トップページ » 2011年01月
2011年01月

1月晦日

1月も最終日となりました。


最終日のことを「晦日」(みそか)といいます。


その最たるものが、
12月31日の「大晦日」。


「みそか」というのをPCで変換しますと、
「三十日」
「晦日」
「みそか」
「味噌か」
「ミソカ」という順番で出てきます。


いずれにせよ、
2011年1月は今日でお終い。


まったくもって早いものです。


「1月は行く」
「2月は逃げる」
「3月は去る」
という言葉があります。


「1月」は正月という一大行事があり、
「2月」は一月が28日間で普通の月より短く、
「3月」は年度末なのでやることが多く、
そんなこんなで、
「1月」「2月」「3月」は、
日が早く過ぎ去っていくという意味合いから、
「1月行く、2月逃げる、3月去る」と言われているようです。


また裏を返せば、
やることが多く、
事が、
なかなか思うように進まないとの意味もあるとかないとか・・・。


いずれにせよ、
まったくもって、
時の経つのは早いものです。



明日から2月。
私の誕生月です。


そんなこんなで、
誕生日の25日までを、
有意義に、
色濃く過ごすために、
「カウントダウン」というものをしてみようかと思います。



53歳まであと「25日」!
(数は合っていますっけ?!)

沖田孝司my_heart4444  at 23:21コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

まちめぐりコンサート & 寿美令会お楽しみ会 と ・・・。

広島市安東公民館を拠点とした地域を巡る「まちめぐりコンサート」。


2年前から始まり、
地域内の各所を巡っているそうですが、
第6回目の今日は、
その拠点である安東公民館が会場。


そして、
この地域にある、
寿美令(すみれ)会の新春お楽しみ会としての、
合同コンサートというものでもありました。


皆さんで歌いたい、歌える曲をあらかじめ4曲用意し、
自然発生的にも歌声が起こりますし、
まさに全員参加でのコンサートでした。


そのうえ、
安東公民館会議室では滅多に見られない、
「スタンディングオベーション」というおまけつき。


雪もちらつく屋外とは違い、
熱気に満ちた時間をともにすることができたました。



あっという間の1時間半が過ぎ、
その後、
広島市佐伯区に移動し、
私の友人を囲み、
その友人・知人たちが集合した、
まさに「ファミリーコンサート」に出演。



音楽は、
人を結び、
人をつなぎ、
音楽は、
人の栄養にもなると
確認した1日でした。





沖田孝司my_heart4444  at 23:45コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

佐藤匡司氏 叙勲受章祝賀会

私の広島県立三次高校時代、
私は硬式野球部に所属し、
汗に涙に愚痴にといろいろなものをこぼし、流しました。


その時、
そこにいらしたのが、
佐藤匡司(まさもり)監督と武田輝穂部長。


武田先生は先年、
私たちの「夢」であった母校の「甲子園出場」を、
その目で見ることなく他界されました。


佐藤監督は、
私たちの卒業が最後になったのですが、
21年間、
三次高校硬式野球部を守り、育んでくださいました。


PTAの広島県会長や、
補導員、協助員、民生児童委員等々、
数々の地域に根ざした活動、活躍もされ、
今回の栄えある叙勲受章となりました。


その席にて音楽を奏でさせていただきました。


こんなに嬉しいことはありません。

110129miyoshi
















佐藤監督を挟んで左より沖田弟と沖田兄。
(弟は私の2級下で三次高校硬式野球部出身。
 彼も高校1年次に佐藤監督の指導を受けました。)



私たちには合言葉があります。


それは「母校=広島県立三次高校の甲子園出場!」



「待っています!!!」
「願っています!!!!!」
「応援しています!!!!!!!」



沖田孝司my_heart4444  at 23:46コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

東京から広島へ、そして、尾道市立因北小学校

広島へ帰ります。


朝の羽田空港のラウンジ内、時刻は午前9時13分。


テレビでは朝のワイドショーをやっております。
出演は、
映画の宣伝もあり、
松山ケンイチ(俳優)、二宮和也(嵐)と司会の加藤各氏。


そのテレビの後ろには観葉植物があり、
その後ろの窓越しに飛行機が留まっているのが見えます。


その飛行機のボディーには5つの黒い物体が描かれています。


それはなにかと尋ねたら?

110128tokyo
















それは、
今、日本を「嵐」に巻き込んでいる「嵐」の5人!


その横と下には「僕の見ている風景」という文字。


偶然にも、
今、テレビに映っている二宮氏も描かれています。

110128tokyo1
















朝っぱらから「良いもの」を見たのでしょうか?!


しかし、
確率からいっても、
「運が良い」ことには間違いないでしょう!!!


そして、
遠くに目を移せば、
羽田空港の新国際線ビルディングがあり、
その後ろには、
白く化粧した「富士」が鎮座されております。

110128tokyo2

















ジンクスを担ぐわけでも、
迷信を心の底から信じるわけでもありませんが、
そのうえ、
時期も状況もずれておりいますが、
これを、
「一富士、二鷹、三茄子」という初夢ということにしてしまいましょう!


「富士」は「無事」、
「鷹」は「高い」、
「なす」は「成す」に通じるという解釈もあるそうですが、
この場合、
「富士」は「富士」、
「鷹」は「飛行機」、
「茄子」は「私」ということにしておきましょう!!!


何事も物は考えようです!!!!!


広島空港には家内の迎えがあり、
午後には、
尾道市立因北小学校でのコンサート。


この因北小学校の卒業生には、
「ポルノグラフティ」のヴォーカル岡野氏がいます。


「初夢」が功を奏したかどうかはわかりませんが、
私なりに、
充実した時間を共有できたと思います。


今日のこの時間が、
校長先生が、
人前へ出ると、
少々引っ込み思案になってしまうと心配されていた子供たちと、
参加されていた保護者の方々への「エール」になっていれば幸いです。

沖田孝司my_heart4444  at 23:27コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

東京広島県人会

大阪空港から羽田空港(東京)へ!
あっという間の飛行機の旅でした。


午後4時過ぎの、
羽田から品川へ向かうモノレールの中から見えた風景。


なんか変なお日様。

110127tokyo
















今年度の「東京広島県人会」、
総会&新春懇親パーティーに出席するべくの上京でした。
(「東京広島県人会」会長は林東京ドーム社長。
 会場はもちろん、東京ドームホテル。)


一応、私も「東京広島県人会」の会員であり、
お世話になっている方も多々あり、
ここでしか会えないというか、
ここで会うことのできる方々も多いのと、
今年も関東にて、
マイ・ハート弦楽四重奏団のコンサートを開催する予定ですので、
そのお願いも含め、
「お上りさん」となったのでした。

110127tokyo1
















広島からも、
県知事をはじめ各市町首長諸氏や、
広島ブランド企業等々の方々も参加されており、
1100人の広島人が、
故郷=広島を肴に盛り上がったのでした。


広島カープの野村監督とも話しをさせて頂きました。
三次高校の先輩・同輩にも会いました。


何故だか、
最初から胸に赤いリボンをつけて頂き、
会半ば、
ステージにて名前を紹介して頂きました。
その私の隣にいらしたのが俳優の千葉真一氏。
なんでも広島を題材にした映画を制作中とか・・・。


賑やかな会場を後にし、
ホテルを出るとそこは、
東京ドーム(野球場)と遊園地を望む中庭。


寒空に輝くイルミネーションがそこにありました。

110127tokyo2



沖田孝司my_heart4444  at 23:34コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神戸女学院

昨日のマイ・ハート弦楽四重奏団初顔合わせの練習に続き、
今日は、
神戸女学院大学音楽学部の室内楽の授業に参加しました。

110126kobe1





















辻井淳准教授が担当する授業で、
曲目はドヴォルザーク作曲のピアノ五重奏曲イ長調。


4楽章から成るこの作品の、
セカンドヴァイオリンとピアノのパートを数人の学生が分担演奏し、
マイ・ハートの辻井准教授がファーストヴァイオリン、
私=沖田孝司がヴィオラ、
そして、
チェロを雨田一孝が担当するという、
なかなか野趣に富んだ、
考えてみれば、
学生にとってはこの上ない体験となる授業かと思います。

110126kobe4
















昨年私たちマイ・ハート弦楽四重奏団は、
この作品のCDをリリースしており、
一応、
手の中に入っている作品ということで、
今回の授業の運びとなったようです。


昨年8月に、
第5弾CD録音の為の練習の際、
神戸女学院内の「ケンウッド館」という宿泊施設に宿泊したのですが、
今回も前回同様、宿泊させて頂きました。



西宮市岡田山(神戸女学院の住所)は静かな森です。

110126kobe2


沖田孝司my_heart4444  at 23:48コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

初顔合わせ

神戸に来ています。


マイ・ハート弦楽四重奏団の今年初顔合わせなのです
もちろん、
顔を合わせるだけでなく、楽器で音を重ね、音楽しました。


2月13日(日)13時半〜広島県民文化センター(広島市)
2月14日(月)18時半〜ふくやまリーデンローズ(福山市)での、
バルコム「マイ・ハート・バレンタイン・コンサート」と、
2月18日(金)19時〜箕面市立メイプルホール(大阪府箕面市)にての、
金曜室内楽シリーズ第三回「オーストラリアの旅」の練習のため、
四人の面々が揃い踏したのでした。


気分は上々、
調子は上々、
そのうえ、
首尾も上々とくれば、
コンサートに行く以外に手はありません。



皆様のお越しをお待ちしております。
(詳細はコンサート情報で!)


沖田孝司my_heart4444  at 23:24コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

三ヶ月に一度の…

偶然といえば偶然なのですが、
今日は、
三ヶ月に一度の検診の日でした。



尿検査もして、
数値も良く「問題なし!」


一安心とともに、
ホームドクターでもある、
片岡内科クリニックの片岡先生に、
また別のたくさんの元気を頂きました。



まさに、
「医者は仁術です!!!!!!!」


沖田孝司my_heart4444  at 23:23コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

三者懇談

一概に「懇談」といってもいろいろなものがあり、
なにがなんだかわかりませんよね!


今日は、
次男の高校にて、
センター試験も終了しての大学入試前の「三者懇談」

いよいよ、
最終的に目標校を定め、
それに向かい突進するための最終確認の「懇談」でした。


もう30年以上前になるのですが、
私の時はどうだったのでしょうか?


今、
ここにいて、
音楽家として生活していることなど想像もできなかったですし、
音楽を勉強し、
音楽を生業として人生を歩む以前の問題として、
目の前の「大学」が大きな壁だった気もしますが、
「若さ」という、
無謀で、
それでいて、
素晴らしい推進力を武器にすることだけがすべてでした。


さて次男さんはどんな人生を歩むのでしょうか?!


神のみぞ知る?!


後悔なきよう祈るばかりです!!!

沖田孝司my_heart4444  at 23:37コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

「HAPPY & BEAUTY コンサート」

三原市の素敵な女性たちが企画されたコンサート、
「HAPPY & BEAUTY コンサート」に、
藤田真弓バレエ団の、
うら若きプリマたちとともに出演させて頂きました。



場所は、
JR三原駅からも近く、
まだ新築間もない三原市芸術文化センター「ポポロ」。


そのホワイエ(ロビー)にて、
ライトアップされた庭園をバックに、
(もちろんガラス越しですが)
音の世界と、
3曲ばかりバレエとの共演を堪能しました。


企画されたのも女性団体。
出演バレエ団も乙女たち。


やさしさとパワーを、
じわじわ、
ひしひし感じたコンサートでした。

110122mihara2
















しかし、
「夜」を感じながら演奏するのもまた「いとおかし」!


なかなかいいものです。

110122mihara


沖田孝司my_heart4444  at 23:26コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!