エナガ先生の講義メモ

野鳥撮影がきっかけで鳥から教えてもらったこと、興味をもって調べたことをメモしていきます。 

・淡嶋神社

淡嶋神社(和歌山市・加太)

淡嶋神社(和歌山市・加太)に関する記事です。

鎮座地の加太は古代には南海道の駅家が置かれ、
淡路島・四国へ渡る要衝の地でした。

和歌山の加太から紀淡海峡を越えて淡路島までは、直線距離でたった10㎞程で、
その間にある地島、神島(粟島)、虎島、沖ノ島は総称して友ヶ島と呼ばれます。

加太(文字)
加太の航空写真
 
淡島神社は紀伊国・名草郡鎮座とされる式内小社・加太神社の比定社です。

祭神:少彦名命、大己貴命、息長足姫命

友ケ島(文字)
友ヶ島の航空写真

淡嶋神社の起源は、神話で日本を創造したと伝えられる少彦名命と大己貴命の祠が、
友ヶ島諸島の一つの小さな神島(淡島)に祀られたことが始まりとされます。

迂闊でしたが、加太の淡嶋神社が
古事記で読んだ粟島と少彦名に起源を持つ神社と後で気づきました。

淡嶋と粟島・・どちらもアワシマでした。

少彦名はガガイモの船で出雲の海にやって来て、
日本の国土開発に目処がつくと、
粟島の粟の茎の弾力を利用して常世の国へ飛び帰った楽しい神様です。

淡嶋神社0
朝の加太港(漁船・釣り船で賑か)

淡嶋神社の社伝では少彦名命が、
粟島から加太へ遷座されてからのことが伝えられています。

神功皇后(息長足姫)が、紀淡海峡で嵐に撒きこまれ、助けてもらったお礼に
友ヶ島の少彦名命と大己貴命に、三韓征伐から持ち帰ってきた宝物をお供えになりました。


その数年後、孫の仁徳天皇が友ヶ島で狩猟をされた折、
少彦名命、大己貴命を加太に遷座し、
神功皇后も併せて祀ったのが現在の加太の淡嶋神社とされています。


淡嶋神社1
淡嶋神社の一の鳥居


淡嶋神社2
鳥居を潜ると海産物店が2軒

当神社は日本国内に1000社余りある「淡島神」を祀る淡嶋神社の総本社です。

「淡島神」は、古事記の国生み神話で
最初の子の蛭子神と同じく、奇形のため葦の舟に乗せて流された
淡島(粟島:アハシマ)のことです。


淡嶋神社3
淡嶋神社の拝殿1

そして古事記では国造りを終えた少彦名が大己貴(大国主)と別れ、
粟島から常世の国へ渡って行ったされるため、
少彦名命が淡島神と同一視されてきました。

少彦名命は、医薬の神であり、その神徳が強調され、
特に婦人病に効果があるとされ、現在でも多くの女性から信仰されています。

淡嶋神社4
淡嶋神社の拝殿2

淡嶋神社は災厄を託して神社に奉納する人形供養で有名な神社ですが、
この人形供養は雛祭に行われる「災いを人形に移して流す」流し雛が原点で、
淡嶋神社は雛祭の起源とも言われているそうです。

友ケ島
雛流しを行う加太の海岸(奥は友ケ島)

数万体とも思える人形は、どのように撮影したら良いのか分らず目が眩む程でした。
予め撮影する人形と構図を決めておく必要がありました。

雛人形
拝殿内の雛人形

神功皇后は懐妊の身で、朝鮮遠征を行った時、
子宮出血に悩まされますが、少彦名命の雛型を奉納したことで平癒され、
お雛様の神ともされているそうです。

男雛・女雛の始まりは、淡嶋神社のご祭神である少彦名命と神功皇后の
男女一対のご神像とも・・・

雛絵馬
雛祭の絵馬

雛祭りが3月3日になったのも、友ヶ島から加太へのご遷宮が、
仁徳天皇5年3月3日であったからとされ、
雛祭りの語源も、スクナヒコナ祭が簡略化されて、ヒナ祭となったとか・・・・

淡嶋神社6
淡嶋神社の人形供養1

淡嶋神社7
淡嶋神社の人形供養2

<関連記事>
淡嶋神社の参道①加太春日神社(和歌山市・加太)
淡嶋神社の参道②木本八幡宮(和歌山市・西庄)
淡嶋神社の参道③射箭頭八幡神社(和歌山市・本脇字糸切)
淡嶋神社の参道⑥伊久比売神社(和歌山市・市小路)
淡嶋神社の参道⑦九頭神社(紀の川市・荒見)
淡嶋神社の参道⑧伊達神社(和歌山市・園部)
淡嶋神社の参道⑨射矢止神社(和歌山市・六十谷)
淡嶋神社の参道⑩大谷古墳(和歌山市・大谷)
淡嶋神社の参道⑪大屋都姫神社(和歌山市・宇田森)
淡嶋神社の参道⑫力侍神社(和歌山市・川辺)
淡嶋神社の参道⑬山口神社(和歌山市・市谷)
淡嶋神社の参道⑭府守神社(和歌山市・府中)
淡嶋神社の参道⑮高積神社(和歌山市・禰宜)

淡嶋神社の参道①加太春日神社(和歌山市・加太)

淡嶋神社の参道①加太春日神社(和歌山市・加太)に関する記事です。

加太春日神社は加太港の海岸から堤川に沿い200m程、
南の内陸へ入った加太の市街地にあります。

加太(文字)

堤川の左岸には鉢巻山の絶壁が迫りますが、
早朝は漁船の帰りを待っているらしいトビやアオサギなどが沢山休んでいました。

加太春日神社1
加太港へ流れる堤川

祭神:天児屋根命・武甕槌神・経津主神
配祀:天照大神・住吉大神

神武天皇東征の際、紀国造氏の祖である天道根命が(あまのみちね)、
日像鏡と日矛鏡の二つの神宝を奉じて加太浦に上陸し、
頓宮を造営して天照大御神を祀ったのが加太春日神社の起源です。

日像鏡と日矛鏡はその後に、日前神宮・国懸神宮の神体になります。

加太春日神社2
加太春日神社の鳥居

飛鳥時代の半ば伝説的な山岳修業者で役小角(えんのおずの)が、
友ヶ島を行場としており、当社の春日権現を行場に勧請し守護神にしたと伝わります。

役小角は、7~8世紀に奈良を中心に活動した修験道の開祖です。

実在した人物ですが呪術者としての伝説が多く、
小角が妖術を使って世人を惑わしていると
朝廷に讒訴(ざんそ)された為に,流罪になったとも・・・・

加太春日神社3
加太春日神社の拝殿
 
加太淡島神社の近くの山の上に、
かつて役小角が住み、修行を積んだ「役行者堂」という古いお堂があります。

注)役行者とは役小角の別名です。

そのため現在でも、京都より聖護院門跡が大勢の山伏僧とともに加太にやってきて
「役行者堂」で修行をして、加太春日神社で参拝するそうです。
当社に参拝にくるそうです

加太春日神社4
加太春日神社の本殿1


加太春日神社5
加太春日神社の本殿2


淡嶋神社の参道⑨射矢止神社(和歌山市・六十谷)

淡嶋神社の参道⑨射矢止神社(和歌山市・六十谷)に関する記事です。

射矢止神社(いやと)はJR阪和線の六十谷駅(むそた)の250m 
紀の川下流右岸沿いの河岸段丘上の集落にある社です。

鎮座地の六十谷は古くから開けた地で、縄文時代から鎌倉時代まで
継続した集落遺跡が検出されています。

六十谷駅
六十谷駅

神代の昔に五十猛命とともに天香山命と一言主命が紀伊国に天降り、
名草山において「伊矢止社」と称して崇められていたと伝わります。


近世には「伊也土神社」と呼ばれていましたが
射矢止は伊也土で越後国の弥彦神社の伊夜比古神に通じるとの説もあります。

射矢止神社の鳥居
射矢止神社の鳥居

神功皇后が凱旋の折に紀水門に寄航し、一言主命が射た矢が
この地に落ちたので社殿を建てたのが射矢止神社の創祀です。

祭神:品陀別命、息長帯姫命、天香山命、一言主命、宇賀魂命

射矢止神社の拝殿
射矢止神社の拝殿

古代には紀の川河口には紀水門と呼ばれる有名な港がありました。

紀水門は紀伊水道を経て瀬戸内海と繋がる国際交流の舞台で、
紀水門から紀の川を遡れば大和朝廷の中枢部に繋がります。

射矢止神社の本殿
射矢止神社の本殿(戦時中は弾丸避けとして信仰)

紀の川北岸の段丘上には、紀伊と大和を結ぶ古代南海道があり、
街道沿いに中央との交流をもった集落が多数営まれたと考えられます。

六十谷古墳、園部円山古墳、巨大倉庫群が検出した鳴滝遺跡も
紀水門と大和政権の交流に関わった人々の趾と思われます。

鳴滝遺跡倉庫群
鳴滝遺跡(巨大倉庫群柱跡航空写真)



淡嶋神社の参道⑧伊達神社(和歌山市・園部)

淡嶋神社の参道⑧伊達神社(和歌山市・園部)に関する記事です。

伊達神社(いだて)は六十谷駅(むそた)の西1km、
有功小学校(いさお)の西にある社です。

伊達神社の社頭には海草郡・有功村の村長碑があります。
有功村は明治に六十谷と園部が合併してできた村で、
伊達神社の周辺には有功の地名が多くの場所に残っています。


有功村の村長碑(園部馨村長)
有功村の村長碑(園部馨)

有功村の地名由来は伊達神社の祭神・五十猛命(いそたける)からです。

有功神は林業の神である五十猛命の別名で
大八洲の国に木を植えた功績で付けられた名前です。

伊達神社の鳥居
伊達神社の鳥居

祭神:五十猛命、神八井耳命

五十猛命は素盞鳴尊の御子神で、
五十猛命は古代木の国、紀伊国を治め気の神、厄除けの神、命の神とされました。

神八井耳命は神武天皇の皇子で、
園部兵衛重茂はこの神の後裔で、園部の氏神でした。

伊達神社の拝殿1
伊達神社の拝殿1

伊達神社は紀三所社の一社です。
紀三所社とは和歌山市内にある伊達神社、志磨神社、静火神社で、
3社とも紀伊国・名草郡鎮座とされる名神大社です。

住吉大社では境内の船玉神社が紀氏の神で
「志麻神・静火神・伊達神」の本社であるとしています。

伊達神社の拝殿2
伊達神社の拝殿2

伊達神社の神は「伊太代神」に通じるとも言われ、
伊達は伊太氏で、山東庄に鎮まる伊太祁曽神と同神とあります。

播磨国風土記では神功皇后が韓国に渡る際に
船の舳先に「伊太代神」を祀ったと記されます。
「伊太代神」は船と関係が深く、船で各地に渡った紀氏の神です。

伊達神社の本殿
伊達神社の本殿

カテゴリー
最新コメント
アクセスカウンター

    ユニークアクセス
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ