2015年02月

2015年02月28日

日本の空家情報

2013年に総務省が実施した住宅・土地統計調査の速報値によると、全国の空き家の数は約820万戸で、総住宅数に占める割合は13.5%に上る。また、「賃貸用又は売却用の住宅」および「二次的住宅」を除いた「その他の住宅」に属する空き家は約318万戸と、過去20年間で約2倍に増加。倒壊の危険性など周辺の生活環境への影響が懸念されている。

myanchan at 08:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会問題 

2015年02月27日

太陽の120億倍、超巨大ブラックホールを発見 国際研究

あらゆる物質を飲み込むブラックホールは、時空内の超高密度領域であり、光さえも抜け出せないほどの非常に強力な重力を持っている。

 恒星やその周囲の物質を飲み込んで増大し、エネルギーを放出する。この現象はクエーサーと呼ばれる明るい天体として地球から観測できる。

 今回発見された特異なブラックホールは、極めて光度が高いクエーサーの中心部に存在する。研究チームによると、宇宙初期の天体としては、これまで発見された中で最も明るい天体だという。

 北半球の空にある天体5億個以上の掃天観測の中からこのクエーサーを今回の観測対象に選んだ理由については、同天体が異常な赤色を示していたからだとしている。

myanchan at 07:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 天文学 

2015年02月26日

紛争地帯を取材するジャーナリストは危険と隣合わせ(クローズアップ現代より)

日々のニュースの背後に多くの人の死がある。戦火の中にいる人達を多くの人達に伝えることにより防げるかもしれない。傷ついた世界の中で何ができるか、亡くなった人に対する弔い合戦である、憎しみの連鎖であってはいけない。NPO法人活動。彼らは殺されないように自分を十二分に警護して欲しいものだ。

myanchan at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会問題 

2015年02月25日

妊娠中の女性には(クローズアップ現代より)

妊娠中の女性に対しては仕事の負荷を軽くしなければならない、軽い業務、早産、流産をしてしまう。妊娠中は無理はいけない。経営者側も勤務配慮が足りない、女性が高齢化している、仕事も長時間労働をする人が増えてきた、自分の意思で止められないストレスになる、個人個人に体力の差がある、妊娠中は7割ぐらいの仕事なら早産、流産は予防できる。

myanchan at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会問題 

2015年02月14日

「残業代ゼロ」法案提出へ 厚労省、来春の実施目指す

厚生労働省の労働政策審議会は13日、長時間働いても残業代などが払われない新しい働き方を創設する報告書をまとめた。新しい働き方は「高度プロフェッショナル制度」と呼ばれ、導入のねらいについて、報告書では「時間でなく、成果で評価される働き方を希望する労働者のニーズに応える」とした。労働者の収入がどんどん減る。企業の思うままになってしまう、経済成長がなくなり日本経済の低下をますます招くは必定。

myanchan at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会問題 

2015年02月13日

専業主婦が生きづらい(ナビゲーションより)を見て

家事としての仕事が家庭で評価されない、普通の女性なら家事育児に専念した方が楽しい、それで十分少子化防止の点から見ても社会に貢献しているし評価もされている、男性と張り合って勝ち抜いてきた有能な女性なら仕事にバリバリ打ち込むのも会社の為、お国の為になると思う、結婚するしないは女性の自由、評価されたいなら仕事をとことん頑張るのも又人生である。どちらがいいのかな?

myanchan at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会問題 

2015年02月10日

愛着障害による犯罪(クローズアップ現代より)

10代20代の生徒が愛着障害、精神疾患、16歳少女の殺害、医療少年院に送られた、殺人を行った女性も4歳頃から母親から虐待を受けていた、虐待や愛着が非行に変わる、発達障害を起こしている、脳の機能に違いがないか、前頭皮質に体積の減少、線条体、行動起こしたり抑制したりする、高岡健岐阜大医学部准教授解説、少女時代の虐待が脳に影響を及ぼしている、福井大医学部友田明美教授、オキシトシン(精神安定剤)を与えて治療を行っている、オキシトシンは現在薬剤として認められていない、投与に問題はないか?人間関係が大切である、孤立させない、親と会話を持ってもらう、親の虐待が成長して犯罪を起こす原因であれば、親の責任、子供の育て方に問題がある、子供に優しく接していない親又社会の責任でもある、殺人事件が頻繁に起きている、犯人が攻め続けられているが元を正せば子供の成長期に問題がありそうだ、暴力は家庭の不和から、愛着は子供の過保護、女性の社会進出は良いが子育てがなおざりにされていないか再チェックも必要であろうと思われた。行き着くところは自分自身に問題はないか。

myanchan at 07:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最先端医学 

2015年02月07日

反イスラムの動き(クローズアップ現代より)

イスラム教徒もテロを起こさない方が彼らにとっても得策と思える、対立は百害あって一利なし。一部のテロリストをイスラム教徒全員の責任にしてはいけない。暴力を行うのはテロリストもっと別な形でアッピールできないものか、対話しかありえない。

myanchan at 09:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会問題 

3D地図誰でも自由に活用できる(クローズアップ現代より)

3D地図誰でも自由に活用できる、山の地形を利用した調査、森林調査、3D地図がリードしているのがアメリカ、特殊のレーザを使って地球をくまなく調べる、地震を引き起こす活断層まで分かる、太陽光のお当たり具合からソーラパネルに活用できる、3D地図を閲覧出来るソフトを一度覚えれば簡単。道路の高低差さも分かる、

myanchan at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 最新科学技術 

2015年02月03日

トマ・ピケテイ フランスの経済学者(クローズアップ現代より)

トマ・ピケテイ(43歳)教授、 フランスの経済学者、21世紀の資本主義の黄金時代は終わった、格差拡大、格差論争の仕掛け人。不平等は拡大する、200年以上前から調べた。
アメリカ トップ 10%、資本は70%、中間層40%、25%の資本、残り50%が5%の資本、格差が開いている、少子化は遺産が世襲される、能力主義はイノーベーションの為ある程度必要、市場任せでは期待できない、金融の透明性を高める、世界GDP10%が行方不明、グローバル化は自分の為にならない、アメリカは富有層の課税強化を始めた、日本は人口減少に直面している、過去に蓄積された資産が多い、中間層、低所得者層の税金を下げた方がいい。

myanchan at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 現代社会(海外) | 現代社会問題
月別アーカイブ