バラッハー。どうもポルクです。本日もよろしくお願いします。



今回は、誉め言葉。というテーマでお話させていただきます。


誉め言葉は誰しもが嬉しいことですよね。多分褒められて


嬉しくない人はいないと思います。


その誉め言葉を使って、初対面の異性や好意を持った異性の印象に残る


方法を少しご紹介


先ほどもお話しましたが褒められると人間誰しもが嬉しくなります。


とはいえ、あからさまなお世辞は逆効果になります。



折角相手を褒めて喜ばせるのだから、言葉を吟味して上手に褒めましょう。



例えば美人な女性に「綺麗ですねー。」とか。あるいは仕事ができる


男性に「有能ですよねー。」とかといったストレートな言い方だと

相手はそれなりに喜ぶかもしれませんが、強く印象に残すには

少しパンチが足りません。

しかも場合によっては、相手にとりあえずの、お世辞に思われるかもしれません


それよりも、「目元が女優さんっぽいですよね。」とか

「○○さんと一緒に仕事をさせていただけると安心です。」などの

曖昧な表現で褒める方が効果は高いです。

また
顔全体を褒めるよりも、顔のパーツを褒めた方がよいです。

人はストレートな言葉よりも、少し捻った曖昧な表現の方が心を打たれるそうです。


捻った曖昧な言葉で表現されると「これは、どう解釈すれば良いのだろう?」と

考えをめぐらす余地があるため、強く印象に残ります。

ただし、曖昧な表現。といっても、あまりにもわかりづらい表現では

褒めていることにはならず、バカにされていると受け止められてしまうので

ご注意を。

言葉を上手に使って、気になる異性の心を動かしてみてください。

今日の一言

褒めるなら 曖昧ながらも 喜ばす。

もしよろしければ、ご感想やテーマで挙げてほしいことがありましたら

コメントをよろしくお願いします。


本日も最後までご覧いただきましてありがとうございました。


それではまた次回。

ポルクでした。バラッハー。