トップページ » 2013年05月
2013年05月

祇園北高校PTAコーラス

今年、広島県立祇園北高校は創立30周年を迎えます。
(広島県内で30周年を迎えるのは、
 祇園北、高陽東、廿日市西の方位付きの学校と呉昭和高校が該当します。)


その祇園北高校には、
31回目を数える「合唱祭」という、
伝統であり、
恒例の行事がありますが、
オープン参加で教職員コーラスとPTAコーラスも出演します。


そのPTAコーラスの指揮者を、
今年も私が拝命し、今宵(木曜日)が2回目の練習でした。


学校に到着すると、
生徒達は下校の準備に取り掛かっていましたが、
いつもながら、最後にグランドを後にするのは硬式野球部。


全員が一列に並んで校歌の一番を歌い、
「ありがとうございました!」で締めくくります。


我が二人の息子も祇園北高校硬式野球部出身ですが、
今の3年生たちがあと何日、あと何回、
野球部員としてあの校歌が歌えるのかと思うと胸がキュンとします。


悔いの残らない毎日を過ごしてほしいものです。


130530gikita

沖田孝司my_heart4444  at 23:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

釋伸司(しゃくしんじ)[マイ・ハート弦楽四重奏団セカンドヴァイオリン]

釋伸司(しゃくしんじ)[マイ・ハート弦楽四重奏団セカンドヴァイオリン]の紹介です。


1959年生まれ。
京都市立芸術大学卒業。
元テレマン室内管弦楽団コンサートマスター。
ヴァイオリンを吉村淑子、亀田美佐子、岩淵龍太郎、徳永二男、
ゲルハルト・ボッセ、サイモン・スタンデージの各氏に師事。
現在、
いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、
及び、
京都フィルハーモニー室内合奏団コンサートマスター。


私に言わせると、なんでもできるスーパープレーヤーです。

130529syaku5














マイ・ハート室内オーケストラでの風景

アンダーソン:「そりすべり」?!

130529syaku
























セカンドヴァイオリンのトップとコンサートマスターの役割を担っています。

130529syaku1
























ゲネプロ中

130529syaku10
























今は演奏することが叶わない「カザルスホール」でのゲネプロの一コマ
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」

130529syaku2
























マイ・ハート弦楽四重奏団での風景

シュトラウス:「ラデツキーマーチ」からの一場面

130529syaku8
























沖田からの急な振りのアンコール曲譜面を探しています。

130529syaku6
























今は演奏することが叶わない「カザルスホール」でのピアノ五重奏曲のゲネプロ。
マイ・ハート弦楽四重奏団+藤井由美(ピアノ)

130529syaku9
























釋、見入るの図

130529syaku3
































マイ・ハート弦楽四重奏団ヴァイオリン奏者ふたり

130529syaku4
































毎年恒例のバルコム「マイ・ハートヴァレンタイン・コンサート」終了後、
出演者とスタッフの記念集合写真

130529syaku7
























「マイ・ハート・コンサート」応援団=「マイ・ハート倶楽部」総会・懇親会での一コマ

130529syaku11

沖田孝司my_heart4444  at 14:34コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

辻井淳(つじいじゅん)[マイ・ハート弦楽四重奏団ファーストヴァイオリン]

辻井淳(つじいじゅん)[マイ・ハート弦楽四重奏団ファーストヴァイオリン] を、
短いプロフィールと写真で紹介します。


1959年生まれ。
東京芸術大学附属高校を経て、東京芸術大学を卒業。
ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学留学。
元京都市交響楽団コンサートマスター。
第50回日本音楽コンクールヴァイオリン部門第2位。
ヴァイオリンを久保田良作、亀山絹子、山岡耕筰、 田中千香士、
ヴォルフガング・ミュラーの各氏に師事。
現在、神戸女学院大学准教授、愛知県立芸術大学非常勤講師、
及び、新日本フィルハーモニー交響楽団客演コンサートマスター。


辻井淳立ち姿

130527tujii8
































マイ・ハート弦楽四重奏団第1ヴァイオリン辻井淳 

130527tujii7
































マイ・ハート弦楽四重奏団第1ヴァイオリン辻井淳 

130527tujii4
























ソリスト辻井淳

130527tujii2
























マイ・ハート「1ノート・1コイン」コンサートでのひとこま
三原市芸術文化センター「ポポロ」にて

130527tujii1
























マイ・ハート「1ノート・1コイン」jコンサートでの共演合唱団と。
みんなで「ピース!」

130527tujii9
























「マイ・ハート・コンサート」応援団=「マイ・ハート倶楽部」
毎年1回開催される総会・懇親会にて

130527tujii


























130527tujii11























神戸女学院に行きました。

130527tujii3
























コンサート打ち上げ!

130527tujii5
























マイ・ハート室内オーケストラ参上
「デビューアルバム」をリリースしています。
バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」
独奏:辻井淳
演奏:マイ・ハート室内オーケストトラ

130527tujii10
































































沖田孝司my_heart4444  at 17:27コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

あなたに逢えてよかった

UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦は、本当に素晴らしい試合でした。


残念ながら「ボルシア・ドルトムント」は勝つことは叶いませんでしたが・・・。


しかし、素晴らしい瞬間に立ち会えたことに感謝します。


      「あなたに逢えてよかった」




      「あなたに逢えてよかった」


これは私の作ったCDのタイトルであり、そのタイトル曲でもあります。


素直に、「あなたに逢えてよかった」という思いで作りました。
ただ歌詞の中に、お釈迦様の「無財の七施」(むざいのななせ)という、
誰にでもできる七つの施(ほどこ)しを表す言葉を散りばめました。


その効果があったのかどうかはわかりませんが、
現在までに約4500枚のCDを販売させて頂いております。


また、冠婚葬祭の場で、
この「あなたに逢えてよかった」が流れ始めています。


一度、お耳にしていて頂ければ幸いです。



「あなたに逢えてよかった」作詞・作曲:沖田孝司、歌:にしかわてるこ


このCDは、OKITAレコーズでお買い求め頂けます。
(定価1050円・送料込)http://okitarecords.free.makeshop.jp/


またこのCDは、 iTunes にてもお買い求め頂けますし、
CDに挿入されている作品を各250円でダウンロードして頂けます。

★あなたに逢えてよかった にしかわてるこ(telko)
Apple ID: http://itunes.apple.com/jp/album/id624498819
UPC/EAN:4524505279687



CD「あなたに逢えてよかった」ジャケット

jacket%20005














歌手のにしかわてるこさん(telko)

telko with natume

沖田孝司my_heart4444  at 23:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦

明日の早朝、
UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦がロンドンにて開催されます。



戦うチームは「ボルシア・ドルトムント」と「バイエルン・ミュンヘン」。


UEFA史上初のドイツクラブチーム同士の対決となりますが、
私はテレビの前で、手に汗を握り、
叫びたい衝動に駆られつつ、応援すること必定!


1980年、ドイツに留学し、
1988年〜1993年、ドルトムント市立フィルハーモニーオーケストラ団員として、
彼の地に暮らしていた私たち家族は、もちろん「ボルシア・ドルトムント」ファン。
1993年、日本への帰国を決意した私は、
団員、劇場で働いていた仲間、
そして、私たちの親分であるドルトムント市を巻き込み、
みんなの協力があってこその、
広島原爆被爆者の為のチャリティーコンサート「HIROSHIMA'93」を、
開催することができました。
(指揮は日本にもゆかりのある当時の音楽監督だったモーシェ・アツモン。
 ソリストは同い年であり、当時ヨーロッパにても活躍中だった、
 友人の番場ちひろ(ソプラノ)と堀米ゆず子(ヴァイオリン)のご両人。
 そして演奏はもちろんドルトムント市立フィルハーモニーオーケストラ。)


「HIROSHIMA'93」終了後、
13年のドイツ生活に別れを告げ日本に帰国した私ですが、 
そのコンサートの入場収入と、
実況録音版CDを制作・販売した収益の約500万円を、
後年、広島市に寄付させて頂きました。


その際、
チャリティーCDに関し、
日本で広く知って頂き、ご協力を頂くため、
ふたりのサッカー選手にサポーターとして名を連ね、ご尽力いただきました。


ひとりは、
ドイツから帰国され、
当時の「サンフレッチェ広島」主将風間八宏選手(現「川崎フロンターレ」監督)。
もう一人は、
「ボルシア・ドルトムント」から「浦和レッズ」に移籍していたミヒャエル・ルメニゲ選手
(その現「浦和レッズ」に、
 「サンフレッチェ広島」監督から、
 同い年であり友人のミハイロ・ペトロヴィッチ氏が就任したのも何かの縁?!)


1997年、
「ボルシア・ドルトムント」はUEFAチャンピオンズリーグを制し、
国立競技場で「トヨタカップ」決勝戦を戦い、世界チャンピオンとなりました。


その際私は、
当時の平岡広島市長から応援メッセージを預かり、国立競技場に馳せ参じました。
ドイツでは、コンサートの後援は、
日本流に団体名で団体に責任がかかるのではなく、個人名で個人に責任がかかります。
「HIROSHIMA'93」の場合、
主催はドルトムント市立フィルハーモニーオーケストラ、
後援がドルトムント市長と平岡広島市長の両名で開催し、
両市長にもお言葉を頂きました。
その縁があり、「トヨタカップ」決勝戦の際、
平岡広島市長からの応援メッセージを預かり、
国立競技場の「ボルシア・ドルトムント」に届けました。


「2-0」で完勝したその晩、
どこでどう間違ったのか、
「ボルシア・ドルトムント」選手・スタッフの祝勝会に、
参加させて頂いたのですが(私は唯一の日本人でした。)、
試合前のミーティングで、
平岡市長からのメッセージが読み上げられ、
「広島が応援している!」との言葉を確かに受け取ったと選手諸君から聞き、
感激したのを覚えています。
その時のミヒャエル・ツォルク主将が、
現「ボルシア・ドルトムント」スポーツディレクターで、
香川真司選手を日本から引っ張っていった張本人です。


「バイエルン」と「ボルシア」、因縁のあるような、ないような・・・。1996〜97年のシーズンにおいて、
ドイツチャンピオンになった時点での「ボルシア・ドルトムント」のヒッツフェルト監督は、
1998〜99年シーズンから「バイエルン・ミュンヘン」の監督に就任。
「HIROSHIMA'93」のサポーターを務めて頂いた、
元ドイツ代表、元「ボルシア・ドルトムント」、
元「浦和レッズ」のミヒャエル・ルメニゲ選手のお兄様は、
元ドイツ代表主将、
元「バイエルン・ミュンヘン」、
現「バイエルン・ミュンヘン」代表取締役社長のカ―ル=ハインツ・ルメニゲ氏です。


ドイツと言えば、
ビールにワインにソーセージ(?!)。
そのビール消費量のヨーロッパチャンピオンは、
オクトーバーフェストのある「ミュンヘン」ですが、
生産量ヨーロッパ一は、
大きなビール会社が6社ある「ドルトムント」です。


「バイエルン・ミュンヘン」を日本で例えるなら、
(サッカーでなく、プロ野球で申し訳ありませんが、このほうがぴったりなので)、
資金面でも、人気でも抜きんでている「読売ジャイアンツ」。
「ボルシア・ドルトムント」は、
8万人収容のスタジアムを有し、
そのうちの約5万席の年間指定席が毎年完売し、総
入場者数はドイツ一と、
ともに熱い応援に支えられている「阪神タイガース」でしょうか?!
(チームカラーも似ています。)


「バイエルン・ミュンヘン」のチームカラーは「赤」


「ボルシア・ドルトムント」のチームカラーは「黒」「黄」


さて、さて、世界中が見守る「UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦」!


明日の早朝は、記憶に残る一戦を楽しみたいと思っています。



*「HIROSHIMA'93」(2500円)のCDを購入することができます。
 詳細はOKITAレコーズ http://okitarecords.free.makeshop.jp/
   モーツァルト:モテット「踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ」KV165
   ベートーベン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61
   ベートーベン:交響曲第7番イ長調op.92
 ソプラノ:番場ちひろ
 ヴァイオリン:堀米ゆず子
 指揮:モーシェ・アツモン
 演奏:ドルトムント市立フィルハーモニーオーケストラ



「走れ、跳べ、シュートだ!」(この一節はサッカー応援歌「君の名は」より)

130525dortmund6



















私の持っている「ボルシア・ドルトムント」Tシャツ

130525dortmund1



















「ボルシア・ドルトムント」Tシャツ拡大版

130525dortmund2



















「ボルシア・ドルトムント」Tシャツを着ているの図

130525dortmund4















広島原爆被爆者の為のチャリティーコンサートCD「HIROSHIMA'93」ジャケット

130525dortmund5




沖田孝司my_heart4444  at 15:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

6月の出会い(ラコントル)のひととき vol.8

6月の出会い(ラコントル)のひととき vol.8 のご案内

          
板谷由起子(オーボエ・広島交響楽団)、
荻原里香(マリンバ)両氏をゲストに迎え、
その音楽と軽食+1ドリンク!


きっと、素敵な時間をお過ごし頂けることと確信しております。


   出会い(ラコントル)のひととき vol.8 


◆日時:6月22日(土)18時半〜20時

◆場所:カフェ&レストラン Rencontre(ラコントル)
     〒730-0812 広島市中区加古町4-17
     アステールプラザ1F(西側川沿い)
     TEL:082-247-3910

◆出演:板谷由起子(オーボエ)荻原里香(マリンバ)

◆案内:沖田孝司(ヴィオラ)沖田千春(ピアノ)

◆料金:2000円[要予約](1プレート+1ドリンク)


座席数は50席ですので、お早めにご予約ください。


Vol.9は、7月23日(火)と恒例の22日ではありません!!!
中村めぐみ(フルート・広島交響楽団)、
三好敬子(ピアノ)両氏がゲストです。

8 チラシ




































お時間許せば是非!

沖田孝司my_heart4444  at 18:59コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

昨日の“出会い(ラコントル)のひととき vol.7

5月の“出会い(ラコントル)のひととき vol.7”は、
小林良子(ソプラノ)大下さちこ(ピアノ)両氏をゲストに迎え、
大盛況(これまでで最多の61名の参加),
そして、大好評のうち、無事、終了しました。



料理の1プレートの評判も良く、
スタッフの笑顔も一役買っています。


軽妙でもあり、
ほんのり、
そして、
しっとりとした音楽を響かせてくださった,小林良子&大下さちこ両氏に心から拍手を送ります。


ご来場の皆様も含め、

        「本当にありがとうございました。」

当日のプログラムは3部に分かれています
◆出会いのひととき「序章」
   あなたに逢えてよかった 沖田孝司:詞・曲(恒例の歌)
   そして、ゲストのウエルカム演奏
   春へのあこがれ オーヴァーベック:詩 モーツァルト:曲 
◆至腹のひととき(軽食)
◆出会いのひととき「本章」(ゲストステージ)
   のばら             ゲーテ:詩 シューべルト:曲
   すみれ             ゲーテ:詩 モーツァルト:曲
   もう春だ              メーリケ:詩 ヴォルフ:曲
   花の街             江間章子:詞 團伊玖磨:曲
   たんぽぽ            三好達治:詞 中田喜直:曲
   からたちの花         北原白秋:詞 山田耕筰:曲
   花                武島羽衣:詞 滝廉太郎:曲
   [アンコール]
   私のお父さん  オペラ「ジャンニ・スキッキ」より
                             プッチーニ:曲
◆誓いのひととき(全員で、次回の再会を期して)
   上を向いて歩こう         永六輔:詞 中村八大:曲


あっという間の素敵な時間でした。


小林良子さんのドレスは「すみれ」
大下さちこさんのドレスは「ばら」をイメージしてのものだそうです!


130522ra2

























130522ra1

























130522ra

























130522ra4

































130522ra5
































たくさんの方にご来場いただきました。

130522ra3
































出演者4人の記念撮影です。

130522ra6
























次回6月の “「ラコントル」(出会い)のひととき vol.8”は、
日時:2013年 6月22日(土) 18:30〜
出演:板谷由起子(オーボエ)荻原里香(マリンバ)の両氏です。



ご期待ください!!!!!!!

沖田孝司my_heart4444  at 16:27コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

嬉しい悲鳴

嬉しい悲鳴をふたつ!


「ギャー!!!」


5月22日(水)18時半〜 
カフェ・レストラン「ラコントル」での、
「ラコントル」(出会い)のひととき vol.8 は、
現在までに53名の予約を頂き、ほぼ満席となりました。
(もう少しは、店長裁量でなんとかできるとか・・・。
 その後56名となりました。)


写真は、今年1月22日の vol.3 から

130122





















「ギョエ〜〜〜!!!」


5月31日(金)19時〜 
はつかいち文化ホールさくらぴあ小ホールでの、
マイ・ハート弦楽四重奏団による、
「マイ・ハート・コンサート in はつかいち」は、
さくらぴあ事務局より連絡があり、ほほ完売状態とのこと。
残すところわずか数枚のみとなりました。
(因みに全指定席です。)



「本当にありがとうございました。」


これが噂の「マイ・ハート弦楽四重奏団」です。

130518MY1

沖田孝司my_heart4444  at 23:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

乳幼児子育て広場「にこにこ」

毎年恒例の広島市真亀公民館主催事業、
乳幼児子育て広場「にこにこ」にて演奏してきました。



参加者は、
スタッフ(相談員)の他、
30組の乳幼児とその保護者(母親)。


私(ヴィオラ)と家内(ピアノ)に与えて頂いた時間は1時間。


「来年も必ず!」との声を頂き、無事、終了しました。

130517koyo1
























みんなの中に入って子守唄をソロで演奏しました。
(モーツァルト(?)、シューベルト、ブラームス、山田耕筰の作った4曲の子守唄)

130517koyo

沖田孝司my_heart4444  at 23:30コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

サウンドオフィス クロスロード

友人であり、
音のエンジニアであり、
サウンドオフィスの経営者である「ナベさん」に、
デモ録音のピアノパートを録音して頂きました。



その歌のタイトルは「わが故郷は」(作詞・作曲:沖田孝司、編曲:中村健)


さて、どんな歌に仕上がるのでしょうか?


今日は、
ピアノと歌のガイドとしてヴィオラを一緒に録音し、
ピアノパートのみを取り出し、それを東京へ送るという手筈。


そして東京では、
友人の素敵な女性シンガーが歌を入れてくれる予定です。


ただ、
この曲「わが故郷は」は、
出来たてのホヤホヤでもあり、
デモの域を出ないかと思いますが、本当に楽しみです。


「わが故郷は」のデータは、
すでに東京に旅立って行ったようです。!


「可愛い子には旅をさせろ!」


では、録音の模様です。

130514

沖田孝司my_heart4444  at 23:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!