トップページ » 穴子ひつままぶし御膳「尾道おひつ」

穴子ひつままぶし御膳「尾道おひつ」

同い年の気の置けない友人=高橋宏明氏に会いに尾道まで出かけました。
彼が経営者でもある尾道国際ホテルにて食事をしながらの再会。



彼は、1000人がパレードに参加する「全国仮装大会inおのみち」という、
とんでもないイベントの仕掛け人でもあります。
(今年2019年は9月28日(土)・29日(日)開催)


我が故郷三次では、
いよいよ4月26日(金)、
三次もののけミュージアムが開館します。


28日(日)には、
「もののけパレード」が予定されていますが、
その協力とアドヴァイスを頂きに、
高校の同級生でもある、
みよし観光まちづくり機構永江専務理事と一緒に伺いました。


頂くといえば、
穴子ひつままぶし御膳「尾道おひつ」を頂きましたが、
おひつに入った「ひつまぶし」をしゃもじで十文字に切り、
四等分し、
茶碗にとり、
,泙困呂修里泙
△箸蹐蹐鬚けて
お茶漬けで
ず埜紊呂好みで頂く趣向になっており絶品でした。


関東の「蒸す」ではなく、
古屋以西の「焼く」という文化の穴子!


是非一度、御賞味ください。


所は尾道国際ホテル1階和食処「四季亭」
https://www.kokusai-hotel.com/kokusai/


穴子ひつままぶし御膳「尾道おひつ」全容

190330 尾道

























「焼き穴子」です。

190330 尾道1

























「尾道おひつ」の美味しいお召し上がり方

190330 尾道2



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星