2006年09月30日

コスタリカの自然保護区(探検ロマン、世界遺産から)

熱帯の森は命の宝石箱、中央アメリカの小さな国、1500k屐香川県より小さい、17万8千種の動物がいる(日本列島はおよそ6万種類)、国土の25%が自然保護区、グアナカステ保全地域(コスタリカ共和国の北西部に位置する)、(入場料6$)標高2000mの山は今もガスを噴出している(1967年に最後の噴火)、山を境に熱帯湿潤林(カリブ海側)降雨量4000mm/年、熱帯乾燥林(太平洋側)に分かれている、グアナカステ全体を見渡せる展望台から眺める、出くわした動物、ハナジロハナグマ(昆虫が大好物、落ち葉の下を捜しまわる、木登りも得意、群れで暮らす、10匹前後)、オオハシ、トゲオイグアナ、マントホエザル、ココノオヒアルマジロ、クモザル、ウミガメ(数万匹が産卵にやってくる)、サンショクキムネオオハシ(綺麗な鳥)、マルムネカマキリ(木の葉にそっくり)、ドウイハチドリ(美しい羽と長い舌を持っている、赤い色を見るとやってくる、ヘリコニアの密を吸いにくる)、ノドシロオマキザル、アグーチ(体長30cm、大型のねずみの仲間、主食は木の実)、ニッケイハチドリ、ブルーホーンアカシア、アカシア蟻、蟻は棘の中で子育てをしている、すなわち共生している、その他、−−−養生植物(他の木に寄生する)300万年前はアメリカは北と南に別れていた、火山の噴火、土地の隆起などによりつながってしまった、その結果、北からの動物、南からの動物がやってきたためこんなに種類が多い、森の移動にケーブルを使っているのはスリルがあり面白い、竹中三佳レポーター、語り三宅民夫、

myanchan at 21:38│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ