2012年01月

2012年01月30日

アレルギー治療の開発(高津聖志富山大教授による)

肺や腸に存在する原始IL5産生細胞の活動を抑える方法が見つかれば解決。アレルギー起こしがん抑制 「もろ刃の剣」細胞作用 富山大…

myanchan at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最新科学技術 

パーキンソン病新薬に光(京大岩田想教授、千葉大村田武士准教授による)

パーキンソン病患者に朗報、パーキンソン病が治る時代が見えてきた、パーキンソン病新薬に光…神経細胞受容体を解析

myanchan at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最新科学技術 

2012年01月29日

彼女に夢を

難病の女性を救ったとは大袈裟であろうか、初めから病気が分かっていて彼女に夢を持たせ生きてもらった。こんな話しがあるだろうか、彼女はもう既に10代後半に脳腫瘍を医者から告知されていた、医者に結婚するべきではないとさえ言われた、もう結婚も無理、結婚しても子供を産む等ということは到底無理である、結婚前2人は医者に打ち明け2人は結婚して2人の元気な子供に恵まれた。相手の理解がなかったら到底出来ない話であった、実際は家族にも見放されていた、好き勝手にせよ、苦労を背負って生きていくなどとても無理、彼女自身医者より余命長くて3年だと言われていた。2人は本当に神に救われた。でもまだまだこれから先も大変、彼女はいずれ死んでしまうという不安に付きまとわれている。少しでも頑張って長生きしてもらいたいものだ。病気など怖くない頑張れ!彼女は結婚、子育てと並の生活が出来て満足だろうか。けれども彼女達は健康なカップルが羨ましいであろう、彼女もお産の度毎に腫瘍の手術を受け必死に子供まで授かったのは賞賛に値する。生きることは素晴らしい。誰に何と言われようとも立派なことです。この世を堂々と生き抜いて欲しいものです。子供を生んでからは幸せそうに感じる。子供の為に生きる。彼女はそう念じていることでしょう。少しでも生きれればもうけもの。息子もこの事で悩んでは欲しくはない、別れの後には新しい出会いを求めて子供を育てて欲しい、子供の成長が彼女の願いだ。嫁さんも何時見ても清清しい顔をしている。

myanchan at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 家族 

脳回路が驚く程精密に配線されている(東大大学院薬学研究科池谷裕二准教授より)

myanchan at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最新科学技術 

2012年01月27日

脳の活動が分かるようになってきた

機械や技術の発達で、脳の中の画像をとらえられるようになってきた。
画像診断ーーX線CTやMRIでは形態の変化が分り、PETやSPECT,
fMRIでは活動が分る、

MRIーー核磁気共鳴画像、CTより鮮明な画像が得られる、
X線CTーー脳に多方向からX線を当て、ある部分の断面の画像にして見る
脳波ーー従来からある検査法、頭に電極をつけ、脳内の電気信号を記録する。
血流を見るーー近赤外線を利用しるNIRSという検査
その他ーー骨髄から髄液を採取して脳 の病変を検査する髄液検査

myanchan at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最新科学技術 

ロシアの天文学者曰く,金星に生命の存在の可能性

金星には生命の存在はないと言われてきたのが定説だがロシアの天文学者曰く「金星に生命の兆し有り」 今後論議を呼びそう。
大気は2酸化炭素、大気圧は地球の約92倍、地表に水は無し、温度は平均463℃。灼熱地獄。 

myanchan at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 天文学 

ES細胞移植で米2人の女性の視力が回復

ES細胞移植で米2人の女性の視力が回復ES細胞移植で米女性2人の視力回復成功!科学時代へ  加齢黄斑変性病の70歳の女性とスターガード病の50歳代の女性の視力が回復。

myanchan at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最先端医学 

2012年01月24日

透かし剪定

透かし剪定とはーー太すぎる枝や長すぎる枝、不要な枝を間引いたら切り戻し
ながら樹冠を整え、かつ全体の枝や葉のボリュームを均一にする剪定。分り易い。

myanchan at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 植物 

剪定時期

落葉樹ーー晩秋から芽吹き前の休眠期、梅、柿、銀杏
常緑樹ーー3月下旬から4月、7月から8月 、10月から11月
針葉樹ーー12月から3月
剪定の時期を間違えると反って木を傷めてしまう。
 

myanchan at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 植物 

剪定の基本

木全体の姿を眺めてみる、枯れ枝や病枝、傷のある枝は取り去る、樹形を乱している枝や正常な生育を妨げている枝は、不要枝なので剪定する、混みすぎた枝の除去、伸びすぎた枝の切り切り縮め、必要以外の枝の除去、梢の一元化、対生枝、車枝の整理、同方向に出る同じ強さの枝の処理、眺める正面に突き出した枝の処理、逆さ枝、乱れ枝の処理

1、胴吹き枝、ヤゴ枝、懐枝、徒長枝、逆枝、交差枝、からみ枝、車枝、平行枝、内芽と外芽 、枯れ枝、内向枝(返り枝)、ふところ枝、幹吹き、立ち枝を生かす、下垂枝(下がり枝)、切り残しを整理、新梢を止める、枝を切り戻す、枝を間引く、

柿ーー樹高をできるだけ低め、太い枝はだまし切りする、先端を切り戻さない、
花後に不要な枝を透かして日当たりと風通しを良くする、周囲の木は切った方が良い。 

キウイー主枝を二本にし、それ以外の太い枝を元から切り取る、棚に絡みついた枝は切り取る、細い長い脇枝は切り戻すか、元から切り取って、短い枝を伸ばす、剪定後は枝を誘引する。 花や実は短枝につく。

剪定の種類
1、切り詰め剪定(切り戻し剪定)、枝抜き剪定(間引き)、切りかえ剪定(切り替えし)、刈り込み剪定。 

myanchan at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 植物 
月別アーカイブ