2005年08月07日

■ ガソリンとディーゼルの融合

a9ff8e3d.jpgさて、この表はどんなエンジンのスペックでしょうか?

        Audi A8 4.2      Mercedes E420
Disp      4134cc         3996cc
Power     326 PS         314 PS
Torque     650Nm          730Nm
0-100Km/h   5.9 sec         6.1 sec
Fuel consmp  10.64Km/L        10.75Km/L

ガソリンエンジンと思われたでしょうが、実は双方ディーゼルエンジンなのです。
ここまで来るとガソリンエンジン並ではなく、それ以上と言うことができます。

ガソリン直噴ターボはターボながら圧縮比は10.0(従前は8.5程度)を越していますし、方やディーゼルターボはディーゼルながら18程度(従前は25程度)というように
圧縮比は従前の「1:3」から「1:1.8」と近づいています。
構造面ではディーゼルでもアルミのシリンダーブロックが採用され、直噴技術も同様なシステム(画像参照:ディーゼルのコモンレール)をとっている昨今、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンは限りなく近づいて来ています。
違いは点火プラグが有るか・無いか位しか無くなってきています。
ガソリンとディーゼルの完全融合は、もう間近かも知れません!

-----------<8月8日追記>-------------


Renault Laguna(Nissan) 150-hp 2.0 dCiの仕様は次の通りです。

Disp      1,995cc
Power     150 hp
Torque     340Nm  
Comp ratio   16.0:1
Fuel consmp  17.24Km/L
 
これを見ますと圧縮比はガソリンエンジンに限りなく近づいていますし、燃費は軽自動車並みと言えます。


my_mini_cooper at 21:40│Comments(0)TrackBack(0)■ Volkswagen(VW) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔