エナガ先生の講義メモ

野鳥撮影がきっかけで鳥から教えてもらったこと、興味をもって調べたことをメモしていきます。 

宇治川

與杼神社の参道③淀渡船場道(京都市・伏見区)

與杼神社の参道③淀渡船場道(京都市・伏見区)に関する記事です。

現在の宇治川は淀駅の南側を淀競馬場に沿って流れていますが、
明治期の改修までは淀駅の北を流れ、淀城の北で桂川と合流していました。

淀小橋地図
明治改修前の宇治川


三川合流と淀城
三川合流と淀城


淀駅前には水車のモニュメントがあり、
駅周辺には宇治川に関係する種々の石碑が置かれています。


石碑を大きく2分すると、改修で消えた宇治川を記憶に残す為の記念碑と、
宇治川が現在の南に移されたためにできた淀渡船場に関係する碑です。


「淀の水車」モニュメント
「淀の水車」モニュメント


淀城は、宇治川・桂川・木津川の三川合流点付近を干拓してできた川中島に築かれた水城です。
淀城の西側と北側には大型水車が設置され城内に水を取り込んで園池に流しました。


♪淀の川瀬の水車 だれを待つやらくるくると♪


淀城跡
淀城跡


明治18年(1885)の大洪水に端を発する淀川流域全体改良工事の一環として
明治30~44年に宇治川の付け替えが行われました。


宇治川を付替え、合流点を淀から八幡まで下げ、巨椋池から完全に切り離すための工事で、
宇治川は現在の水路となりました。


淀小橋は、明治の付替え以前に宇治川に架けられていた橋で、
淀城と納所村(のうそ)の間に架けられた長さ130mに及ぶ橋でした。


納所の地名は、淀川を行き来する船の港として物産を納める倉庫からです。
現在の納所交差点は6辻からなる複雑なポイントで改修前に沢山の川が集まった名残のようです。


淀小橋跡碑
淀小橋跡碑

納所交差点(6線)マイマップ

納所6辻交差点マイマップ


江戸時代には朝鮮国王が日本に朝鮮通信使を12回も派遣しましたが、
唐人雁木跡は彼らの船着場のことです。


「雁木」とは船着場の階段の意味で、朝鮮通信使はここで船を降り、
東海道を江戸へ向かいました。


唐人雁木跡碑
唐人雁木跡碑


明治の淀川改良で宇治川は北に移されましたが、
この付替えで今まで淀と陸続きだった一口(いもあらい)が
淀と隔てられ、渡し船が運航されました。


その渡船場道にある大淀中学校の校庭に
「淀川渡船場道」を示す碑が置かれています。


淀川渡船場道碑
淀川渡船場道碑(大淀中)


渡船場道には嘗て淀藩が設立した明親館を母体とする明親小学校があり、
明治天皇御駐輦跡碑が置かれています。


明治10年に明治天皇が関西に行幸し、
明親小で休息されたことの記念碑です。


この行幸は西南戦争勃発のため長期化し,
明治天皇は半年近くも京都に滞在されました。


明治天皇御駐輦跡碑
明治天皇御駐輦跡碑


淀川渡船場道の先は現在の宇治川で、淀水路取水口がありました。
対岸は明治初めまでは淀と陸続きだった一口(いもあらい)で、
現在の地名も久世郡久御山町西一口です。


疱瘡(天然痘)の古名「いもがさ」洗い流す池だったのが
「いもあらい」の地名由来です。
三方が巨椋池に囲まれ出口が一口だった為、
一口で「いもあらい」と読むようになりました。


淀水路取水口
淀水路取水口

淀水路2
淀水路(河津桜で知られる)






御香宮神社の参道③伏見港(伏見区・葭島金井戸町)

御香宮神社の参道③伏見港(伏見区・葭島金井戸町)に関する記事です。

伏見港は京阪中書島駅の南口にある伏見港公園に戦後まであった港で、
嘗ては淀川水運の拠点で、中書島駅付近は港町として賑わってい場所です。


伏見港は秀吉が築いた港ですが、江戸時代始めには高瀬川ができたことで、
伏見から京都市中心部に物資を送ることが可能となり、
それが、伏見港発展の基礎を築きました。


草津湊から鳥羽作道を経由した大阪湾から京都への物流ルートが
伏見港から高瀬川を経由するルートへとシフトしました。


伏見港公園文字
伏見港公園


文禄3年(1594)、豊臣秀吉は伏見城を築城しました。
そのとき治水・物流のインフラとして太閤堤を構築しましたが、
伏見港は、その水路・陸路の大改造の一貫で、造られたものです。


宇治橋のあたりで巨椋池に注いでいた宇治川を池と分離し、
宇治川の流れを北に迂回させて、伏見城の南側に伏見港を築きました。


太閤堤は槇島堤・小倉堤・・・などの堤の総称で、
その堤により宇治川は巨椋池から分離されほぼ現在の流路となりました。
現在の宇治川左岸に沿うのが槇島堤、近鉄京都線に沿うのが小倉堤です。


さらには伏見城の西に外堀となる濠川が掘られ、
この濠川と宇治川が合流している地点に造られたのが、
大阪と伏見を結ぶ水運の拠点・伏見港だったのです。


巨椋池と太閤堤_LI
巨椋池と太閤堤(明治時代)


現在の宇治川と濠川の合流点付近は、伏見港公園の散策路があり
伏見港復元モニュメント・三栖閘門・三栖洗堰などが整備されています。


三栖閘門は大正から昭和初期の淀川改修工事の時に造られたもので、
宇治川から濠川を経て伏見港へ入る為の設備です。


現在三栖閘門は使われていませんが、閘門のなかに船乗り場があり、
十石舟の遊覧コースになっています。


三栖閘門
三栖閘門


濠川は三栖閘門の手前で2つに別れ、
濠川の豊富な水は三栖洗堰から宇治川に流れ込みます。


堰の上が散策ルートの一部になっていて、豪快な合流点の風景を見ることもできました。


三栖洗堰1
三栖洗堰1
三栖洗堰2(濠川・宇治川合流点)
三栖洗堰2(濠川・宇治川合流点)

伏見みなと橋
伏見みなと橋

三十石船モニュメント
三十石船モニュメント(伏見港復元模型)


江戸時代、三十石船が客を乗せて淀川を渡って伏見・大阪間を往来しました。
明治末期にはその姿を消しましたが、現在は屋形船の遊覧船として復活しています。
三十石船、十石舟が濠川遊覧し、並木や酒蔵など歴史的な風情を楽しめます。


濠川遊覧(十石船)
濠川遊覧(十石船)




生田神社の参道⑦熊野神社(神戸市・中央区・中山手通)

生田神社の参道⑦熊野神社(神戸市・中央区・中山手通)に関する記事です。

熊野神社は宇治川左岸160m
阪神神戸線・西本町駅の北700mの丘陵に鎮座します。

走渦と呼ばれた宇治川は改修されて水量は少なく嘗の面影はありません。


宇治川と宇治川公園
宇治川と宇治川公園


宇治川は熊野神社の南400mで暗渠化され、
商店街の下を潜り、ハーバーランドの海へ流れ込んでいます。


昭和13年の阪神大水害の教訓で、暗渠廃止の六甲山ですが、
宇治川は暗渠をやめられず暗渠前に水門があるのかも知れません。

暗渠前の水門
暗渠前の水門


熊野神社の鎮座する台地は、古くは宇治野山と呼ばれ、
法隆寺の747年の古文書によると、
その付近は摂津国・雄伴郡・宇治郷と称されています。


宇治郷は菟道稚郎子の名代の宇治部が宇治川流域から会下山あたりに住みついた場所です。
宇治部は宇治物部氏だったと考えられています。


注)雄伴郡は、淳和天皇の時代、天皇の諱「大伴」に発音が近い為、八田部郡と改名



熊野神社の鳥居
熊野神社の鳥居


紀記によると菟道稚郎子の母は宮主宅媛で、
宮和珥氏の祖,日触使主(ひふれ)の娘とされます。


しかし先代旧事本紀では菟道稚郎子の母は香室媛(かむろ)で、
伊香色雄命の曾孫の物部多遅麻(たじま)の娘とされています。
香室媛は物部山無媛とも称され、
応神天皇との間に3人の子息・息女(兎道稚郎子・矢田皇女・雌鳥皇女)を成しました。


矢田皇女は仁徳天皇の妃八田皇女で、
八田部郡の地名は八田皇女の名代が付近にあったためともされます。


熊野神社の二の鳥居
熊野神社の二の鳥居


熊野神社は宇治物部氏が創建したしたもので、
その後、福原遷都の際に藤原邦綱が再建したものです。


祭神:伊弉諾命、伊弉冉命

熊野神社を中興した藤原邦綱は五条大納言とも称する平清盛の友人で、
福原遷都の時は新都造営役を担当していました。


熊野神社の拝殿
熊野神社の拝殿


藤原邦綱は、頭を痛めて福原京の町割り案を多数出し、
早期に熊野神社の付近に宇治新亭と呼ばれる邸宅を建てました。


福原遷都が廃案になり、安徳天皇が、京都に戻る時にその宇治新亭に滞在したことが
源頼朝の友人・吉田経房の日記「吉記」に記載されています。


熊野神社の本殿
熊野神社の本殿





巨椋神社の参道⑤許波多神社(宇治市・五ケ庄)

巨椋神社の参道⑤許波多神社(宇治市・五ケ庄)に関する記事です。


許波多神社(五ケ庄)宇治川に架かる隠元橋の東詰に鎮座する神社です。
神社前の道を20分程東に歩けば、黄檗山萬福寺・黄檗公園があります。


黄檗(文字)
2つの許波多神社と柳山


許波多神社(こはた)は五ケ庄と木幡(こわた)の2箇所にありますが、
元々は黄檗公園の柳山に鎮座していた元社を遷座したものです。


 木幡へは中世には分霊していますが、
この五ケ庄の社は明治初期まで柳山に鎮座していました。 

祭神や由緒も2社とも細部では異なりますが大枠は類似しています。


許波多神社社標
許波多神社の社標


祭神:天忍穂耳尊、瓊々杵尊、神日本磐余彦尊(神武天皇)


社殿によると孝徳天皇が大化改新(645)が始まった年に
中臣鎌足に命じて、皇祖を祀るために現社地の東方の柳山に創建したとされます。


皇祖とは天皇の先祖のことで、天照大神の子の「天忍穂耳尊(あめの・おしほ・みみ)」
その子の「瓊々杵尊」更にその曾孫にあたる「神武天皇」たちが祀られています。
 

許波多神社鳥居
許波多神社の鳥居


壬申の乱が勃発する前年の671年10月、
天智天皇からの離別を決意した弟の大海人皇子が、
近江を発ち大和の吉野に向かって出発しました。


その途中当社に参詣し、鞭(むち)としていた柳の枝を社頭に挿し、戦勝祈願をしたところ、
柳が芽吹いて繁茂したため、その地を柳山と名付け、柳大明神と呼んだと伝わります。


許波多神社拝殿
許波多神社の拝殿


許波多神社本殿
許波多神社の本殿


手水舎の下の左右の石は旧鎮座地である
黄檗公園の宮川に架かっていた橋桁です。


許波多神社(五ヶ庄)は、明治八年まで柳山の地(黄檗公園)にありましたが、
陸軍省の火薬庫建設のために、隠元橋東詰の現社地に遷座して、
社名を「許波多神社」に戻しています。


宮川橋桁
許波多神社の手水舎



-----------------------------------------------------------------------------
隠元橋(宇治市)に関する記事です。

今回の木幡~黄檗散策では下図のルートで歩いてみました。

京阪木幡駅⇒木幡の許波多神社⇒木幡池⇒宇治川・隠元橋⇒五ケ荘の許波多神社⇒京阪黄檗駅


隠元橋


神社の歴史を知るためには対象の神社に参拝するだけでなく、
その近辺の川や池を歩いてみることが大切です。


木幡池は宇治市最大の池で、昭和8年に埋め立てられて干拓地となった巨椋池の唯一の名残りですが、近年の異常気象で平成24年、25年と続いて氾濫し、大きな木幡池が出現しています。

治水対策と同時に狭山池のように綺麗にして、
巨椋池を偲ぶようなハスの公園・巨椋池博物館があったら良いな・・・
などと夢想しながらの散策です。

木幡池
木幡池

実は私は木幡池へは初めてではなく、5年前の2009年の2月に一度来たことがあります。
日本ではまず見られないノハラツグミが木幡池に突然出現し、
それを写しに日本全国から何百人もの野鳥カメラマンが集結し異様な事態となりました。

三脚を置くスペースもなく、立ち並ぶカメラマンの隙間から写したのが下の写真です。

のはらつぐみ
木幡池に出現した珍鳥ノハラツグミ

この木幡池をさらに南下すると道は宇治川と合流して目の前に隠元橋があらわれます。

隠元橋はインゲン豆の名前の由来にもなった、
江戸時代に明から渡来した僧侶の隠元(1592~1673)からついた名前です。

隠元は1661年には隠元橋の先600m程の地に『黄檗山萬福寺』を創建しました。

隠元橋
隠元橋

隠元橋の東詰には「岡屋の津」「黄檗開山隠元禅師渡岸之地」の2つの碑が立てられています。

山科川と宇治川が合流するところが「岡屋の津」という港で、
古くから交通の要衝として栄えていたということです

万治2年(1659年)、徳川家綱から新しい寺領を贈られることになった隠元禅師が、
宇治川を遡ってきてこの地で上陸した場所だそうです。

萬福寺の建設では、ここから多くの資材が運び込まれたということです。


黄檗開山隠元禅師渡岸之地
「黄檗開山隠元禅師渡岸之地」碑





御香宮神社の参道⑥お登勢明神(伏見区・南浜町)

御香宮神社の参道⑥お登勢明神(伏見区・南浜町)に関する記事です。


祭神:お登勢


お登勢明神は寺田屋の庭に鎮座する神社で
お登勢の100回忌を祈念し1977年に創建されました。


お登勢(1829-1877年)は伏見の船宿・寺田屋の女将で、 

人の世話をすることが大好きで、
坂本龍馬を初めとする尊皇攘夷派の志士たちを支援しました。


お登勢が龍馬とお龍の仲を取り持ったこともあり、
お登勢明神には良縁成就のお参りにくる人も多いそうです。



お登勢明神1
お登勢明神


寺田屋は薩摩藩の定宿で2つの事件が起こりました。


一つ目は1862年の薩摩藩士同士の乱闘事件
二つ目は1866年の坂本龍馬の暗殺未遂事件


一つ目の騒動ですが、薩摩藩の急進派藩士が、
関白九条尚忠と京都所司代の殺害を計画して寺田屋に集結しました。

それを知った薩摩藩主の父島津久光は
選りすぐりの部下を鎮圧に向かわせますが
斬り合いの乱闘となり、多くの死傷者が出ます。

寺田屋には薩摩藩から多額の見舞金が入り、即座に畳や襖を取り替えて、
営業できるように整えたそうです。


お登勢明神2
寺田屋(1868年鳥羽伏見の戦いで焼失)


二つ目の騒動は、寺田屋の2階で寝ようとしていた坂本龍馬が
伏見奉行所の襲撃を受ける有名な話です。

龍馬が家族にあてた手紙などによると、龍馬はピストルで応戦し、
護衛の長府藩士・三吉慎蔵、恋人のお龍を連れて薩摩藩邸に逃げたとされます。


九死に一生を得た龍馬ですが、翌年の1867年には、
京都河原町近江屋で惨殺されてしまいます。

河原町通り四条と三条の間に
「坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地」の石碑があります。




お登勢明神3
坂本龍馬像


寺田屋の裏手は水路で覧船として十石舟と三十石舟が運航されています。

この水路は宇治川派流と呼ばれ、伏見城築城に伴う建築資材を運ぶため、
巨椋池の入江を改良し流路改修工事によりつくられた河川港です。


お登勢明神4
濠川(ほりかわ)の十石船


伏見城の外堀であった濠川(宇治川派流)沿いには
江戸時代に問屋、宿屋、酒蔵が建ててられ、
米や薪炭、できた酒などを運ぶ小舟が往来していました。

大阪からの旅人や船から荷揚げされた物資が馬や荷車に積み替えられ、
陸路を行くための中継基地として繁栄を極めました。



現在も柳に酒蔵が映える往時の佇まいを残しています。


お登勢明神7
月桂冠大倉記念館

濠川の両岸には柳をはじめ街路樹がたくさん植えてあり、
宿木も寄生していて、春には宿木の実を狙ってレンジャクもやってきます。

レンジャク
濠川(宇治川派流)で水を飲むレンジャク




記事検索
カテゴリー
最新コメント
ユニークアクセス
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    • ライブドアブログ