2014年02月

2014年02月27日

個人で精子を提供します(クローズアップ現代より)

個人で精子を提供します、こんなに多くの人が精子を欲しがっているのか。徹底追跡、男性不妊、感染症予防、サイトの数が40以上に登っている、妊娠出産もある、倫理的にも問題がある、去年12月提供妊娠、30歳後半になった、婚期を逃してしまった、子供を授かる方法を模索、離婚でも利用できる、最終的には個人のサイトにたどり着いた、信用できる人物から受けた、提供者の身元が明かされない、受け渡しはどのように、これまで20人に提供、5人から妊娠の報告がありました。提供者は女性に提供している、本当に本人のものか確認できない、。40代の女性がやってきた、お互いに本名を明かさなかった、公衆のトイレで精子を出してくる、男性は今も複数の女性に提供している、今回の場合は男性の出自が分からない、不妊症の夫を持っている女性、子供が欲しい、数万円の謝礼のみで行っている、感染症の問題はある。エイズウイルス、HIVなどがある、180日凍結する必要もある。未婚の女性の多くは子供が持てないことが問題、海外では、アメリカでは個人の登録を義務付けている、FDAは禁止に乗り出した、個人の取締に限界がある。吉村泰典慶応義塾大学教授、解説委員、30代の女性の未婚率が上がっている。生まれてくる子供の立場に立って考えて欲しい、教育、啓発が大切、

不妊症の男性の為の処置だと思うが、不倫、浮気でできた子供と思われない為にも旦那の理解が必要、
不妊症の女性の場合はどうであろう、子供が欲しくてもできないね。

myanchan at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会問題 

2014年02月25日

大雪の猛威(クローズアップ現代より)

車の立ち往生は72時間、さあどうしましょう、立ち往生をした人を取材、山梨県、1m40cmの積雪、1000台に及ぶ立ち往生を検証、2月14日、県内各地で立ち往生、24時間車の中に閉じ込められた、命の危険にさらされた。一体何故空前の立ち往生が起きたのか。東京から山梨方向に向かっていました、10台以上の車が立ち往生、大月インター通行止め、八王子が通行止め、国道20号線は通行止めになっていなかった。ガソリンや食料
がなくなっていきました、雪ですれ違うことも出来なかった。交通障害の専門家、三宅大作、西成活裕東大教授、データーが共有されていなかった、インとアウトを予測する必要があった。渋滞を未然に防ぐことが出来るか、都留市が独自の対策マニュアルを作成、除雪のルール、15cmで対策開始、国道の除雪は国、国道の除雪を市が行った、大雪対策マニュアルを作った、素早い除雪を可能にした。ペンシルバニア州、も市が行う、
情報を一元化して管理する。情報をプラットホームが必要、

myanchan at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

3000円を下回る激安スマートフォン

3000円を下回る激安スマートフォンを発表したのは、Firefox OSを開発するMozillaと中国の電子機器メーカーSpreadtrum。両社は提携して25ドル(約2600円)の超低価格スマートフォンを開発し、2015年に市場に投入する予定であるとのこと。



myanchan at 07:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) インターネット 

2014年02月11日

山中教授 STAP研究に「最大限の協力」

◆科学・医療
山中教授 STAP研究に「最大限の協力」

体のさまざまな組織になるiPS細胞を開発した京都大学の山中伸弥教授は、新たな万能細胞、STAP細胞について、「iPS細胞で培ったノウハウの提供など最大限の協力を行っていく」と述べ、今後の研究に協力していく意向を示しました。 お互い協力することが大切です。


myanchan at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最先端医学 

2014年02月06日

急増するH1N1増え始めた重症化(クローズアップ現代より)

森島恒雄医師、タミフルが効きにくい耐性ウイルス、札幌で見つかったウイルスが5箇所で発見されている。
押谷仁東北大教授、重症化のリスクは、一般の検査では分からない、H1N1が新型から季節性へ、A香港型はワクチンが効きにくい、インフルエンザの集団発生が起こった、ワクチン接種を受けたが発生、群馬県以外でも同じような結果が発生、製造工程にある。期待通りのワクチンができなくなっている。国立感染症ウイルス田代真尋、卵に入れて突然変異ができなくて効かない。違ったウイルスになった。

myanchan at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会問題 

2014年02月05日

医療現場を変えるか、新たな認知症ケア(クローズアップ現代より)

認知症患者がどんな形で終われば良いか、山本拓一さん、症状が一気に進んだ、寝たきり状態、全国の医療現場、不安やストレスから暴力的になる、実際どうして良いか分からない、ユマニチュードの哲学を考案したイブ.ジネストさん,見る、聞く、視野が狭くなっている。話す、黙ってケア、穏やかに話しかける、受け入れてくれる、触れる、下から支える、日頃のケアーを改善する、優しく触れる、山本さん、30分で意欲が蘇ってきた、奥さん山本貞子、入院する前は軽い物忘れ症状、深田浩子さん、言葉をかけながらケアーする、3日後歩く運動に挑戦、患者さんは人間である、絆が中心となる、人としての尊厳を守る、認知症ケアーとは、肌に触ることにより脳に刺激を与えている、本田美和子内科病院院長解説、治療を実現するためのもの、


myanchan at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会問題 

2014年02月03日

上村愛子悲願のメダルなるか?(クローズアップ現代より)

上村愛子悲願のメダルなるか?上村愛子の戦い、5回目となる今回、技術、メンタル、34歳になる今回が最後の機会となる、挑み続ける、去年フィンランドで3位と絶好の調子、バンクーバー5輪、4位に終わりメダルを逃がす、肉体的にも精神的にもぎりぎりの線、体の軸がぶれないこと、腹筋を鍛える必要、股関節の柔らかさが必要、腹筋は大きくなった、夏場の合宿では多い時は20本、挑み続けていた、体の調整が年齢とともに難しくなっている、思うように行かなくなっている、瞬発力が上手くいかない、コーチと抱き合ったまま泣き続けた、オリンピックで何度も挫折を味わった。コーチの夫の宮川堅太郎、夫のアドバイス、結婚したら厳しさがなくなった、自分の心の弱さに向き合っている、コースコンデイションが悪い所でもバランスが崩れない、バランスを取り戻しつつある。武田美保三重大学特任教授元シンクロナインスイミング、解説、築田優吾解説、別に悲願成らなくて引退しても構わない。

myanchan at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2014年02月02日

激闘狼対バイソン(ダーウインが来たより)

灰色狼、体重50kg、一日50キロを歩く、バイソンは繁みを活用、狼にもバイソンにも赤ちゃんが誕生、灰色狼は犬の仲間、バイソンの子供が捕らえられてしまった、ある日事件が起きた、熊が近づいてきた、仲間で熊を遠ざけた、秋獲物探しに出かけた、19世紀、人間によて乱獲された、バイソンの生存地域が狭められた、狼を家畜を襲うことで駆除された、ウッドバッファロー国立公園、近くで油田の開発が始まった、苦難の歴史をたどった狼とバイソン、生後4ヶ月の子供達、立派に育ちました、3kmの対岸を泳ぎ続けた、結局獲物はなし、反対側の対岸に戻りバイソンを発見、鋭い嗅覚でバイソンが倒れているのを気ずいていた。、

myanchan at 19:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 動物生態 

2014年02月01日

橋下市長「辞職して市長選“大阪都構想”審判を」(NHKニュースより)

大阪市の橋下市長は、大阪府と大阪市を統合して再編する「大阪都構想」の来年4月の実現を目指しています。大阪府と大阪市を統合して再編する「大阪都構想」の実現が今のままでは困難、

myanchan at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 政治 
月別アーカイブ