2006年04月06日

■ ジムカーナ用のタイヤは??4

dcad8ad8.jpgFF車に於いて、ジムカーナ用のタイヤはフロントに比してリアが何故ダウンサイズや特別製のコンパウンドにしているのか考察してみます。
某選手権N2クラスの優勝車の前輪は「225/45R16」、後輪は「195/55R15」でした。
後輪側のタイヤ幅とハイトが2ランクも違っていることが 解ります。
ジムカーナの場合、タイトコーナーが連続する為、スムースな旋回をするにはテール側の振出しがとても重要となります。
解説図でも示すように、スリップアングルが付き難いタイヤの場合、どうしても回転半径が大きくなってしまいます。
N2クラス(FF車)の場合、後輪側が特に旋回のポイントになる為、上記のようなタイヤサイズとなっております。

テールのマスが小さなMINIで山道のタイトなカーブを楽しむ為には、如何にスリップアングルを付けるかがポイントとなります。
このような場面ではロープロタイヤやケース剛性の高いタイヤ(特にサイド補強型のRFTは嫌いです)は無用の長物となり、曲がらない車となってしまいます。

◆ タイヤの力学や車の操縦安定性などについて、もう少し知りたい方はこちらをご覧下さい。

◆ サイド補強型のRFTで突き進むBMWの危機

my_mini_cooper at 22:35│Comments(3)TrackBack(1)■ All MINI 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ■ 多気室タイヤ  [  ★ My_MINI_Cooper & GTI ・TDI ★ ]   2006年04月22日 18:25
5 空気圧がゼロでもぺしゃんこにならず、普通の人なら何百Kmも気付かず走れる程強固なサイドウォールを持っているランフラットタイヤ(RFT)はスリップアングルが付き難く快適なドライブを阻害しています。 しかし、BSが開発した「多気室タイヤ」は安全性と快適性双方を兼ね備...

この記事へのコメント

1. Posted by しの   2006年04月06日 23:58
こんばんは。私も昨年までジムカーナをやってました。ドアのすぐ側を中心にしてクルマがクルクル回る感じは一度覚えると病みつきになります!
今乗っている車はFRですが、今度のシトロエンC4が初めてのFF車になります。ディーゼルだしジムカーナ遊びには向いてませんが、どんな挙動をするのか楽しみですね。
タイヤと言えば、C4は最初から16インチの55扁平なんてサイズが付いてくるのが少し不満です。それで納車前からインチダウンなど計画中してます(^^;今までSタイヤかハイグリップ系しか買ったことが無いので、もう少しコンフォート系のタイヤも研究させてもらいます。
2. Posted by OLM   2006年04月07日 17:54
しのさん、コメント有難うございます。
ジムカーナをやっていらっしたのなら後輪をつかって曲がるのはご承知ですね!
シトロエンC4ディーゼルでのジムカーナは、逆に面白いかも知れませんよ。
ガソリン車と勝手は違うでしょうが、低速トルクを活かした走りを開拓して下さい!!

タイヤの件ですが、日本のインポーターはロープロにすれば売れると踏んでいるのか、ハッチバック車でも、何でもロープロを付けてきます。
この辺はどうかな??と思うところです。
しのさんはインチダウンしてタイトコーナーをガンガン楽しんで下さい。
私のMINIは15inのままなのですが、同じサイズのタイヤでもテールの振り出しが大分違いますねぇ。
今履いている「S.drive」凄く気に入ってます。
さっきも、ちょっと時間が空いたのでタイトコーナーを走って来たました。

3. Posted by vangel   2006年04月19日 20:42
1 japanese language in your site?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔