トップページ » 2010年08月
2010年08月

CD録音1日目

滋賀県高島市勝野にある「ガリバーホール」。


過去5回、
私たちはここでCD録音にチャレンジしています。


エンジニアの松田氏、
ディレクターの太田氏をはじめ、
マイクやらなんやらの機材も揃い、
いよいよセッティングです。


こんな感じです!

100831takashima2














一段落着いたところで、
車を20分くらい走らせ、
丘の上のレストランに昼食に出かけました。


特製「野菜カレー」です。

100831takashima1














私が注文したのが「かまど定食」。
地産地消だそうです。
おひつに入っているこの「お米」がこれまた絶品!
(残念ながら写真が・・・。)



「腹が減っては戦はできぬ!」


「元気の元は腹ごしらえから!」



これまでのCD録音からの教訓です。



沖田孝司my_heart4444  at 23:40コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神戸経由滋賀県高島市ゆき

いよいよです。


マイ・ハート弦楽四重奏団が、
5枚目のCDにチャレンジします。


考えてみれば、
どんな形であれ、
誰でもCDをつくれますし、CD離れも進んでおり…。


しかしながら、
苦労も多いですが、
「今」を大切に挑戦します。
(どうなるか、
 果たしてできるのか、
 できるとしたら、
 どんなのができるかわからないので「挑戦」です。)


神戸女学院で練習後、
明日からの録音に備え、
私は現地の滋賀県高島市に先乗りです。

沖田孝司my_heart4444  at 23:55コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

お月様お願い!

いよいよ明日より関西に乗り込みます。


月曜日は、
兵庫県西宮市にある神戸女学院大学にて先日練習。


火曜日から金曜日までは、
滋賀県高島市にある「ガリバーホール」にてCD録音。


不安と不安と不安が、
至る所から噴き出してきます。


「お月様お願い!

         私にパワーと運を!!!!!」


100829

沖田孝司my_heart4444  at 23:37コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

東照宮とアルパーク天満屋

28日が「ふたばの日」だそうで、
その由緒正しきよき日に、
「28(ふたば)の日おもてなしカフェ」が開催され、
そこに私と家内の音楽が乱入?!


楽しんで頂けたようです。
(ただ私は暑かった!)


広島市東区の新キャッチフレーズが、
「みどりと歴史ともてなしのまち」。


まさにこの三要素が織り成す素敵な空間でした。


演奏場所は、
広島市東区にある東照宮内の「御供所」と呼ばれる家屋。
「お供え物」が置かれていた場所とのこと。

100828tousyougu3



















なかなかきつい照り返し。

100828tousyougu2














観客の方も日陰と日向では・・・。

100828tousyougu1















100828tousyougu4
















その後、
広島市西区にあるアルパークへ!


今年も開催され、
残りわずかとなった、
「ひろしま 夏の芸術祭」の「街角コンサート」に出演。


アルパーク天満屋では初の試みとか。


気持ちよく、
1時間弱、
クーラーの効いた店内で演奏させて頂きました。 

沖田孝司my_heart4444  at 23:43コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

打ち上げ

呉市文化ホールにての、
南こうせつ氏のコンサート終了後、
メンバー、スタッフ、関係者の方に混じり、
いそいそと「打ち上げ」へ!



これまた楽しいひと時でした。


これまた美味しいひと時でした。


これは「夏牡蠣じゃ〜〜〜〜〜!」
(ビールは大きさの比較のため鎮座)

100827kousetsu

沖田孝司my_heart4444  at 23:32コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

「桜並木を復活させる会」

JR広島駅北側は、
「歴史の散歩道」とも呼ばれ、
東照宮、明星院、尾長天満宮、国前寺等々が居並び、
広島城の鬼門に当たることもあり、
人知れず、
(知っている人は知っていますが)、
パワースポットのようです。



今週末の土曜日、
その東照宮でコンサートをするのですが、
その打ち合わせとともに、
現地視察ということで東照宮にお邪魔しました。


JR広島駅の西側にある陸橋(道路)は、
まさに、
東照宮の参道・山門から一直線の場所にあり、
戦前は、
まさにその一直線上に桜並木の参道があったのだそうです。


東区の「もてなし事業」の一環として、
一直線の桜並木になるのかどうかは定かではないそうですが、
「桜並木を復活させる会」のイベントとして、
コンサートを開催します。

 
寺社仏閣と西洋音楽!
なかなかの組み合わせです!!!

100828tousyougu


















この先にかつて、
一直線の桜並木があったのです。
(アメリカ軍が撤去したとかしないとか・・・。)

沖田孝司my_heart4444  at 23:12コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

どんぐり作業所

今日は、
広島市安佐南区にある、
「どんぐり作業所」でのコンサートでした。



私たちの知人一家の「縁」から、
コンサート開催の運びとなったのですが、
実は、
今を遡ること十数年前、
この地、
この場所でコンサートさせて頂いたことが・・・。


その知人からメールが届きました。



沖田様 奥様

本日はありがとうございました。

いろいろな曲を、
アイデアいっぱいに演奏していただき、
みんな大変喜んでおりました。

自閉傾向がある人が多い中、
走ったり大声をあげることもありましたが、
『それぞれ聴く体制は異なりましたが、
 沖田さんご夫妻の音色は心に入っていました。』と
お母さん方も言っておりました。

とても楽しいひと時でしたとの事です。

是非再度、演奏会をとの声も多く、
お願いする事となると思いますが、
そのときはよろしくお願いします。

本日は本当にありがとうございました。




作業所の皆さん、
そして、お母さん方、
「こちらこそ、ありがとうございました。」

沖田孝司my_heart4444  at 23:48コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

三次市十日市コミュニティーセンター

三次市十日市コミュニティーセンターにて、
昨年の夏に引き続いてのコンサートでした。



ここには、
知人や先輩方が勤務されており、
なにかと「縁」のある場所なのです。


コミュニティーセンターとはなんぞやというと、
昔の名前で云うと「公民館」とのこと。


三次市において、
十日市という地域は、
一番の人口密集地域であり、
そのコミュニティーセンターの守備範囲は、
幅広く、大勢なのだそうです。


そして、
近いうちに、
JR三次駅近隣に、
新十日市コミュニティーセンターが建設予定とか!


コミュニティセンターの目の前には、
三次市立十日市保育所と、
三次市立十日市中学校があり、
今月24日には、
十日市中学校にお邪魔することになっております。


本当にたくさんの方々にご参加頂きました。
(先日の「平和のつどい MIYOSHI」でお世話になった、
 コーラス「たんぽぽ」の方々や、
 お隣の十日市保育所の園児たちも!)


ということは、
最近のコンサートの中では必修科目である、
三次市「ひと・かがやきフェスタ」イメージソングとして誕生した、
「伝えよう笑顔と心」はお手のもの?!


かどうかは定かではありませんが、
老いも若きも、
笑顔と心と歌声をしっかりと重ね合わせたのでした。



「めでたし、めでたし!!!!!!!」

沖田孝司my_heart4444  at 23:14コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神戸3日目

神戸3日目=最終日。


練習の最後に待ち構えるのは「録音」です。


これをインターネットを通して、
4人のメンバーで共有し、
反省・反省・反省のあと、
練習と方向性を次回会うときに持ち寄ります。


録音はシビアですし、正確です。


実際、
どのように聞こえているのか、
しっかり、
くっきり、
はっきりと確かめることができます。
(怖いですが素晴らしい助言者です。)


さて、
来週のCD録音に向け、
不安と楽しみを秘めつつ、
練習の3日間を終了しました。


あとは、
私自身が、
来週までに、
どこまで詰めることができるかが・・・。


「とにかくやってみます!!!!!」


では、
お世話になった神戸女学院の最終案内です。


淑女の皆さん、
1875年創立のなかなかの学校ですよ!

100822kobe














続きまして学校案内板。
中等部・高等部・大学・大学院からなっています。

100822kobe1





















神戸女学院はキリスト教系の学校ですが、
実は校内に「社」があります。
創立以前のこの岡田山にあったものを、
そのまま残されているそうです。
(校内はまさに「トトロの杜」の様相です。)

100822kobe2














大学本部前の風景。
HPには「歴史を紡ぐ学び舎」とありました。
まさにその通り!!!!!!!

100822kobe3














本当に感謝・感謝の神戸女学院です。


1993年、
私がドイツから帰ってきた直後、
やはりドイツから先に帰国し、
この神戸女学院の指揮科教授となっていた友人からの要請もあり、
神戸女学院大学音楽学部オーケストラのお手伝いに、
広島から参上しました。


そのオーケストラにいたのが、
学生時代の知り合いだった、
ヴァイオリンの辻井淳であり、
当時、講師をしていたチェロの雨田一孝でした。


そこでの再会が、
「マイ・ハート弦楽四重奏団」、
および、
「マイ・ハート室内オーケストラ」の原点です。



「神戸女学院に乾杯!!!」

沖田孝司my_heart4444  at 23:01コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神戸2日目

神戸2日目!


神戸女学院大学にお世話になっております。
ここで練習させて頂き、
ここに宿泊させて頂いております。


130年を超える歴史を誇り、
兵庫県西宮市にある岡田山にたたずむ学校。
それが神戸女学院です。


今日より2日間は、
8月31日〜9月3日まで4日間、
滋賀県高島市にある「ガリバーホール」にて、
第5弾となるCD録音に挑戦する、
マイ・ハート弦楽四重奏団の、
濃い、
中身の詰まった練習なのです。


練習後も、
大学内にいる私ですので、
いくらでも個人練習ができます。


私の宿泊した「ケンウッド館」は、
数部屋のゲストルームに和室もあり、
広く趣のあるリビングに、台所もあります。
(以前、音楽学部オーケストラに参加し、
 給料を頂いていたこともあり、
 関係者として宿泊させて頂きました。)


なにしろ、
今回は他の宿泊者がいなく「我が世の春」状態!


ではご案内します。
(とはいってもほんの少々)


「ケンウッド館」玄関です。

100821kobe



















これが噂のリビング。

100821kobe2














ソファの後ろに控えしは「暖炉」。

100821kobe3


















蝉さんたちも、
声高らかに私を迎えてくれました!
(時にはびっくりするぐらいでした!)


緑に囲まれた学校。
ドイツもそうでした。

沖田孝司my_heart4444  at 23:32コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!