阿保親王塚古墳の参道①阿保天神社(芦屋市・上宮川町)

阿保天神社はJR芦屋駅の南東200mに位置します。

昔は天滿宮および阿保天神社と呼ばれ、
打出天神社と同じ菅原道真をお奉りして多くの人々に親しまれていました。

昭和20年8月の阪神大空襲で焼失し、7年後に今の本殿や拝殿が新設されました。
その際、芦屋ゆかりの阿保親王や在原業平を加えてお奉りし
阿保神社と呼ばれるようになりました。


祭神:阿保親王、在原業平、菅原道真


阿保天神社の拝殿

阿保天神社の拝殿

阿保親王には、芦屋周辺を所領地にしたという言い伝えがあります。
親王はこの地とこの土地の人々を愛し、親王塚に黄金一千枚と金の瓦一万枚を埋めて
飢饉の際には掘り出して穀物と換えるようにと伝えたという伝説も残っています。

阿保親王の伝承は芦屋だけでなく、大阪松原や奈良櫟本にもありますが、
いずれも土地でも地元の人々を大切にしたようで、皆から慕われていました。



阿保天神社の本殿
阿保天神社の本殿


阿保天神社の舟形手水鉢には大きな盃状穴があります。


盃状穴とは岩石や石造物等に彫られている盃状の穴の事です。
縄文時代から近年まで子孫繁栄を願って、
女性のシンボルを模した穴が彫られました。


盃状穴のある手水鉢
舟形手水鉢(大きな盃状穴)