波太神社の参道⑫首切地蔵(阪南市・石田)に関する記事です。

南海電鉄の鳥取ノ荘駅から信長街道(府道257号)を東南に3km程進むと、
波太神社の手前に蓮池という土手で周囲を囲まれた大きな溜池があります。

蓮池マイマップ

蓮池マイマップ

蓮池は鎌倉時代の初期に僧の重源が築造した溜池と伝わります。

重源(1121-1206)は、紀氏の出身で、
壊滅した東大寺の奇跡的な復興で知られる僧侶でもあります。

蓮池
重源が築造した蓮池

蓮池は阪南市桑畑の丘陵に発する流れを溜め、
農業用水として使われる佐智川が勢い良く大阪湾に流れ込みます。

この佐智川に沿った道が、信長街道で、
信長・秀吉が紀州雑賀・根来寺攻めの為軍用道路として整備し、
討伐にあたっては波太神社に陣を置きました。


佐智川
蓮池から大阪湾に流入する佐智川

信長街道が蓮池に指しかかる場所(コメリの手前)に蓮池の土手の登り口があり、
その中間に首切地蔵があります。

 
豊臣秀吉が天正13年(1585)に紀州の根来寺を攻めた時、
波有手(ぼうて)の道弘寺をはじめとするいくつかの
寺院の僧達が秀吉に反抗し、ことごとく首を斬られました。

村人達はあまりの無残さに斬られた僧達を厚く葬り、
石地蔵をたてて冥福を祈ったそうです。

周辺の石田地区では、この地蔵を大切に祀れば村が繁栄するとされ、
現在でも祭事が行われています。

首切地蔵
首切地蔵