2012年01月24日

剪定の基本

木全体の姿を眺めてみる、枯れ枝や病枝、傷のある枝は取り去る、樹形を乱している枝や正常な生育を妨げている枝は、不要枝なので剪定する、混みすぎた枝の除去、伸びすぎた枝の切り切り縮め、必要以外の枝の除去、梢の一元化、対生枝、車枝の整理、同方向に出る同じ強さの枝の処理、眺める正面に突き出した枝の処理、逆さ枝、乱れ枝の処理

1、胴吹き枝、ヤゴ枝、懐枝、徒長枝、逆枝、交差枝、からみ枝、車枝、平行枝、内芽と外芽 、枯れ枝、内向枝(返り枝)、ふところ枝、幹吹き、立ち枝を生かす、下垂枝(下がり枝)、切り残しを整理、新梢を止める、枝を切り戻す、枝を間引く、

柿ーー樹高をできるだけ低め、太い枝はだまし切りする、先端を切り戻さない、
花後に不要な枝を透かして日当たりと風通しを良くする、周囲の木は切った方が良い。 

キウイー主枝を二本にし、それ以外の太い枝を元から切り取る、棚に絡みついた枝は切り取る、細い長い脇枝は切り戻すか、元から切り取って、短い枝を伸ばす、剪定後は枝を誘引する。 花や実は短枝につく。

剪定の種類
1、切り詰め剪定(切り戻し剪定)、枝抜き剪定(間引き)、切りかえ剪定(切り替えし)、刈り込み剪定。 

myanchan at 13:54│Comments(0)TrackBack(0) 植物 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ