2007年08月

2007年08月31日

温暖化現象


米国の昨年度の高温はエルにニョ現象ではなく、人為的な温室効果
ガスの増加による影響が大きい、
今年も記録的な暖かさになる確率大としている、




myanchan at 09:10|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2007年08月30日

原爆投下に抗議(朝日新聞による)

日米戦争終結時に外相の名で原爆の投下について米国に抗議するよう
指示する電報が打たれていた、原爆投下について、スイス政府などを
通じて抗議するよう駐スイス公使へ指示する外相の公電だった、
米国の非人道的残忍行為を暴露攻撃すること、緊急の必要なりーー
罪なき30万の市民の全部を挙げてこれを地獄に投ず、それはナチス
の残忍に数倍するものにしてーー、又公使に別電で本件爆弾を使用せるは
人類文化に対する新たな罪悪なりと追加、御前会議は昭和天皇の
外相の意見に賛成であるで終結、国体護持だけを条件に
ポツダム宣言を受託する、この内容は日本の無条件降伏だから原爆
の話は終わってしまったんでしょう、戦後、政府は一度も原爆投下に
抗議していない、当時原爆投下を抗議した人がいたなんて初めて
知りました、言えない、あれから60年以上原爆は使われていない、原爆を使う国がいたら各国はどう対処するだろうか、テロリストが使うかも
しれないと言っているが、歴史とは皮肉なもの、自分の国は過去に使用して
人類の破滅となるから使うななどと叫んでいる、まあ気が付いただけでも
世の中は救われるでしょう、

myanchan at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月28日

中国映画監督、陳凱歌

中国映画監督、陳凱歌から日本について、日本の急速な近代化は謎と論評されているが、中国は近代化の遅れを痛感されている、アヘン戦争から始まる屈辱、列強に対する備ができていなかった、日本はペリー来航以来、一早く西洋文化を取り入れた、明治維新がなければ日本は滅びたかもしれない、他の国なら200年〜300年かかる変化がペリー来航から30年ほどで起きた、まだ中国は清朝時代、日本は急速に近代化を完成させた、第2次世界大戦の敗戦にもかかわらず、日本は伸びた。中国は世界の潮流に乗り遅れた、
が中国では文革後の改革。開放が中国に実質的な利益をもたらした、今後日中韓の文化パワーが噴出すであろうと言っている、
今後の日中韓の文化パワーに期待しましょう、

myanchan at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

時空ゆがみ


時空ゆがみが中性子のそばで起こっている、
中性子のそばを超高速で周回している鉄の

原子が放出するX線の波長が周回速度など
から予測される値より長めにずれていた、

巨大な質量がまわりの物質を高速の40%もの
速さで回転させ、時空をゆがませている、




myanchan at 18:20|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年08月27日

日本への黄砂


日本に飛んでくる黄砂の発生源は中国ゴビ砂漠、
今世紀に入り、黄砂の発生源は中国全域で増えて

いる、森林の伐採や、塩類集積による農地の放棄
などが発生面積を広げている、




myanchan at 20:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

オオシャコガイ(ダーウインが来たより)

ここはパラオの海、日本から南に3000km、島の数300余り、
緑豊かな島々、平均気温27℃、常夏の国、人口2万人、生き物パラダイス、色鮮やかな魚達、魚の巨人、オニエイ大きさ4mを超える、とっておきの巨人、深さ7mの海底、オオシャコガイ、137cm、340圈■隠娃闇以上の寿命、長さ30cmほどの穴、海水を取り入れ、出水管、老廃物を出す、外敵は体にある斑点で知る、センサの役割、すばやく閉じる、太陽の光を食べている、夜は殻を閉じている、光を糧としてのんびり生きる貝、
出水管から煙を噴出す、濃い煙は卵、薄い煙は精子、魚達はそれを食べに集まってくる、オオシャコガイの産卵、雌雄同体、一つの貝がある成分を出す、他の貝はこれを感じとって一斉に産卵を始める、0.1mm、一回の産卵で5億個ぐらい産むことが出来る、殆どが魚に食べられてしまう、
運良く食べられなかったものは12時間で孵化、子供は足を使って動く、
成長すると動かなくなる、そこで一生を過ごす、

myanchan at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動物生態 

2007年08月26日

死滅回遊魚


熱帯や亜熱帯の海にいるはずの色鮮やかな魚、黒潮に乗って日本にたどり着くが、こうした魚は死滅回遊魚と呼ばれ、冬には水の冷たさ(14℃以下)に耐え切れず、死んでしまう、短い命とは知らず、懸命に生きる姿はちょっと切ない、
死滅回遊魚は房総、三浦、伊豆の各半島、紀伊半島をはじめ、かなり広い範囲で見つかる、




myanchan at 09:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月25日

直径10億光年の穴


地球から60億〜100億光年のあたりに、直径が10億光年
という宇宙空間に銀河や星が一切存在しない巨大で空虚な穴が

ぽっかりとあいている、




myanchan at 18:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

痛み研究の最前線に迫る(science Zeroより)

解明進む痛みの科学、病気が治っても痛みが残る、痛みが脳に刻み込まれてしまう、痛みの信号が脳に伝わらないようにする、
コメンテーター黒崎政男東女大教授、専門家日本ペインクリニック学会代表花岡一雄院長、
1、体験痛み測定
2、脳との不思議な関係
3、ガンの痛みを抑えろ
1、都内科学館を訪門 ホットコールドコイル 40℃、20℃のコイルを交互に並べたものに手で触れてみる、触ると痛い、ピリピリした感じ、
2、.慢性的な腰痛.手術後の痛み。脳卒中後の痛み。慢性痛で苦しみ
局所麻酔、手術する時に役立つ、痛みが脳に伝わらないように、
脳の中、痛いとき、あちこちで活性化して光っている、
帯状疱疹ウイルス性の皮膚病、痛みだけは残っている、
脊髄狭窄症、薬を使っても痛みが取れない、効果は一時的、
幻肢痛の痛みの治療 20年前仕事で右腕切断 阪大住谷昌彦麻酔科医師
痛みを刻む神経回路が出来てしまった、活性化した脳神経がある、
鏡を使った脳のリハビリ、6割以上の幻肢痛患者が軽くなった、
阪大斉藤洋一准教授 脳の痛みの部分に磁場を与える、
保険適用なし、治療が出来る病院が少ない、継続的な治療が必要、
アメリカの脳を使った治療、ワシントン大学ホフマン博士、バーチャルリアリテイを使って、雪景色を使って遊んでもらう、活性が弱まって、痛みが減っていった、
3、ガンの痛みを抑えろ 脳に痛みを刻みにくくする、
日本では鎮痛剤の使用量が少ない、星薬科大学成田年准教授、鈴木勉教授
モルヒネは中毒の不安、ガンの痛みを我慢している、正常な人が使うと脳内のドーパミン量が急激に増える、痛みがある人にはドーパミン量は増えない、モルヒネ中毒にかかりにくい、ドーパミンの抑制、受容体で痛みを抑える、依存に陥ることはない、ガンに積極的に使っている、
聖路加国際病院でも積極的にモルヒネを使うことにしている、ガンが改善、
乳がんの治療、ガンの痛みを抑えている、飲むと楽になる、治療を始めて3年モルヒネを止められるようになる、痛みを考えなくて済む、
痛みを我慢することは美徳ではない(花岡)

myanchan at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最新科学技術 | 最新科学技術

2007年08月24日

氷河期サイクル公転変化と連動


地球でほぼ10万年周期で起きる氷期と間氷期のサイクルが
地球の公転軌道の変化などで生じる日射量の増減に連動して
起きている、

南極の氷の中に残る36万年分の気泡を分析、当時の雪の温度と
二酸化炭素濃度の変動を推定した、

一方、他の惑星の引力の影響で、数万年単位で変化する太陽からの
距離や地球の地軸の傾きから、北半球の日射量の変動を割り出した

日射量変動とコア分析で推定した雪温や炭酸ガス濃度の変動が一致した




myanchan at 18:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
月別アーカイブ