my_verybest

トレードを身につけるためのブログ

トレードは初心者。一から身に付けるため、学んだことを記録しています。

14 12月

FOMC発表後の動き(+20円)

午前4時のFOMC発表で何が起こるのか、観察するつもりで待機した。

まず画面を開いて驚いたのは、2:00amに、昨夜引いた下向きの上値TLで反落していたこと。

FOMC発表直後の動きは、上値TLと下値TLの範囲内で一往復のみ。
レンジを出る展開にはならないように感じられた。

それなら下で買って、上で売る、というレンジ内での取引ができる、と考えた。

買いは、直前の反転の価格を参考に22725円。22685円LC設定。
ロスカットラインが下値TLの下、前の安値の22695円の下、なので、いけるのではないかと考えた。

利確ポイントは22775円を最初設定したが、確実なところで、目先の抵抗体である22750円に下げた。

難なく利確して、+25円。利確ポイントを22750円にしたのも正解だった。

仮に発表に何かサプライズがあったとしたら、どう動いていただろう。
やはりTLが絡む動き方になっただろうか。

そうこうするうちに、下値TLを割り、22700円も割った。
先ほど利確できたのはラッキーだったのかもしれない。
13 12月

上昇と勘違いしやすい形

今日は、22800円割れは下値抵抗体ラインでもみあい、
上値TLから頭を出したのもつかの間、急降下だった。

昨日ロスカットした買い建玉を思い出した。

お昼の12時。
下値は上がってきた。寄り付きからの上値を結んだTLの上に出た。
選択するなら買い。
けれども、ここ数日の日足は下向き傾向なので、「これだけ下げたらもう下がらないだろう」という位置以外で買うのはやめる。 

数えてはいないが、この考え方で、今までかなり助かっているので、
これは自分のスタイルに登録。
もううっかり手放さないように、気を付けたい。

また今日は、予想線を引いてみた。
1213予想線

上値を結んだ下向きTLは、このまま絡んでくるのだろうか。
今夜のFOMCをきっかけに上昇(下落)するとしたら、どう動くだろう。

12 12月

12/12 (ロスカット40円)

最初の図は12/10~12/12の5分足チャート。

SQ週の最後に上昇し、明けて月曜日は小動きで22800円~22900円のレンジを形成。

火曜日は、そのレンジの上値延長線上の22870円まで上昇して反落し、レンジ下限の延長線上の22790円で反発。

結局、上値延長線上、下値延長線上でそれぞれ一回ずつエントリチャンスがあったことになる。いずれも東京時間。

1210-1212分足

ところが、今日はチャートを超短期で表示し、午前2時から本日午前中の上昇をトレンドと見て、12:30過ぎにこれから再上昇する考えて22905円で買いエントリ。15分でロスカット。高値延長線での反落を一時的なものと考えて、その後に続く下落を想定しなかった。
1212分足

その後、下値延長線上での指値買いエントリは、検討はしたが、昼間のロスカットが気になり、2回連続のロスカットはちょっと、とブレーキが働いて余計迷った。

指値をいくらにするか、間に合うか、によって成功していたかどうかはわからないが、どっちにしろ、ロスカットに2度やられた感じになった。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ