-『メイロボ』- (完結)

 とある日の午後、うちに一体のロボットが送られてきた。それは、オレと親父の男心を喜ばすには十二分なほどに余りある姿形からしてとても可愛いらしいメイドロボットであった。まさに、毎日が『目の保養的ライフ』という、素晴らしき日々の到来である。  その日のうちに『メイ』と名付けられたそのメイドロボットは、自分の役割を淡々とこなし、初めは不服だった妹の彩(ひかり)からも、次第に認められるようになってゆく。  しかしその真意は・・・日本を守るべく開発された《最終兵器》であった!?  この作品は、そんなSFコメディータッチの心和む作品です。  どうぞよろしくお願い致します!

このページのトップヘ