多井畑厄神の参道⑤毘沙門山妙法寺(神戸市・須磨区・妙法寺)に関する記事です。

毘沙門山妙法寺は地下鉄西神線・妙法寺駅の南東1km、
高取山の西麓を流れる妙法寺川の右岸沿いにあります。


高取山と妙法寺川
高取山と妙法寺地区


県道22号線を進み、妙法寺の石標がある交差点で
路地に入り妙法寺川を渡った先に毘沙門山妙法寺の山門がありました。


妙法寺川と妙法寺橋
妙法寺川と妙法寺橋

高野山真言宗の寺院で、天平10年(738)行基の開基とされます。

聖武天皇・高倉天皇の勅願所で、七堂伽藍37坊がある大寺院でした。

付近の山や谷に寺にちなんだ地名の多いことからも、
広大な寺域を占めていたことと思われます。 


妙法寺山門
妙法寺山門



母は平滋子、妻は清盛の娘の平徳子で清盛が天皇家を操作する傀儡でした。
高倉天皇は福原遷都の時は、安徳天皇に皇位を譲り共に福原へ遷り、
妙法寺で国家鎮護を祈願しました。

高倉天皇は後白河天皇の皇子で以仁王の異母弟でもあります。

源平合戦が勃発しようとする中、高倉天皇は清盛の傀儡として病死しました。
以仁王は平氏討滅の令旨を出し、源氏の挙兵を促しましたが平氏の矢に当り戦死しました。


妙法寺石段
妙法寺石段


妙法寺は福原の乾(北西)にあたるため平清盛は遷都の際、
平安京の鞍馬にならい、ここを王城鎮護の霊場新鞍馬としました。


治承4年(1180)平清盛が寺領1000石を寄進

観応2年(1351)観応の変で焼失
元禄10年(1697)再建、現在は円蔵院を残すのみ。


妙法寺本堂
妙法寺本堂


五社神社は行基が妙法寺の鎮守として創祀したものです。
創祀以来、同寺と共に皇室の御尊崇を高く受け、俗に五社権現とも称しました。 


祭神:天之御中主、高皇産霊、神皇産霊、伊邪那岐、伊邪那美


五社神社
五社神社


境内には南北朝時代の応安3年(1370)に僧浄照が建立した石造宝篋印塔があります。
ここより北の車村への道筋に建てられていました。

石造宝篋印塔
石造宝篋印塔