2008年07月29日

インドの衝撃、祖国を目指して動き始めた印橋のパワーに迫る(NHKスペシャルより)

2500万の印橋、そのパワーに注目、海外で働く同胞をたたえる、かって
貧しかったインドを飛び出したインド独特の理工教育を受けた、
印橋が再びインドを目指そうとしている、帰国した人、大きなビジネスチャンスがあり、国の為に役立てよう、
インドをベンチャー大国にしようとするアメリカの大物印橋実業家、
国際ヘッドハンター、インドに送り込もうとしている、
インドを象徴する街、インド南部のバンガロール
3年前アメリカから帰国してサテイヤム.バンサルさん、ムンバンを中心に
コンピュウターグラフィック、ベンチャー企業経営者、インドではCGを使ったアニメ作品を作りたい、CG専門学校なら大きな需要がある、わずか2年で13校まで増やした、今年倍増させる計画、バンサルさんが購入した高層マンション最上階で2億円しました、印橋が作る世界的ネットワーク、
印橋の成功者が多いアメリカにある、1億円の資産を持つ10人に一人はインド人、TIEインド起業協会、インドに起業ブームを起こしている、
TIEは16年前に生まれた、経営のノウハウを無償でアドバイスしてきた、
TIEの創設者カンワル.レキ(62歳)、500億円の資産を築いた、インドに戻って事業を起こしたいという若年起業家達に伝えてきました、長年の経験のもとにアドバイス、レキさんシリコンバレーの高級住宅、巨万の富を築きました、IITインド工科大学で電気工学を学びました、1969年所持金8ドルで渡米、エンジニアになりました、卒業生の8割、海外に活路を求めた、35歳でシリコンバレーに自分の会社を起こした、レキさんはインターネットの技術を民間でも使えるようにした、マイクロソフトもこの技術を採用、50億円を売り上げた、5年後ニュウヨークに上場を成し遂げた、設立から16年TIE若い世代にノウハウを伝える、
TIEのネットワークをインドにも広げること、インドに向かう若い起業家先輩達がそれを後押ししています、インド人材争奪戦、インド政府も海外から呼び戻すことを強めています、印橋に様々な優遇策を導入、印橋の活躍する場所を設ける、国際ヘッドハンター、ロヒト.アンビカーさん印橋の欧米のトップ企業からインド起業に送り込んできました、
アメリカ企業からのヘッドハンターを試みる、質の高い経験とリーダーシップをインドで発揮して欲しい、今の収入の10倍上げよう、こうして今まで15人の人材をインドに呼び戻してきました、
レキさんが印橋の為に150億円の投資ファンドを立ち上げた、
インドには活気に満ちた人がいます、きっと今世紀中にはインドは世界の超大国になる、印橋達豊かな経験を持ち帰り世界の大国に押し上げようとしている、アメリカでは停滞が漂っている、
インドもまだまだ多難な道を歩む、良い面ばかりがテーマとして取り上げられているが、マイナス面も相当あると思われる、これからの発展に期待する、

myanchan at 11:09│Comments(1)TrackBack(0) 現代社会(海外) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TiE tokyo   2009年01月17日 16:37
突然の書き込み失礼いたします。
サンジーヴ・スィンハ氏(Mr. Sanjeev Sinha)が代表を務める、世界的なインド人起業
家ネットワークの日本支部の設立イベントのご案内です。インド人起業家のカンワル・レキ氏(M
r. Kanwal Rekhi)も来日されます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ