2013年06月12日

勤務医、大病院の時代から開業医の時代へ(和田秀樹医学博士による)

1、勤務医が当たり前の時代、医者がサラリーマン化している、
2、開業医の息子でなくても開業が可能な時代に
3、開業に立ちはだかるこれだけのリスク
4、人口の高齢化で開業医の時代が再びやってくる。

3、はやらない診療所は採算があわない、何億円もするような大型の医療機器を使わないと仕事ができないような放射線診断の場合はむつかしい、皮膚科や精神科は容易である。専門が細かすぎる場合も開業の際に不利になる。患者が沢山集められない。

myanchan at 07:57│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ