2011年12月

2011年12月24日

ハッブル宇宙望遠鏡の後継機

myanchan at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最新科学技術 

2011年の米サイエンス誌の十大発見について

10番目の老化細胞を除く抗加齢研究が一番興味があった
6番目のヒト腸内微生物の生息条件
4番目、光合成に関与するタンパク質構造解明、
あと7項目はちょっとかけ離れている、 「2011年科学10大発見」…サイエンス誌日本から「はやぶさ」など2件…科学10大発見

myanchan at 11:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 世界遺産 

2011年12月15日

ラベンダーは冬にも花が咲いている

bb1f6e07.jpgラベンダーは冬の花であろうか、

myanchan at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 植物 

2011年12月12日

自衛隊次期戦闘機はF35に決定

自衛隊の次期戦闘機はF22ラプター防衛省、国産ステルス戦闘機の実証機を開発へ なかなか精悍な形をしている。最近の戦闘機は全部ステルス製F35戦闘機003、こういった戦闘機は全てアメリカから購入であるが日本では出来ないものだろうか。


myanchan at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 軍事問題 

情報収集人工衛星打ち上げ成功おめでとう

myanchan at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最新科学技術 

2011年12月07日

父の仕事の意味

父の仕事が私に教えてくれた、定年後は沢山給料はもらえない、それでも80過ぎまで仕事をしていた、何故そんなに仕事をしたんだろう、子育ては50代でとっくに終わっている、それでも仕事をつずけていた、百姓仕事はやらなかった、仕事が生き甲斐、仕事をしていたから健康を維持できた、前立腺の手術をしたり、心臓疾患、ペースメーカーを入れたり、緑内障の手術をしたり、パーキンソン病を患ったり、それでも規則正しい生活をしていた、海外旅行も家族と共に出かけたり、友達とも出かけていた、自分は父のような行き方がとても出来ない。死ぬまで教えられた人生であった、あくまで子供達の幸せを祈っていたと思う、子供には迷惑は掛けたくなかった、私は帰郷の度に父の顔を見て安らぎを覚えた。子供は親父の背中を見て育つと言う意味が分った、子供の心配事も遠まわしで言う、直接には言わなかった。子供の事を一部始終知っていた、だから気になるような事は決して言わなかった、子供に生き甲斐を感じていた、5人の子供を平等に扱っていた。

myanchan at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 家族 

2011年12月03日

朝のCBCラジオで順天堂大小林弘幸医学博士

健康について語る、三度の食事が大切、ジョッギングよりウオーキング、風呂の温度は39度〜40℃が自律神経に良い、41〜43℃は血液がどろどろになる、睡眠をしっかりとる、副交感神経を高める、90分寝る、2時間は駄目、彼の専門分野に外科免疫もある。ちょっとしたことであるが我々にとっては大切なことである。
医者は実際に自分の研究結果で話してくれるから一番信頼できるし頼りになる。風呂は入って2時間後に寝るのが良い。私は風呂に入って直ぐ寝てしまう。 夜書く手紙は副交感神経が働いているから変な内容になってしまう、朝読むとそれに気ずく、歯磨きもゆっくり磨くと良い、息を止めるような磨き方は良くない、怒ると自律神経が働き血液がどろどろになる、副交感神経が働いている状態なら血液はどろどろにならない、余り怒ってばかりいると体調に悪い、笑顔で接することが大切、働く神経が違う、体に良好、

myanchan at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 健康 
月別アーカイブ