エナガ先生の講義メモ

野鳥撮影がきっかけで鳥から教えてもらったこと、興味をもって調べたことをメモしていきます。 

大和国(宇陀、桜井、天理)

穴師坐兵主神社(奈良県・桜井市・穴師)

穴師坐兵主神社(奈良県・桜井市・穴師)に関する記事です。

穴師坐兵主神社はJR桜井線の巻向駅の東1.5km、
巻向山の東山腹に鎮座する神社です。

巻向駅からの参道は巻向山の稜線にあり、景行天皇陵などが一望できる風光明媚なコースです。

兵主神社0
大兵主神社の鳥居

兵主神社(ひょうず)は西日本に十数社ありますが、
延喜式に大兵主神社と書かれている桜井市の穴師坐兵主神社がその代表格です。

また穴師坐兵主神社は、中国の神である兵主神が得意だったとされる相撲発祥の地とされ、
境内に野見宿禰(のみのすくね)と当麻蹴速(たいまのけはや)の両勇士が戦った
相撲神社が建てられています。


兵主神社1
大兵主神社の拝殿

穴師坐兵主神社は大和国・城上郡鎮座・月次相嘗新嘗と記される名神大社です。

穴師坐兵主神社は以下の3社殿から構成されています。

①左社 穴師大兵主神社     大兵主神   神体は剣
②中社 穴師坐兵主神社     兵主神     神体は鏡
③右社 巻向坐若御魂神社  稲田姫命     神体は勾玉と鈴


もともとは①の大兵主神社のみでしたが、応仁の乱で②③は焼失した為、
合祀して3社殿となりました。


兵主神社2
穴師坐兵主神社の本殿(3社の屋根)

兵主神は、中国の史記に出てくる、蚩尤(しゆう)という、
武将が、神様になったものと考えられています。

蚩尤(しゆう)は、鉄や石を食べ、銅の頭に鉄の額、体は獣の姿をしている、
兵器製造に優れる戦いの神様でした。


兵主神社3
穴師坐兵主神社の本殿2

兵主神社と天日槍(あめのひぼこ)はどちらも兵器に関係していて、
天日槍(あめのひぼこ)の渡来伝説のある但馬や近江に兵主神社が多く鎮座しています。

兵主神社4
穴師坐兵主神社の社務所

天日槍(あめのひぼこ)は古事記や日本書記に新羅の王子と書かれ

赤い玉から生まれた阿加流姫(あかる)を追い難波津へ来ますが、
行く手を阻まれ但馬に留まったとされます。


兵主神社5
穴師坐兵主神社の末社・須佐之男社

<関連記事>

穴師坐兵主神社の参道①相撲神社(桜井市・穴師)

穴師坐兵主神社の参道②他田坐天照御魂神社(桜井市・太田)
穴師坐兵主神社の参道③国津神社(桜井市・箸中)
穴師坐兵主神社の参道④九日神社(桜井市・芝)
穴師坐兵主神社の参道⑤珠城山古墳群(桜井市・穴師)
穴師坐兵主神社の参道⑥ホケノ山古墳(桜井市・端中)
穴師坐兵主神社の参道⑦箸墓古墳(桜井市・端中)
穴師坐兵主神社の参道⑧茅原大墓古墳(桜井市・茅原)
穴師坐兵主神社の参道⑨纒向石塚古墳(桜井市・太田)
穴師坐兵主神社の参道⑬纒向遺跡(桜井市・巻向)
穴師坐兵主神社の参道⑭大和天神山古墳(天理市・柳本町)
穴師坐兵主神社の参道⑮黒塚古墳(天理市・柳本町) 
穴師坐兵主神社の参道⑯伊射奈岐神社(天理市・柳本町)
穴師坐兵主神社の参道⑰祟神天皇陵(天理市・柳本町) 
穴師坐兵主神社の参道⑱景行天皇陵(天理市・渋谷町) 



大きな地図で見る

大神神社(奈良県・桜井市・三輪)

大神神社(奈良県・桜井市・三輪)に関する記事です。

大神神社(おおみわ)は奈良盆地の東南,JR桜井線の三輪駅の東500mに位置する
三輪山を御神体とする神殿を持たない日本最古とも言われる神社です。 


三輪山 (2)
五月の三輪山

大神神社は大和国・城上郡・月次相嘗新嘗と記される式内名神大社です。

祭神:大物主大神
配祀:大己貴神、少彦名神

大国主は一緒に日本国土を開発してきた少彦名が黄泉の国へ旅立ち悲しんでいる時、
「私を三輪山に祀れば、国土開発に協力しましょう」
と海の彼方から現れた神が大物主です。


大物主は大国主と同一神とも、別の神とも言われますが、
出雲国の大和朝廷への服従を示すため、

大国主の和魂(にぎみたま)のみを三輪山に祀った神様です。 


大鳥居
大神神社の大鳥居と三輪山

大神神社は出雲勢力を配下に治めた大和朝廷が崇拝した皇室の神社です。
3世紀後半、奈良盆地に大和朝廷という強大な勢力が生まれ古墳時代を築きました。

神武天皇の子孫・10代崇神天皇のときに、大和では洪水・干ばつ・火災が多発し、
疫病が大流行し、多くの人が亡くなり、反乱するものが続出します。


大神鳥居2
大神神社の二の鳥居

祟神天皇は肩野物部氏の祖である伊香色雄に命じ、
茅渟県陶邑の大田田根子を探し出して祭祀主として大物主神を祀らせました。

その結果、国内が鎮まり、五穀豊穣して百姓が賑い、
これ以降、大物主神は、大和政権・皇室の守り神となります。

 

拝殿1
大神神社の拝殿


拝殿2
大神神社の大注連縄


大神神社の境内では、杉の木が沢山祀られていますが、
万葉の時代から三輪山の杉は神杉として、
大物主の神威が宿っているとされてきました。

拝殿の前には、巳の神杉と呼ばれる、樹齢400年程の杉のご神木があり、
この木の祠に住んでいた白蛇を祀っています。


ご神木1
巳の神杉


その前にお供えしているモノを見ると、お酒と一緒に沢山の卵が奉納されています。

そして、その白蛇が卵を丸のみするように、願い事も丸のみしてくれるということから、
卵をお供えしているのだとか・・・・卵を供えるのは大神神社のみの風習のようです。


太古は三輪山に住む神様は、蛇と考えられていたそうで
手水舎の手水も蛇の口から出ていました。


蛇の手水
蛇の吐く手水


岩が2つ仲良く並んでいることから「夫婦岩」と呼ばれ、
大物主神と活玉依姫の恋物語が伝えられています。



夫婦岩2
夫婦岩の磐座



<関連記事>
大神神社の参道①久延彦神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道②大直禰子神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道④狭井神社(桜井市・三輪・字狭井)
大神神社の参道⑤檜原神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑥富士・厳島神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑦綱越・祓戸神社(桜井市・三輪) 
大神神社の参道⑧神宝神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑨天皇社  (桜井市・三輪)
大神神社の参道⑩活日神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑪神御前神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑫神坐日向神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑬大行事神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑭素盞鳴神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑮八大龍王弁財天社 (桜井市・三輪)
大神神社の参道⑯三輪恵比須神社(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑰平等寺(桜井市・三輪)
大神神社の参道⑱志貴御縣坐神社(桜井市・金谷)
大神神社の参道⑲海柘榴市(桜井市・金谷)
大神神社の参道⑳玉列神社(桜井市・慈恩寺)
大神神社の参道㉑素盞鳴神社(桜井市・慈恩寺) 



大きな地図で見る



 

大神神社の参道⑧神宝神社(桜井市・三輪)

大神神社の参道⑧神宝神社(桜井市・三輪)に関する記事です。


祭神:熊野大社に祀られている神様です。

家都御子神(けつみこ)
熊野夫須美神(くまのふすみ)
御子速玉神(みこはやたま)


神宝神社(かむたから)は神様の宝物をお守りする神社です。



神宝社1
神宝神社


大国主神は国譲りの決心をして言いました。
「私の二人の息子が天津神(大和朝廷)に従うのなら、私もこの国(出雲)を大和朝廷に差し上げます。」


大和への服従を示す証として、大物主へ和魂を差し出すと共に、
出雲から持ってきた宝物も差出しました。
宝物とは「御祷の神宝(みはぎのかむたから)」で、
神宝とは太刀と白馬と白鳥、さらに大鏡です。


大国主神は更に言いました。
「国を譲る代わりに、私の住む所として、天に届く大きな宮殿を建ててほしい。
そうすれば、私の百八十神たちは、事代主神に従って天津神に背かないだろう」

出雲国の多藝志(たぎし)の小濱に宮殿を建て、たくさんの料理を奉りました。



出雲大社
古代の出雲大社

大神神社の参道①久延彦神社(桜井市・三輪)

大神神社の参道①久延彦神社(桜井市・三輪)に関する記事です。

久延彦神社(くえひこ)は大神神社の北200mの丘上にある知恵の神です。

祭神:久延彦命

久延彦命は古事記に出てくる案山子の神様で、
田の中に立って一日中、世の中を見ていることから、
世界のことは何でも知っているとされます。

久延彦の知恵にあやかり、学力向上・試験合格の神様として信仰されています。


久延彦神社1
久延彦神社の門柱

案山子は、古代から農業を守る田の神、農業の神、土地の神でした。
案山子はその形から神の依代とされ、これが山の神の信仰と結びつき、
収獲祭や小正月には案山子を庭に引き上げて、神として祀る地方もあります。


久延彦神社2
久延彦神社の鳥居

久延彦2
久延彦神社の拝殿

久延彦1
久延彦神社の拝殿内部


古事記<参照:わかりやすい日本の神話>

大国主命が出雲の海に行かれた時のことです。

大海原の彼方から、ガガイモの果皮で造った船に乗り、
蛾の羽の着物を着た小さな小さな人がやってきます。

でもどこの誰だかは、誰にも分かりません。
そこへヒキガエルがやってきて、申します。
「田んぼに一本足で立っている
案山子(かかし)の久延彦なら世の中のことは全て知っている」

久延彦から、この小さな人は、
高天原からやってきた神産巣日神(かみむすびのかみ)の子で
少彦名命だと教わります。

この後、大国主命は少彦名命とともに国土開発に取り組みます。

IMG_4539
少彦名命と案山子の久延彦命




石上神宮(奈良県・天理市・布留町)

石上神宮(奈良県・天理市・布留町)に関する記事です。

石上神宮はJR桜井線の天理駅の東2km、
大和川の支流・布留川左岸、布留山西麓
大神神社の真北7.6kmに位置します。

山の辺方面
途中の参道から三輪山を臨む

石上神宮(いそのかみ)は古代大和政権の軍事と祭祀を司った物部氏の氏神で、
武器庫の役目も果たしていた国家鎮護・鎮魂の神社です。

石上神社1
富岡鉄斎の社号標(隷書・れいしょ)

石上神宮は大和国・山辺郡・月次相嘗新嘗と記される
石上坐布留御魂神社に比定される名神大社です。

ご祭神
①布都御魂(ふつのみたま)
神武天皇東征で天皇を救った神剣・布都御魂 (ふつのみたま)の神霊。
②布留御魂(ふるみたま)
物部氏のご先祖の饒速日命(にぎはやひ)が降臨したときに携えた、
十種神宝(とくさ・かんだから)に宿る神霊。
③布都斯御魂(ふつしみたま)
素戔嗚尊が八岐大蛇を退治するのに用いた天十握剣(あめのとつか)の神霊。

注1)布都(ふつ)とはプッツリよ良く切れる刀の意
注2)布留(ふる)とは魂振り・鎮魂の意
注3)天十握剣は八岐大蛇を殺した剣で、草薙の剣は退治した八岐大蛇の体内から出た剣。


石上神社2
檜の大鳥居(明神造り)

崇神天皇の勅命により物部氏の伊香色雄(いかがしこお)が、
布都御魂剣を御祭神として祀ったのが石上神宮の創建になります。

初期大和政権が確立する3世紀に、伊香色雄と姉の皇后・伊香色謎(いかがしめ)により、
物部氏の勢力も大きく拡大することになりました。


石上神社3
鎌倉時代末期建立の楼門と回廊

石上神宮は大神神社から山の辺の道を北へ11km程の場所にあり、
この2社は古代大和政権を守護する双璧の神社です。

・大神神社は崇神天皇の勅命で堺・陶器村の大田田根子が建立(出雲系列)
・石上神宮は崇神天皇の勅命で枚方・伊加賀の伊香色雄が建立(物部系列)

ともに大和政権が始まった3世紀のことのようです。

石上神社4
石上神宮の拝殿

石上神宮は元々は本殿の無い神社ですが、
禁足地から出土した神剣・布都御魂神 (ふつのみたま)を安置するために
明治時代の後期に今の本殿が造られました。

拝殿の向く方向はもちろん禁足地であり、
その遥か先には饒速日命(にぎはやひ)が降臨された、
交野の哮峯(たけるがみね)があります。

石上神社5
石上神宮の拝殿内陣

石上神社45
石上神宮の本殿の屋根(明治時代に造られた


鶏(にわとり)の放し飼いは石上神宮独自のもので、
社務所付近を中心に30羽近くおり、同じ仲間同士で元気に遊んでいる姿を、
参道はじめ境内の各所で目にしました。


特に神杉で鬱蒼とした境内に響き渡る2羽の東天紅(長鳴鶏)のデュェットには感銘しましたし、
石上神宮の神使とされることが良く判りました。
 

夕方になると鶏たちはイタチ、タヌキなどの天敵を避けるために、
低い木々から順々に高い木に飛び移り、そこで一夜を過ごすそうです。


にわとり1
長鳴の得意な東天紅

にわとり2
白いのも、黒いのも烏骨鶏(うこっけい)

にわとり(鶏)は太古から暁に時を告げる鳥として、
神聖視され、神様のお使いともされています。
天照大神が天の岩戸にこもり世界は闇になりましたが、夜明けを知らせたのは、鶏です。

神功皇后は三韓征伐のおり、時計の代わりに鶏(にわとり)を連れていきました。


石上神宮にも可愛い神鶏みくじがありました。


おみくじ
神鶏みくじ《石上神宮》



<関連記事>
石上神宮の境内①
神田神社(天理市・柿之内町)
石上神宮の境内②
出雲建雄神社(天理市・布留町)
石上神宮の境内③
神庫(七支刀他)
石上神宮の境内④天神社・七座社(天理市・布留町)

石上神宮の参道①
白山神社(天理市・柿之内町)
石上神宮の参道②
白山神社(天理市・守目堂町)
石上神宮の参道③
神明神社(天理市・川原城町)
石上神宮の参道④
石上市神社(天理市・石上町)いそのかみいち
石上神宮の参道⑤
姫丸稲荷神社(天理市・石上町)平尾山稲荷神社
石上神宮の参道⑥
祝田神社( 天理市・田部町) はうりた
石上神宮の参道⑦
山辺御縣神社( 天理市・別所町) 
石上神宮の参道⑧
都祁山口神社( 天理市・杣之内町) そのまうち
石上神宮の参道⑨
市座神社( 天理市・丹波市町)
石上神宮の参道⑩
石上穴穂宮( 天理市・田町)
石上神宮の参道⑪石上神社(天理市・瀧本町)
石上神宮の参道⑫大親寺(天理市・瀧本町)だいしんじ
石上神宮の参道⑮
西山古墳~塚穴山古墳(天理市・杣之内町)

 


大きな地図で見る

記事検索
カテゴリー
最新コメント
ユニークアクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    • ライブドアブログ