」がいつの間にやら、
「負け」に転じてしまいました。


まさに人生何が起こるやらわかりません。
一寸先は闇かもしれません。



されど、
考えてみたってどうしようもありません。
「たら」「れば」を言ってみたって何も変わりせん。


「明日を夢見、
 今を楽しむことに徹しましょう!!!!!!!」



「明日は明日の風が吹く!!!!!!!」

6.26「甲子園」を掴むべく、
汗に涙に、
鼻水まで流していた高校時代。

三次高校対広陵高校戦
全身白いユニフォームが私。

100年を超える伝統のある三次高校のユニフォームは、
文字、背番号以外は全て「白色」。

沖田孝司my_heart4444  at 23:23コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

府中市立府中中学校と劇団「四季」

今年3月に伺った府中市立府中中学校。
その際は、
1・2年生と保護者対象コンサートでした。


今日の午後は、
1年生と教職員と保護者が対象のPTCコンサートでした。


挨拶、
そして、
私たちの紹介に続き、
「ヴィオラを始めたきっかけは?」
「他の楽器では何が好き?」
「食べ物は何が好き?」
「スポーツは?」等と、
5名の生徒が質問をしてくれました。


最近言葉にするのですが、
(このことも話しました。)
私自身、
もっともっと、
『これが好き!』
『あれが大好き!』と素直にいいたいと思うのです。



広島が大好き!」
お好み焼きが好き!」
カープが大好き!」
サンフレッチェが好き!」


そして、
「好きこそものの上手なれ」なのです。


そこから、
いろんなことが始まりますし、
中学生諸君にとっては、
「未来の夢」や「将来像」を、
おぼろげながら描き始めることができるのではないかと思うのです。


1時間という「あっという間の時間」が過ぎ、
盛大な拍手の中、退場させて頂きました。


そして夕刻、
ALSOKホール(広島市中区白島)にて、
劇団「四季」の「West side story」を鑑賞しました。


実は、
私がドルトムント歌劇場に所属していたとあるシーズン、
32回にわたる「West side story」の公演がありました。
本場アメリカはブロードウェイの劇団に、
私たちオーケーストラの演奏が加わり、
ドルトムント市民は、
「生のミュージカル」を堪能したのでありました。


もちろん、チケットは全て完売!
(歌劇場の座席数は1120席)


素晴らしいパフォーマンスでした。


ここで皆様お立会い!
オリジナルのオーケストラにはヴィオラパートが無いという、
みんなの想定外である、
「幸」か「不幸」かわからない事態が勃発し、
32公演とその練習数回が、
私たちの自由な時間として供給されたのでした。
(これを人は「しめしめ」と表現します。)


きっと、
作曲者バースタイン氏には、
強力な発言力を持ったヴィオラ弾きの友人がいたか、
ヴィオラという楽器に、
さほど魅力を感じていなかったかのどちらかでしょう?!?!?!


しかし、
しかしながら、
「West side story」は、
音楽もダンスもストーリーも、
「本当に素晴らしい!!!!!!!」
(感嘆符がいくらあっても足りません。)


あらためて「ミュージカル」、
ひいては「オペラ」というものに敬意を表するとともに、
今宵の出演者、並びに、全スタッフに、
心から賞賛の拍手を送ります。

(残念ながら劇団「四季」は、
 「生」の音楽ではありませんでした・・・。)

沖田孝司my_heart4444  at 23:52コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

野球王国「三次」

RCCテレビのスポーツ関連番組にて、
「野球」を通しての「三次」が紹介されていました。



三次高校(三次中学)の先輩に岩本義行という、
1試合18塁打(4ホームラン、1二塁打)という、
日本プロ野球記録をお持ちの方がおられ、
その勇姿が画面に登場しておりました。
(私の高校時代もよく、
 練習・試合を見に来られておりました。)


先年、他界され、
『後輩たちと「甲子園」に行く』という「夢」は、
実現できませんでしたが、
5年前の夏は、
旧広島市民球場のスタンドで、
一体となり、
一緒に応援させていただきました。


その夏、
三次高校硬式野球部は、
1試合ごとに、
選手・チームが力をつけ、
試合の度に、
倍増する三次高校応援団に、
「勇気」と「元気」と「希望」を振りまき、
なんと、
「夏の甲子園」広島県大会決勝に勝ちあがったのでした。


応援席は、
「同窓会さながら」というより、
「同窓会そのもの!!!!!!!」



当時(現在も)、
私のチームメイトだった同級生が監督をしていたこともあり、
私たち昭和51年卒業生も、
一団となり、
声をからし、
真っ黒になって応援しておりました。


もちろん、
出身を問わず、
多くの県民の方が、
我が「三次」の応援をしてくださいました。
新聞紙上では、
「判官贔屓」(はんがんびいき)という言葉も飛び出したくらいです。


残念ながら、
決勝で涙をのみ、
悲願の「甲子園」には届きませんでした。
(過去数回、あと一歩というのがありましたが・・・。)


三次高校も創立110年を過ぎ、
硬式野球部も創立110年を迎えます。



また、あの「夏」がやってきます!!!!!!!

沖田孝司my_heart4444  at 23:43コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

祝!「あなたに逢えてよかった」女声合唱版完成

私=沖田がプロデュースしたCD「あなたに逢えてよかった」。


その中には、
「あなたに逢えてよかった」
「伝えよう笑顔と心」
「We love the EARTH from HIROSHIMA」
の3曲が、
歌(にしかわてるこ)バージョンが各3曲、
ヴィオラ(沖田孝司)バージョンが、
「あなたに逢えてよかった」以外の2曲、
そして、
インストロメンタル(カラオケ)バージョン各3曲の合計8曲が、
恭しくも収録されています。


それに先立ち、
「伝えよう笑顔と心」
「We love the EARTH from HIROSHIMA」
の2曲は、
中村健氏編曲の下、
2部合唱曲として出版されています。


そして、
今日の佳き日、
「あなたに逢えてよかった」の女性2部合唱版が、
楽譜として完成し、
私の手元に届きました。


それは、
A4・8ページの堂々とした楽譜で、
似内志朗氏のデザインによる歌詞を記した表紙、
そして、
残りの7ページが女声2部とピアノ伴奏の楽譜部分です。
(定価:300円[税込])


この作品は、
タイトルからもわかるように、
女声合唱というものを意識し、
また、
高知市の女声合唱団から「歌いたい」とのラブコールを頂き、
CDのハ長調とは違い、
変ホ長調という、
女声合唱に適した、
優しく、
温かい調性と、
中村健氏の素敵なアレンジで完成しました。



「あなたに逢えてよかった」


この作品の作詞・作曲は、
なんとこの私なのですが、

「あなたに逢えてよかった」という素直な気持ちを、
そのまま詞と曲に詰め込みました。



がしかし、もうひとつ秘密があります。


知人の住職仲間(仏教関係)が、
「お釈迦様の「無財の七施」(むざいのななせ)という教えを、
 「歌」に込め、
 みんなで歌うことはできないかなあ〜〜〜。」
という一言も、
私の背中を押してくれたのでした。


その「無財の七施」(無財の七施)とは?

「財産」では無い「七つの布施」のことです。
元来、布施とは親切のことで、
お金や物などを施すことなのですが、
人は、お金や財産を持っていなくても、
7通りの布施ができるという意です。

1.眼施  (がんせ)  優しいあたたかい眼差しで人に接する。
2.和顔施 (わげんせ) 優しいほほ笑みをもって人に接する。
3.言辞施 (ごんじせ) 優しい思いやりに満ちた言葉を交わす。
4.身施  (しんせ)  自分の身体で奉仕する。
5.心施  (しんせ)  心から共に喜び共に悲しみ、感謝する。
6.床座施 (しょうざせ)自分の座席や地位を譲る。
7.房舎施 (ぼうしゃせ)家に招じいれて歓待する。



「百聞は一見に如かず!」
素直な気持ちでお読みください!!!



「あなたに逢えてよかった」 沖田孝司:詞

1、この世に生まれ あなたに逢えて   
  ほんとうに ほんとうによかった     

  あなたのまなざし             
  あなたの笑顔               
  いつも私を包んでくれる         

  あなたと過ごすひとときが        
  とってもとってもうれしい        

  あなたのその手             
  あなたのぬくもり            
  こんなにこんなにあたたかい       

  そんなあなたに あなたに逢えて     
  ほんとうに ほんとうによかった     
  優しいあなた あなたに逢えて      
  わたし ほんとうにしあわせ       


2、この地に生まれ あなたに逢えて
  ほんとうに ほんとうによかった

  あなたの言葉   
  あなたのしぐさ       
  いつも私を満たしてくれる

  あなたの愛に包まれて
  私の心は有頂天

  あなたの思い
  あなたのまごころ 
  いつも私の応援団

  こんなわたし あなたに逢えて
  ほんとうに ほんとうによかった
  優しいあなた あなたに逢えて    
  わたし ほんとうにしあわせ 


3、あなたの喜び悲しみ
  私にも分けてください        

  悔いなき日々を ともに歩きたい  
  あなたが好き 愛してる

  優しいあなた あなたに逢えて   
  ほんとうに ほんとうによかった
  素敵なあなた あなたに逢えて
  わたし ほんとうにしあわせ

  優しいあなた あなたに逢えて
  ほんとうに ほんとうにしあわせ
  素敵なあなた あなたに逢えて
  ほんとうに ほんとうにありがとう



私なりの言葉ですが、
歌詞の○数字部分が「七つの施し」を現しています。

 ヾ禹棔ΑΑΔ泙覆兇    
      慈しみ 優しい 温かい
◆]卒藥棔Α笑顔      
      ほほえみ なごやか 穏やか 喜び
 言辞施・・言葉      
      優しい言葉 思いやりの言葉 口癖 ひとこと
ぁ/隼棔ΑΑΔ靴阿
      行い 奉仕 他がために尽くす 身振り
ァ/柑棔ΑΑΧΔ亡遒喩瓩靴 
      思いやり 共に喜び共に悲しむ 痛み苦しみ 
Α‐穏損棔ΑΣいなく過ごす 
      誠実さ 誠
А)室忙棔Ανイ靴     
      気持ちの良いもてなし そぶり 思いやり
      知らないうちにあなたに包まれて


いつか、
どこかで、
この歌が聞こえてきたら、間違いなく「泪物」です。


沖田孝司my_heart4444  at 23:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

広島市立南観音小学校合唱クラブ

6月27日(土)広島市西区民文化センターでの、
青少年のためにの「マイ・ハート・コンサート」には、
スペシャルゲストとして、
「広島市立南観音小学校合唱クラブ」33名が出演します。



今日はその練習に、南観音小学校へ伺いました。


3階の音楽室に向かう途中、
所狭しと、
伸びのある素晴らしい歌声が聞こえてきました。


音楽室には33名の児童が、
教室狭しと広がり、
それぞれが向かい合って合唱の練習をしていました。


指導・顧問の柿内先生の一声で、
練習が、
スムーズに、
ぐんぐんと進んでいきます。


私は、
一安心どころか、
なんだかとっても嬉しくなってしまいました。


いろんな方のパワーが集まり、
今回のコンサートは開催されます。


「百聞は一見に如かず!」


今週の土曜日の午前10時、
お時間許せば是非、
JR横川駅からすぐの、
広島市西区民文化センターへ!



マイ・ハート弦楽四重奏団、
広島市立南観音小学校合唱クラブ、
そして、
スタッフ一同、



「皆様のお越しをお待ちしております!!!!!!!」

沖田孝司my_heart4444  at 23:20コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

6月27日 青少年のための「マイ・ハート・コンサート」

さて、
以下はコンサートのご案内です。



お時間許せば是非!
(お時間許さなくても是非!!!)


2年前より、
マイ・ハート弦楽四重奏団による、
広島県内全23市町巡回コンサート
マイ・ハート「1ノート・1コイン」コンサート
『伝えよう笑顔と心』
を開始し、
現在まで約半分の11市町にて開催しました。
*「1ノート」=千円札=一般入場料、
 「1コイン」=500円=小・中・高校生以下の入場料を意味し、
 リーズナブルで質の高いコンサートを目指しております。


この度、広島市にて開催するにあたり、
全8区8会場で開催するという運びになり、
広島市教育委員会、及び、西区役所という、
前代未聞で、
しかも、
画期的な協力を得て、
(広島市において未だかつて、
 行政と協同で、
 このような事業・コンサート実施実績はありません!)
まずは西区からスタートすることとなりました。


『伝えよう笑顔と心』というサブタイトルにあるように、
『伝えよう笑顔と心』という合唱曲を、
コンサートのオープニングにて、
地元合唱団と共演し、
アンコールの最後に、
会場の皆さんと手話も練習し、
大合唱にて締めくくる手筈となっております。
今回は、
広島市立南観音小学校合唱クラブ33名が出演します。


また、
今回は「青少年のための」とついておりますが、
青少年の参加はもちろんのこと、
実は、
「青少年(育成)ための」(育成)の部分は、
文字に表しておりませんが、
(育成)の部分にも力を入れ、
メンター制度・携帯インストラクターの普及・推進も、
コンサートの中で図る予定です。


とにもかくにも、
「参加して損はない」、
「行って良かった」
というコンサートにするべく準備をしております。


何卒、お誘い合わせの上、
ご来場くださいますようお願い致します。



演奏は、もちろん「マイ・ハート弦楽四重奏団」!


チケットは、
西区民文化センター、
ヤマハミュージック瀬戸内広島店、
デオデオ本店プレイガイドと、
私=沖田の方で扱っております。


是非とも、お力添えください。


青少年のための「マイ・ハート・コンサート」伝えよう笑顔と心

■日 時:2009年6月27日(土)開演;10:00(開場;9:30)
■場 所:西区民文化センター(広島市西区横川新町6番1号)
■出 演:マイ・ハート弦楽四重奏団
広島市立南観音小学校合唱クラブ(スペシャルゲスト)  
■曲 目:バッハ・モーツァルトから、
     「赤とんぼ」「となりのトトロ」まで
■入場料:[全席自由]一般;1000円 小〜高校生;500円)
■販売所:西区民文化センター、ヤマハミュージック、広島デオデオ本店
■主 催:「マイ・ハートコンサート」推進委員会
■共 催:広島市西区役所、広島市教育委員会
■後 援:広島市文化財団


なにかありましたら、HPからメールを頂けば幸いです。



6月27日(土)
広島市西区民文化センターにてお会いしましょう!!!


沖田孝司my_heart4444  at 23:43コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!