2012年01月27日

脳の活動が分かるようになってきた

機械や技術の発達で、脳の中の画像をとらえられるようになってきた。
画像診断ーーX線CTやMRIでは形態の変化が分り、PETやSPECT,
fMRIでは活動が分る、

MRIーー核磁気共鳴画像、CTより鮮明な画像が得られる、
X線CTーー脳に多方向からX線を当て、ある部分の断面の画像にして見る
脳波ーー従来からある検査法、頭に電極をつけ、脳内の電気信号を記録する。
血流を見るーー近赤外線を利用しるNIRSという検査
その他ーー骨髄から髄液を採取して脳 の病変を検査する髄液検査

myanchan at 19:01│Comments(0)TrackBack(0) 最新科学技術 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ