鏡作神社・鏡作坐天照御魂神社(奈良県・磯城郡・田原本町・八尾)に関する記事です。

鏡作坐天照御魂神社は、近鉄橿原線の田原本駅の北1km、
鏡作麻気神社とは寺川を挟んで西側に鎮座します。

鏡作坐天照御魂神社は大和国・城下郡鎮座・月次新嘗と記される
鏡作坐天照御魂神社に比定される式内大社です。 


鏡作坐天照御魂神社1
鏡作神社の鳥居

このあたり一帯は、古代に銅鏡の製作を専業としていた鏡作部たちの本拠地でした。


田原本町付近には、
鏡作伊多神社(宮古・保津)、
鏡作麻気神社(小阪)、鏡作坐若宮神社(八尾)
など色々な鏡作神社があります。


伊多は「鋳た」、麻気は「磨け」と鏡の製作を効率良く分担していたことが伺われます。


そして当社の北500mには唐古遺跡があり、青銅器の鋳造遺物も多く出土し、
古代鏡作部との関係も注目されています。


鏡作坐天照御魂神社3
鏡作神社の拝殿1


鏡作坐天照御魂神社4
鏡作神社の拝殿2

当社は鏡作神社と呼ばれ、三種の神器の一つである八咫鏡を製作した、
石凝姥(いしこりどめ)を始めとする、鏡作三所大名神をお祀りしています。

主祭神の石凝姥は五伴緒の一神として瓊瓊杵尊に随伴して天降りしました。
五伴緒とは天児屋命天太玉命天鈿女命玉祖命石凝姥命のことです。 


石凝姥は石の鋳型を用いて鏡を鋳造する老女と言う意味で、
鋳物の神・金属加工の神として信仰され、鞴神社の祭神でもありました。、


中央:天照・国照彦・火明命(あまてる・くにてるひこ・ほあかり)
右: 石凝姥 (いしこりどめ)
左: 天糠戸(あめのぬかと)

鏡作坐天照御魂神社5
鏡作神社の本殿1

鏡作坐天照御魂神社の起源は、
ご神宝の銅鏡を天照国照彦火明命と称えて祀ったものです。

天照国照彦火明命は天照御魂神とも呼ばれる太陽の神様です。
関西には坐天照御魂神社は四社あり、鏡作神社もその一社でした。

木嶋坐天照御魂神社(京都府・太秦)
他田坐天照御魂神社(奈良県・桜井市)
鏡作坐天照御魂神社(奈良県・磯城郡)
新屋坐天照御魂神社(大阪府・茨木市)

鏡作坐天照御魂神社6
鏡作神社の本殿2(天糠戸・天照国照彦火明命・石凝姥)

第10代崇神天皇の頃、天照大神の伊勢遷宮に伴い、
三種の神器である八咫鏡も笠縫邑~伊勢神宮で祀ることになります。

そのために宮中で祀る神鏡が無くなり、八咫鏡を作った石凝姥の子孫の鏡作師が、
日像鏡を改鋳して、別の鏡を製作することになりました。
このときの試作品の鏡がこの鏡作神社の神宝ということです。

神宝の鏡は欠けたのでは無く、
試作で銅が十分に充填しないものを自分たちの宝にしたのでは?と思っています。
天照大神や天皇の鏡だから恐れ多くて完全な複製は鋳造できなかったのでしょう。

注ー1)
日像鏡(ひがた)

日像鏡は日矛鏡(ひぼこ)とともに、石凝姥命が八咫鏡に先立って造った鏡とされ、
現在は日前神宮・國懸神宮(和歌山市)の御神体。


鏡作坐天照御魂神社11
神宝の銅鏡

境内には天八百日命を祭神とする摂社の鏡作坐若宮神社があります。


鏡作坐若宮神社2
摂社の鏡作坐若宮神社

<関連記事>
鏡作神社の境内②笛吹神社と鍵取神社(磯城郡・田原本町・八尾)

鏡作神社の参道①鏡作麻気神社(磯城郡・田原本町・小阪)
鏡作神社の参道②鏡作伊多神社(磯城郡・田原本町・宮古)
鏡作神社の参道③鏡作伊多神社(磯城郡・田原本町・保津)
鏡作神社の参道④石見鏡作神社(磯城郡・三宅町・石見)

鏡作神社の参道⑥唐古・鍵遺跡(磯城郡・田原本町・唐古)
鏡作神社の参道⑦今里杵築神社(磯城郡・田原本町・今里)
鏡作神社の参道⑧笹鉾山古墳(磯城郡・田原本町・八尾)
鏡作神社の参道⑨羽子田遺跡(磯城郡・田原本町・東羽子田)はこだ



大きな地図で見る